各地方の名物



フランスには地方ごとにそれぞれ特色があります。

料理、建築などどういったものが有名なのか事前に分かれば旅行もきっと楽しくなります。

ぜひ参考にしてみてください。



①アルザス地方

クリスマスマーケットで有名アルザス地方はドイツと接するフランス北東部にあります。

そのためドイツ文化の影響を受けた建物や料理と出会うことができます。



②オーベルニュ地方

フランス中央部、火山がある地帯がオーベルニュ地方です。

その影響で温泉が湧き、火山岩を使った黒色の建物を見ることができます。

料理はレンズマメ、アリゴ、トリプーなどこの地の名産がたくさんあります。



③コートダジュール地方

地中海に面したコートダジュール地方はバカンスで多くの人が訪れる地方です。

カンヌ、ニース、モナコといった有名都市が海辺に並び、内陸には「鷲の巣村」と呼ばれる高台の上にある村があります。

料理は魚介はもちろん、ソッカなど植物を使った料理も有名です。



④フランシュ・コンテ地方

フランス東部、スイスと接するフランシュ・コンテ地方はジュラ山脈が連なる地方です。

そのためチーズは有名で、コンテや期間限定のモン・ドールなどを作っています。

また、フランスでも珍しい黄色ワインの産地でもあります。



⑤ブルゴーニュ地方

フランシュ・コンテ地方と接するブルゴーニュ地方はワインが有名な地方です。

世界的に有名なロマネコンティなどもここで生産されています。

建物の屋根にも独特な模様を見ることができ、料理もブッフ・ブルギニュオンやエスカルゴといった料理が有名です。



⑥ブルターニュ地方

イギリス南部にある海に接するブルターニュ地方は長い間独自の歴史を紡いできた地方です。

ブルトン語と呼ばれる言語が残り、ファンタジーのような伝説が残る地でもあります。

そば粉のクレープやクイニーアマンなど日本でもなじみのある料理はこの地方の名物です。



⑦プロヴァンス地方

南仏、マルセイユがあるのがこのプロヴァンス地方です。

地中海に面しながらもニースやカンヌのようなリゾートビーチというよりかは港のイメージが強いです。

内陸には法王庁があるアヴィニョンなど歴史にまつわる都市がいくつもあります。

マルセイユ石鹸やブイヤベースなどの名物が有名です。



⑧ローヌ・アルプス地方

アルプス山脈にほど近い地方がローヌ・アルプス地方です。

山間の都市ではオリンピックがかつて開催され、冬場になるとスキーの名所として栄えます。

主要都市のリヨンは「美食の街」と呼ばれており独自のスタイルのレストランと数多くの名物料理があります。



⑨ロレーヌ・シャンパーニュ地方

パリとアルザス地方の間にあるのがロレーヌ・シャンパーニュ地方です。

キッシュで有名なロレーヌ地方、シャンパンの産地で有名なシャンパーニュ地方から成ります。

文化としてもクリスマスにはサンタクロースのモデルになった聖ニコラを祝うようなこの地方独自のイベントもあります。



⑩ロワール地方

ロワール川沿いに数多くのお城が残ることで有名な地方です。

高貴なお城から要塞のようなものまでお城と言っても様々なタイプがあることをここでは発見することができます。

レオナルドダヴィンチが最期を迎えた地方で、名物料理にはタルトタタンなどがあります。



⑪南西部地方

地中海とピレネー山脈に接する南西部地方はトゥールーズやアルビで赤い建物を見ることができます。

料理は鶏が有名で、鴨肉のコンフィやカスレ、フォアグラなどが名物です。

スペインに近くなるとカタルーニャ地方の影響を受けた街並みや料理を楽しむことができます。



⑫大西洋岸地方

大西洋岸に面したこの地方は縦に長い地方でもあります。

有名なのがボルドーを始めとしたポートワインです。

南部に行けばリゾート地がいくつかあり、地中海とはまた違った海の過ごし方で人気です。