ユングフラウ観光ルート

ユングフラウ Jungfrau

【街の説明】

標高4158mのアルプスの山で付近の山地では最高峰である。その山頂まで電車で行くことができ、山頂のユングフラウ駅はヨーロッパで一番高い駅とされている。山頂は何年雪が残っているほど寒いため夏だとしても厚着は必須。ルートとしては二通りあるが、ここでは行きはインターラーケン東駅からラウターブルネン駅で登山列車に乗りクライネシャデック駅からユングフラウ鉄道で山頂駅に向かい、その後帰りはクライネシャデック駅からグリンデルワルトに立ち寄ってインターラーケン東駅に帰るルートを紹介する。

【オススメ度】

 ★★★★★

【所要時間】

 4時間半

【費用】

 117.6 CHF

【疲れやすさ】

 ★★★☆☆

【観光ルート】



【スタート】

①インターラーケン東駅

Interlaken Ost

ラウターブルネン駅行き(Lauterbrunnen)に乗る。

切符は別会社のユングフラウ鉄道の乗り換えるまでのクライネシャデック駅(Kleine Scheidegg)まで購入する(片道21.20 CHF)。

電車によってはグリンデルワルトとラウターブルネン行きに分かれるために途中で切り離しが行われることがあるので注意が必要。

インターラーケン東駅でどの車両がラウターブルネン駅行きなのかをチェックしてから乗ること。


★電車に揺られておよそ20分。



②ラウターブルネン駅

Lauterbrunnen

ここで3番ホームの登山列車に乗り換える。



★登山列車で自然の景色を楽しみながらおよそ35分。



③クライネシャデック駅

Kleine Scheidegg

ここでユングフラウ鉄道に乗り換える。

切符は駅で買うこともできるが、全席指定のため売切れになることもある。

他の町の観光案内所やホームページからでも購入可能。

クライネシャデック駅からユングフラウ山頂駅までは往復でおよそ100 CHF。

クライネシャデック駅にもレストランやお土産屋さんがあったり、少し歩くと綺麗な湖があるので帰りに寄り道するのもオススメ。

【チケット購入サイト】
https://www.sbb.ch/en/home.html

※スイス国鉄のサイトでインターラーケン東駅(Interlaken Ost)からユングフラウ山頂駅(Jungfrau)まで検索すれば通しで時刻表の確認とチケット購入ができるのでオススメだが片道の値段なので注意。


★ユングフラウ鉄道に乗り換えておよそ10分。



④アイガーワンド駅

Eigerwand

所要時間:5分

アイガー山の中のトンネルの中の駅で5分だけ停まる。

トンネル内を移動しガラス越しにアイガー山から外の景色を見ることができる。

自分がどの車両から降りたのか忘れないように。

停まらない場合もある。

★再びユングフラウ鉄道に乗って15分。



⑤アイスメーア駅

Eismeer

所要時間:5分

アイガーワンド駅同様にガラス越しにトンネルの中から外を見ることができる。

★再びユングフラウ鉄道に乗って15分。



⑥ユングフラウ

Jungfraujoch

所要時間:2時間 費用:0 CHF

ユングフラウ山頂。駅はトンネル内部で道順に沿って進む。

階段を上って一番上まで行くと展望台に行くことができる。

その展望台以外にも実際に外に出て歩くことができるが、夏と言っても雪が積もっているため寒さ対策も大事だが、足元も滑りやすいので注意が必要。

他には氷のトンネルやトンネルを掘った歴史の解説、レストランやお土産屋さんなどがある。

スイスのチョコレートメーカー、リンツの専門ショップもある。

天気がいいと氷河の様子も見えるが、天候に左右されやすいので運によるところも大きい。


★再び電車に乗ってクライネシャデック駅まで降りる。朝からユングフラウを訪れた場合は時間にまだ余裕があるので帰りはグリンデルワルトに寄り道できるためグリンデルワルト行の電車に乗る。電車でおよそ30分。



【ゴール】

グリンデルワルト駅

ここで観光した後、インターラーケン東駅に電車に乗って帰る。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA