⑦フランス語の動詞:êtreとavoir

こんにちは(^O^)

今回は動詞を二つ紹介します。

前回は主語と一般的な動詞er動詞を紹介しました。

今回紹介する動詞はフランス語の動詞の中でもっともよく使われる動詞だと言われています。

何故その二つをピックアップするかと言うと、活用が不規則だからです。

それでは順番に見ていきましょう。

今回学ぶこと

être
avoir



【être】

意味:~です

読み:エートフ

英語のbe動詞にあたる動詞です。

思い返せば英語も主語によって I am, You are, He isとbe動詞の形が変わっていましたね。

それと同じものだと考えてください。

それでは活用を見て行きましょう。

Je          suis                     ジュ・スィ

Tu         es                        チュ・エ

Il           est                       イレ

Elle       est                       エレ

Nous    sommes              ヌ・ソム

Vous     êtes                     ヴ・ゼット

Ils         sont                     イル・ソン

Elles     sont                     エル・ソン

このように見るとêtreの形なんてほとんど残っていませんね。

これも丸暗記してしまいましょう。

読み方に関してはIl, Elle, Vousの音が引っ付いて変わっています

IlとElle、IlsとEllesの活用はどの動詞の活用でもそれぞれ常に同じです。

それではここで例文として「~は日本人です」という文を書いてみます。

何か変化が起きているのでそれは何か見つけてみましょう。

Je          suis                       Japonais(e)          ジュ・スィ・ジャポネ(イズ)

Tu         es                        Japonais(e)          チュ・エ・ジャポネ(イズ)

Il            est                        Japonais               イレ・ジャポネ

Elle        est                        Japonaise             エル・ジャポネイズ

Nous     sommes                Japonais(es)         ヌ・ソム・ジャポネ(イズ)

Vous      êtes                      Japonais(e)(s)      ヴ・ゼット・ジャポネ(イ)(ズ)

Ils          sont                     Japonais               イル・ソン・ジャポネ

Elles      sont                     Japonaises            エル・ソン・ジャポネイズ

ご覧の通りJaponaisの後にいろいろとカッコが引っ付いています。

これは以前自己紹介のところでも紹介しましたが、être動詞の時は後に来る単語の性別と数を主語と合わせる必要があるためです。

まず性別は男性か女性かのどちらかになります。

男性の場合はJaponaisのままです。

女性の場合は最後にeを付けてJaponaiseとなります。

これも自己紹介の時にお話ししました。

そのためIlとElleは性別が確定していますが、JeやTuは性別が状況によってどちらでもあり得ます

そのため(e)として女性の場合を表記しています。

次に数について学ぶためにIlsとEllesを見ます。

Ilsの時はJaponaisですが、Ellesの時は Japonaisesとなっています。

Ellesは女性なので最後にeを付けるのは先ほどお話した通りです。

しかしEllesにはeだけでなくsもさらに後に付いています。

これはEllesは複数を対象にした主語だからです。

Ilsも複数ではありますが、元からJaponaisの最後にはsが付いているので変化が起こりません

つまり、以下のようなルールがあると言えます。

主語が女性ならばeを付ける
②主語が複数ならばsを付ける
③主語が複数の女性ならばesを付ける

このことからEllesは③なのでesが付いています。

Nousの場合はは決定していますが、性別は状況によるので女性だった場合③になるので(es)となっています。

一番ややこしいのはVousです。

Vousには「あなたは」「あなたたちは」単数と複数の二通りの役割があります。

加えて性別も状況によって変わります

つまり、状況によって①~③どれにでもなれるのです。

まとめると

・男性の単体 : 変化なし
・男性の複数 : sを付ける
・女性の単体 : eを付ける
・女性の複数 : esを付ける

となります。

読み方は

Japonais ならば ジャポネ

Japonaise でも Japonaises でも ジャポネイズ です。

形容詞

英語では形容詞を使うとき He is big. They are intelligent. のようにbe動詞を用いました。

フランス語も同じです。

つまり、être動詞の後に形容詞を置きます

それでは petit プティ (小さい)を使って例を見ていましょう。

Je           suis                      petit(e)

Tu           es                        petit(e)

Il             est                       petit

Elle         est                       petite

Nous      sommes              petits / petites

Vous       êtes                     petit / petite / petits / petites

Ils           sont                     petits

Elles       sont                     petites

これも主語の性別と数によって形容詞petitの形が変わります。

先ほどと違ってsで終わっていないので複数形も別の形になります。

Vousのところを見えればすべてのパターンが分かります。

左から男性単数、女性単数、男性複数、女性複数と並べてあります。

読み方は

petit, petits                        プティ

petite, petites                     プティット

続いて rouge フージュ (赤い)で見ていましょう(日本語読みするとルージュ、こう聞くと知っている言葉かもしれませんね)。

Je           suis                      rouge

Tu         es                         rouge

Il            est                        rouge

Elle        est                        rouge

Nous      sommes               rouges

Vous      êtes                      rouge(s)

Ils          sont                     rouges

Elles      sont                     rouges

これまでの中で一番シンプルですね。

その秘密はrougeはeで終わっているので主語が女性であってもeを付け足す必要がないからです。

主語が複数の場合は最後にsを付けるだけです。

そのため読み方はすべてフージュです。

それでは練習として以下の単語を各主語のêtre動詞の後に置くとどうなるか書いてみましょう。

カッコの中は女性形の場合の発音です。

étudient               エチュディオン(トゥ)                 学生
Français                フォンセ(イズ)                           フランス人
intelligent            アンテリジョン(トゥ)                 賢い
grand                   ゴーン(ドゥ)                               大きい
jeune                    ジューヌ                                          若い



【avoir】

意味:~を持っている

読み:アヴォワー(フ)

英語のhaveと同じ意味でなおかつ、haveも主語によってはhasと変わるところは同じです。

以下がavoirの活用です。

J’            ai                         ジェイ

Tu          as                         チュ・ア

Il            a                          イラ

Elle        a                          エラ

Nous      avons                   ヌ・ザボン

Vous      avez                     ヴ・ザヴェ

Ils          ont                       イル・ゾン

Elles      ont                       エル・ゾン

こちらも動詞の原形avoirと大きく変わっているので丸暗記してしまいましょう。

共通点はいずれもaで始まっているところです。

avoirは母音のaで始まっているため、それぞれの主語の最後の子音と繋がります。

Jeはer動詞で説明したようにJ‘の短縮形になります。

être動詞とは異なりavoirの後に何か来ても主語の性別や数によって変化しません

あのような変化が動詞によって起こるのは条件があるので一般的にêtre動詞以外では起こらないと考えてください。

それでは例文を見てみましょう。

J’ai un chien.                      Un chien                          アン・シヤン(犬)

Tu as un stylo.                   Un stylo                           アン・スチロ(ペン)

Il a un chapeau.                 Un chapeau                    アン・シャポー(帽子)

Elle a un rendez-vous.       Un rendez-vous            アン・フォンデヴ(約束)

Nous avons un sac.            Un sac                            アン・サック(カバン)

Vous avez un livre.             Un livre                          アン・リーブフ(本)

Ils ont un téléphone.         Un téléphone               アン・テレフォン(電話)

Elles ont un gâteau.           Un gâteau                     アン・ガトー(ケーキ)

これを機にいろいろな名詞も覚えて行きましょう。

今回はあえて男性名詞のみを選びました。

サック、テレフォン、ガトーと日本でも聞いたことがある言葉が混ざっていますね。

rendez-vousも日本語だとランデブーの語源になっています。

意味は「~を持っている」で訳していただければ大丈夫ですが、一つ目は「犬を持っている」というよりかは「犬を飼っている」の方が自然です。

このようにavoirの後に名詞を置けば「~を持っている」とできるので、辞書で調べた名詞を使って作文するのも上達につながります。

おさらい

それではêtre動詞とavoirのおさらいです。

être動詞

Je          suis                      ジュ・スィ

Tu         es                         チュ・エ

Il            est                        イレ

Elle        est                        エレ

Nous     sommes               ヌ・ソム

Vous      êtes                      ヴ・ゼット

Ils          sont                     イル・ソン

Elles      sont                     エル・ソン



動詞の後に来る単語は性別と数で形が変わります。

・男性の単体 : 変化なし
・男性の複数 : sを付ける
・女性の単体 : eを付ける
・女性の複数 : esを付ける



avoirの活用

avoir

J’            ai                         ジェイ

Tu          as                         チュ・ア

Il            a                          イラ

Elle        a                          エラ

Nous     avons                   ヌ・ザボン

Vous      avez                     ヴ・ザヴェ

Ils          ont                       イル・ゾン

Elles      ont                       エル・ゾン

この二つはこれから文法を学ぶほど必要となっていくものなので、必ず覚えましょう。

それでは(^^)/~~~

今回学んだこと

être
avoir

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA