アンティーブ観光ルート

アンティーブ Antibes

【町の説明】

地中海岸にある要塞の町。旧市街への入り口は城壁で囲まれている。その一角にあるグリマルティ城はピカソ美術館として現在は利用されている。旧市街は細い道に所狭しとお店が並んでおり、散歩するだけでも素敵な景色を発見で来て楽しい。港を挟んで北側には上空から見ると手裏剣の形ような要塞がある。

【オススメ度】

 ★★★☆☆

【所要時間】

 4時間半

【費用】

 14€

【疲れやすさ】

 ★★★★☆

【観光ルート】



【スタート】

①アンティーブ駅

Gare d’Antibes

★まず北にある要塞を目指す。駅を背にして左手(北)に進むとサッカーグラウンドが見えてくるが、そのまま直進。グランドを過ぎた横にある道から道なりに進む。徒歩25分。



②要塞

Le Fort Carré

所要時間:40分 費用:3€

開館時間:10~12時半/13時半~17時(夏は18時まで、冬は16時半まで)
休館日:日曜日、月曜日、1/1、5/1、11/1、12/25

高台の上にある要塞。30分ごと出発のガイドツアーでのみ見学が可能。展示物は少なく、建築を見学するのが中心。

屋上からは町や海を一望できる。

★同じ道を通って駅に戻る(徒歩25分)。今度は駅からまだ行っていない方の港に沿って歩く。しばらく進むと右手に城壁が見えてくる。そのまま進み防波堤に昇る(徒歩15分)。



③ル・ノマド

Le Nomade

所要時間:5分 費用:0€

防波堤上にあるモニュメント。アルファベットを組み合わせて人の形を成している。ここからの見晴らしも良い。

★道を引き返して先ほどの城壁にあるトンネルを通って旧市街に入る。左手(東)に曲がって海沿いを進むこと徒歩5分。



④ピカソ美術館

Musée Picasso

所要時間:1時間 費用:8€

開館時間:10~13時/14~18時(6~9月中旬はノンストップ)
休館日:月曜日、1/1、5/1、11/1、12/25

もともとグリマルディ城ではあったが、ピカソがアトリエとして利用し、現在は美術館となっている。

ピカソを始め、現代アーティストの様々な作品を見ることができる。

★ピカソ美術館の裏手にある教会に行く。



⑤アンティーブ大聖堂

Cathédrale Notre Dame de l’Immaculée Conception

所要時間:15分 費用:0€

開館時間:8~12時/15~18時 休館日:なし

④の美術館すぐそばの大聖堂。向かいには鐘楼が建っている。

パステルオレンジの壁が地中海らしい印象を与える。

内装はモノトーンの床、控えめな大きさのステンドグラスと落ち着いた雰囲気を感じる。

★大聖堂から通りを出ると市庁舎の隣に出る。左手(東)には市場がある。市役所前の道を進むと広場に出る(徒歩5分)。



⑥ペイネ美術館

Musée Peynet 

所要時間:1時間 費用:3€

開館時間:10~13時/14~17時(夏は18時まで)
休館日:月曜日、1/1、5/1、11/1、12/25

広場の一角にひっそりとたたずむ美術館。建物の前の広場には彼が作った銅像が飾られている。

ペイネの描いた抱き合った恋人たちや動物などメルヘンな作品がおよそ300点展示されている。

絵画だけでなく、デッサンや陶器などいろいろなものに描かれた作品を見ることができる。

★広場の端に戻り、今度は違う道(北)のショッピング街を直進して城壁から出る。すると、一度通ってきた港沿いの道に出るので駅へと戻る。徒歩15分。



【ゴール】

アンティーブ駅

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA