ベルギーの名物



フランス語、ドイツ語、オランダ語の3つの公用語があるベルギーは地方によっても文化が異なっています。食べ物にもどういった違いがあるのか見てみましょう。お馴染みの食べ物からあまり日本では知られていないものも紹介します。

ワッフル

ベルギーの食べ物でワッフルを思い浮かべる人も多いかと思います。

実はベルギーのワッフルはブリュッセル式とリエージュ式の二種類あります。

ブリュッセル式は四角い形をしており、リエージュ式は丸い形をしています。

日本でいうベルギーワッフルはリエージュ式となります。

ブリュッセルの街中では四角いワッフルの上に様々なトッピングを加えたものを食べられます。


フライドポテト

日本でもお馴染みもフライドポテトは実はベルギーが発祥です。

現地ではフリットと呼ばれており、ビーンチュという品種のジャガイモを用い、製造過程も細かく指定されていて日本で思う以上にこだわりが強く、その分美味しい。

トッピングはマヨネーズが一般的ですが様々なソースも選ぶことができます。

ビール

ヨーロッパでビールと言えばドイツが有名ですが、ベルギーもビールは有名です。

実はフランスでもベルギーの国境近くの北部はワインよりもビールの消費量が多くなります。

ブリュッセルの街中のレストランでは5種類のビールの飲み比べができるところもいくつもあります。

チョコレート

ベルギーのチョコレートも美味しくて有名ですが、中でも王室御用達のチョコレート店が8つベルギーにはあります。

日本でも有名なところだとゴディバやピエール・マルコーニもその中に入っています。

ブリュッセルのアーケード、ギャルリ・サンテュベールにはそれらのお店が集結しています。

カルボナート(Carbonade)

牛肉をビールで煮込んだベルギーの定番料理。

水を使わずにビールだけで長時間煮込んで作られます。

コクがあり、肉はかなり柔らかく食べやすいです。

ワーテルゾーイ(Waterzooï)

ベルギー西部の街ゲント発祥の料理。

鍋のまま出てくるのが特徴ですが、鶏肉のシチューで日本の元と大きな違いは感じられませんでした。

ヴォル・オ・ヴォン(Vol au Vent)

筒状のパイ生地の中に鶏肉とキノコのシチューが入っています。

フランスでもBouche la Reineという名前で似たような料理があります。

エビのクリームコロッケ

ジャガイモを使ったコロッケは日本で生まれた料理ですが、それはヨーロッパで食べられていたクリームコロッケを日本風にアレンジしたことで生まれた料理です。

ベルギーではコロッケではなくクロケット(Croquette)と呼ばれています。

フランス語ではありますが、実はフランスでクロケットというと猫のエサを指し、フランス人にクロケットを食べたというと驚かれることがあります。

ベルギーではクロケットのなかでもエビを使ったクリームコロッケが一般的です。

7大秘宝

ベルギーには7大秘宝と呼ばれるものが各都市に1つずつ保管されています。

以下7つのうち1~5は当サイトでも紹介しています。

①ブリュッセル:イカロスの墜落(ベルギー王立美術館)

②リエージュ:洗礼盤(聖バルテルミー教会)

③アントワープ:キリスト降架(聖母大聖堂)

④ゲント:神秘の子羊(聖バーフ大聖堂)

⑤ブルージュ:聖ウルスラの聖遺物箱(メムリンク美術館)

⑥ナミュール:オワニーの聖遺物箱(ナミュール古典美術館)

⑦トゥルネー:聖遺物箱(聖母大聖堂)


フラワーカーペット

2年に一度の8月15日前後にブリュッセルのグランプレスにて開催されるイベント。

様々な種類や色の花を敷き詰めることで巨大な模様のあるカーペットを作成します。

早朝から作業を開始し、その日の夕方には完成します。

毎回テーマがあり、かつては日本もテーマになったことがあります。

夜になると光と音のスペクタクルを楽しむことができます。

聖母昇天祭

8月15日、聖母昇天の祝日にマリア信仰の強いリエージュで開催される祭り。

中心地から川を渡った先の地区で開催されます。

巨大な人形のパレードやライブなどが開催されます。

ベルギーの観光情報はこちらをチェック!!


フランスと他の国の情報はこちらをチェック!!

コメント