㉔条件法

こんにちは(^O^)

今回は条件法について学びます。

簡単に言えば「もしも・・・」と仮定の話をするときに使うのが条件法です。

今回も新しい条件法用の動詞の活用が出てくるのでしっかり覚えましょう。

今回学ぶこと

3つの仮定
条件法現在形
条件法過去形

まずはブログを見てみましょう。



ブログ

放課後、教室に残ってクラスメイトと週末のお出かけの約束を立てています。

友達「S’il fait beau, on va au pique-nique dans un parc.
(もし晴れたら、公園にピクニックに行きましょう。)」

私「C’est la bonne idée. On va où ce week-end ?
(いいアイデアです。週末どこに行きますか?)」

友達「Je pense que le parc de Paul est bien. Il y a un beau jardin.
(ポール公園がいいと思います。美しい庭園があります。)」

私「Très bien. Si on était au Japon, on mangerait sous le cerisier.
(素晴らしい。もし私たちが日本に居たら、桜の木の下で食べるのに。)

On dit que c’est « Hanami » chez nous. Mais il n’a y pas de cerisier ici.
(それは私の国で「花見」と言います。しかしここには桜の木がありません。)」

友達「Par contre, il y a beaucoup de jolies fleurs dans le parc.
(しかし公園には綺麗な花がたくさんあります。)」

私「On invite Malia au pique-nique ?(マリアをピクニックに誘いますか?)」

友達「Non, parce qu’elle est malade maintenant.(いいえ、彼女は今病気なので。)」

私「C’est dommage. Si elle n’était pas allée an bar hier soir, elle aurait pu venir à l’école aujourd’hui.
(残念です。もし彼女が昨晩バーに行かなかったら、今日学校に来られたのに)」

マリアがピクニックに来られないのは残念ですが、他のクラスメイト達と楽しくピクニックに行くことができました。

みんな持ち寄りで食べ物を持ってきましたが、バゲットとチーズを誰かしらが持ってくるのはさすがフランスだと感じました。

解説

【S’il fait beau, on va au pique-nique dans un parc.】

意味:もし晴れたら、公園にピクニックに行きましょう。

さっそく「もし~」を使った条件法の文が出てきました。

英語ではIf 文A, 文B「もし文Aなら、文B」という構造をしていました。

フランス語の場合はIfでなく、Si(シ)を使います。

今回は「晴れる」が文A,「ピクニックに行く」が文Bになります。

それぞれの動詞を見るとfaitとvaが使われており、それぞれfaireとallerの現在形です。

つまり

Si + 文A(現在形)、文B(現在形)

になっています。

これは先に起こることに対する仮定をする場合使うものですが、基本的に文Aには単純未来形は使いません。

文Bならば単純未来形を使うことは可能です。

また、この用法ではSiをQuandに置き換えることもできます

まず前半部分の「晴れる」il fait beau(イル・フェ・ボ)と書きます。

これは一種のお決まりのフレーズになっているのでそのまま覚えましょう。

この場合のilは非人称で具体的なものを指していません。

Siの後にilが来るときはS’ilと短縮形を使います。

beau(ボ)は本来「美しい」という意味です。

後半部分について。

「ピクニック」le pique-niqueもしくはle picnicで読みもそのままピクニックです。

「公園」le parc(ル・パフク)です。

S’il fait beau, on va au pique-nique dans un parc. 

シル・フェ・ボ、オン・ヴァ・オ・ピクニック・ドン・ザン・パフク と読みます。

【C’est la bonne idée.】

意味:いいアイデアです。

「アイデア」une idée(ユニデ)で、女性名詞なのでその前に置くbonも女性名詞に対応してbonneになっています。

とてもよく使うフレーズなので覚えておきましょう。

C’est la bonne idée. は セ・ラ・ボニデ と読みます。

【Il y a un beau jardin.】

意味:美しい庭園があります。

先ほど出た「美しい」beauについて補足です。

このbeauは名詞と一緒に置く時は名詞の前に置きます

また、その名詞が男性形の場合はbeauですが、女性名詞の場合はbelle(ベル)になります。

「美女と野獣」のヒロインもベルという名前でしたね。

ただし、男性名詞でも母音やhで始まる名詞の時はbel(ベル)になります。

例を出すと

Un beau village 「美しい村」(アン・ボ・ヴィラージュ)
Une belle ville  「美しい街」(ユヌ・ベル・ヴィーユ)
Un bel hôtel   「美しいホテル」(アン・ベロテル)



「庭園」le jardin(ル・ジャフダン)です。

Il y a un beau jardin. は イリア・アン・ボ・ジャフダン と読みます。

【Si on était au Japon, on mangerait sous le cerisier.】

意味:もし私たちが日本に居たら、桜の木の下で食べるのに。

条件法の二つ目の用法です。

先ほどの「晴れたらピクニックに行く」と何が違うのかと言うと、実現可能かどうかです。

「ピクニックに行く」ために必要な条件「晴れる」は起こりうる話です。

しかし「私たちが日本にいる」というのは実現するのは簡単ではないことが考えられます。

このように起こりもしない仮定を話すときは以下のようにします。

Si + 文A(半過去)、文B(条件法現在形)

ここで久しぶりの半過去が登場します。

活用を忘れた方は以下のページからしっかりとおさらいしましょう。



前半の文Aにあたる「私たちが日本に居たら」はêtre動詞の半過去の活用étaitを使っています。

後半の文Bの部分で初登場の条件法現在形の活用が登場します。

条件法現在形の活用は以下の通りです。

動詞の原形の後に以下の活用をつなげる。

Je           -ais
Tu          -ais
Il            -ait
Elle        -ait
Nous     -ions
Vous      -iez
Ils          -aient
Elles      -aient

動詞の原形の後に活用をつなげるのは単純未来形の作り方と同じです。

そして上の活用はどこかで見た覚えはないでしょうか?

そう、これは半過去の活用なのです。

つまり条件法現在形の活用は単純未来形と半過去を組み合わせたものなのです。

動詞の原形と言っても単純未来形と同様に一部の動詞は原形でなく特別な活用をしますが、変わり方は単純未来形と同じです。

今回のmangerを参考に条件法現在形の活用で書くと

Je           mangerais            モンジェヘイ
Tu          mangerais            モンジェヘイ
Il            mangerait            モンジェヘイ
Elle        mangerait            モンジェヘイ
Nous     mangerions          モンジェヒオン
Vous      mangeriez            モンジェヒエ
Ils          mangeraient        モンジェヘイ
Elles      mangeraient        モンジェヘイ

発音を見るとほとんど同じような発音になっています。

「~の下に」は以前習った前置詞sous(ス)を使います。

「桜の木」le cerisier(ル・スヒジエー)です。

なお、「さくらんぼ」la ceriseで、実は果実の単語の最後の母音を取って、-ierを付けるとその実が成る気になります。

例:la pomme(リンゴ)→ le pommier(リンゴの木)
※木になると男性名詞になっているところに注意です。



Si on était au Japon, on mangerait sous le cerisier.  は

シ・オネテ・オ・ジャポン、オン・モンジェヘイ・ス・ル・スヒジエーと読みます。

【On dit que c’est « Hanami » chez nous.】

意味:私たちの国では「花見」と言います。

dire que ~「~と言う」となります。

「花見」は日本語の単語ということで《》で囲っています。

フランス語の鍵括弧はよくこれを使います。

名前はles guillemets (レ・ギメ)です。

「~の家で」と習ったchezですが、「~の国で」とも使うことができます。

そのためここのchez nousは「私たちの家で」ではなく、「私たちの国で」つまり日本という意味になります。

On dit que c’est « Hanami » chez nous. は

オン・ディ・ク・セ・ハナミ・シェ・ヌ と読みます。

【Mais il n’a y pas de cerisier ici.】

意味:しかしここには桜の木がありません。

「ひとつもない」と言うときは以前習ったne + pas + de +名詞を使います。

「ここ」ici(イシ)と言います。

Mais il n’a y pas de cerisier ici. は メ・イル・ニ・ア・パ・ドゥ・スヒジエー・イシです。

【Par contre, il y a beaucoup de jolies fleurs dans le parc.】

意味:しかし公園には綺麗な花がたくさんあります。

「しかし」はこれまでMais(メ)を使っていましたが、実はたくさん他の言い方があります。

その一つがPar contre(パー・コントフ)です。

こちらも覚えておきましょう。

「たくさんの~」はbeaucoup de + 名詞の複数形を使います。

「綺麗な」の形容詞joliもbeau同様に名詞の前に置きます。

今回は「花」la fleur(ラ・フルーフ)が女性名詞の複数形なのでesがjoliに付いています。

Par contre, il y a beaucoup de jolies fleurs dans le parc. 

パー・コントフ、イリア・ボク・ドゥ・ジョリ・フルーフ・ドン・ル・パフクと読みます。

【On invite Malia au pique-nique ?】

意味:マリアをピクニックに誘いますか?

「誘う、招待する」はer動詞inviter + 人 + à 誘う内容を使います。(アンビテー)

On invite Malia au pique-nique ? は

オン・ナンビットゥ・マリア・オ・ピクニック? と読みます。

【parce qu’elle est malade maintenant.】

意味:彼女は今病気なので。

ここでは誘わない理由を話しているのでparce queを使っています。

「病気だ」は形容詞malade(マラード)を使います。

形容詞なので主語の性別と数によってeやsを付けるのが変わりますが、maladeは始めからeが付いているので主語が女性でも形は変わりません

「今」maintenant(マトノン)と言います。英語でもnowで事足りるのにやたら長いです。

parce qu’elle est malade maintenant. は パスケレ・マラード・マトノン と読みます。

【Si elle n’était pas allée an bar hier soir, elle aurait pu venir à l’école aujourd’hui.】

意味:もし彼女が昨晩バーに行かなかったら、今日学校に来れたのに。

ここが最大の難関です。

まずここでもSiを使って「もしも・・」仮定の話をしています。

しかしこの文はこれまでのものとは違って、過去のことについて「もしも」と言っています。

つまり「昨晩バーに行った」から病気になってしまったので、もしも「昨晩バーに行かなかったら」「学校に来れる」のです。

このように過去のことに対して仮定を使う場合は条件法過去形を使うことになります。

まず、過去のことに対する仮定を言うときは

Si + 文A(大過去)、文B(条件法過去形)

となります。

まず文Aの前半の「バーに行かなかった」の部分について。

elle n’était pas alléeêtre動詞の半過去形+allerの過去分詞が使われています。

加えて否定文なのでneとpasをétaitに挟んでいます

さらにêtre動詞+過去分詞の時は主語の性別と数によって過去分詞の形が変わります

マリアは女性単数なのでalléeと最後にeが加わっています。

「昨晩」「昨日」hier(イエーフ)「夜」soir(ソワー)が合わさってhier soirで作れます。

次の後半の文B「学校に来られたのに」の部分で条件法過去形が使われています。

条件法過去形の作り方は

avoirの条件法現在形 + 過去分詞

もしくは「移動を表す動詞」のとき
êtreの条件法現在形 + 過去分詞

です。

ここでavoirとêtreの条件法現在形を見てみましょう。

avoirの条件法現在形の活用

J’            aurais                   ジョヘイ
Tu          aurais                   チュ・オヘイ
Il            aurait                   イロヘイ
Elle        aurait                   エロヘイ
Nous     aurions                ヌ・ゾヒオン
Vous      auriez                  ヴ・ゾヒエ
Ils          auraient               イル・ゾヘイ
Elles      auraient               エル・ゾヘイ



êtreの条件法現在形の活用

Je           serais                   ジュ・スヘイ
Tu          serais                   チュ・スヘイ
Il            serait                   イル・スヘイ
Elle        serait                   エル・スヘイ
Nous     serions                 ヌ・スヒオン
Vous      seriez                   ヴ・スヒエ
Ils          seraient                イル・スヘイ
Elles      seraient                エル・スヘイ

最初に紹介したように活用で変わっていない部分は単純未来形の活用です。

今回は「来ることができるという可能のニュアンスが加わっているのでpouvoir venirが使われています。

これを過去分詞にするときは一つ目の動詞pouvoirを過去分詞にします。

この過去分詞も活用が特殊で、pu(ピュ)と言います。

これを条件法過去形に使うとelle aurait pu venirとなります。

初めて3つの動詞を同時に使ったので混乱したかもしれませんが、このように使います。

なお、否定文にするならば一つ目の動詞をneとpasで挟んで、elle n’aurait pas pu venirとなります。

この条件法過去形は「あの時こうしていたら、こうだったのに・・・」という後悔のニュアンスがあります。

反対に言えば「あの時こうしたから、こうなのだ」実際のことになります。

今回の文だと「昨晩バーに行かなかったら、学校に来れた」ということになります。

つまり、

Parce qu’elle est allée au bar hier soir, elle n’a pas pu venir à l’école aujourd’hui.

が現実になります。

Si elle n’était pas allée an bar hier soir, elle aurait pu venir à l’école aujourd’hui. 

シ・エル・ネテ・パ・アレ・オ・バー・イエーフ・ソワー、エロヘイ・ピュ・ヴェニーフ・ア・レコール・オージョーデュイ と読みます。

いろんな要素が混ざっていたので一番難しかったかと思います。

おさらい

友達「S’il fait beau, on va au pique-nique dans un parc.
(シル・フェ・ボ、オン・ヴァ・オ・ピクニック・ドン・ザン・パフク)」

私「C’est la bonne idée. On va où ce week-end ?
(セ・ラ・ボニデ。オン・ヴァ・ウ・ス・ウィーク・エン)」

友達「Je pense que le parc de Paul est bien. Il y a un beau jardin.
(ジュ・ポンス・ク・ル・パフク・ドゥ・ポール・エ・ビヤン。イリア・アン・ボ・ジャフダン)」

私「Très bien. Si on était au Japon, on mangerait sous le cerisier.
(トヘビヤン!シ・オネテ・オ・ジャポン、オン・モンジェヘイ・ス・ル・スヒジエー)

On dit que c’est « Hanami » chez nous. Mais il n’a y pas de cerisier ici.
(オン・ディ・ク・セ・ハナミ・シェ・ヌ。メ・イル・ニ・ア・パ・ドゥ・スヒジエー・イシ)」

友達「Par contre, il y a beaucoup de jolies fleurs dans le parc.
(パー・コントフ、イリア・ボク・ドゥ・ジョリ・フルーフ・ドン・ル・パフク)」

私「On invite Malia au pique-nique ?(オン・ナンビットゥ・マリア・オ・ピクニック?)」

友達「Non, parce qu’elle est malade maintenant.(ノン、パスケレ・マラード・マトノン)」

私「C’est dommage. Si elle n’était pas allée an bar hier soir, elle aurait pu venir à l’école aujourd’hui.
(セ・ドマージュ。シ・エル・ネテ・パ・アレ・オ・バー・イエーフ・ソワー、エロヘイ・ピュ・ヴェニーフ・ア・レコール・オージョーデュイ)」



条件法

①実際に起こりうること
Si + 文A(現在形)、文B(現在形もしくは単純未来形)

②現在において起こり得ないこと
Si + 文A(半過去形)、文B(条件法現在形)

③過去において起こり得ないこと
Si + 文A(大過去形)、文B(条件法過去形)



条件法現在形の作り方

動詞の原形に以下の活用をつなげる(考え方は単純未来形と同じ)

Je           -ais
Tu          -ais
Il            -ait
Elle        -ait
Nous     -ions
Vous      -iez
Ils          -aient
Elles      -aient

(半過去形の活用と同じもの)



条件法過去形の作り方

avoirの条件法現在形 + 過去分詞

もしくは「移動を表す動詞」のとき
êtreの条件法現在形 + 過去分詞



avoirの条件法現在形の活用

J’            aurais                   ジョヘイ
Tu          aurais                   チュ・オヘイ
Il            aurait                   イロヘイ
Elle        aurait                   エロヘイ
Nous     aurions                ヌ・ゾヒオン
Vous      auriez                  ヴ・ゾヒエ
Ils          auraient               イル・ゾヘイ
Elles      auraient               エル・ゾヘイ



êtreの条件法現在形の活用

Je           serais                   ジュ・スヘイ
Tu          serais                   チュ・スヘイ
Il            serait                   イル・スヘイ
Elle        serait                   エル・スヘイ
Nous     serions                 ヌ・スヒオン
Vous      seriez                   ヴ・スヒエ
Ils          seraient                イル・スヘイ
Elles      seraient                エル・スヘイ



まとめ

今回はかなり長いパートになってしまいました。

条件法には3パターンあり、それぞれの違いが分かれば話せるバリエーションもグッと広がります。

実際に例文を自分で書いて見て違いを見分けられるように練習するのもオススメです。

それでは(^^)/~~~

今回学んだこと

3つの仮定
条件法現在形
条件法過去形

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA