ベネチア観光ルート

ベネチア Venezia

【街の説明】

イタリア北東部の人気観光都市。177の島とおよそ150の運河から成り「水の都」と呼ばれている。そのため主な移動手段は徒歩と水上バスになる。大聖堂や鐘楼があるサン・マルコ広場やため息橋、大運河に架かるリアルト橋など見どころも多いが、あてもなく歩くだけでも絵になるような素敵な景色がたくさん見つかる。また、毎年二月に行われるカーニバルは仮面をつけて行うことで世界的にも有名である。観光用のゴンドラに乗ったり、少し離れた地区に行くなど楽しめるところはたくさんがあるが、ここでは一日で主な観光スポットを回れるルートを紹介する。

【オススメ度】

 ★★★★★

【所要時間】

 10時間

【費用】

 70€(水上バス一日券利用)

【疲れやすさ】

 ★★★★★

【観光ルート】



【スタート】

①ヴェネツィア・サンタ・ルチーア駅

Stazione di Venezia Santa Lucia

★駅を出て左に進み水上バス乗り場に行く。



②水上バス停:フェロビア A

Ferrovia A

乗り場Bの1番線リアルト/サン・マルコ/リド SME(Rialto / San Marco / Lido S.M.E)行きに乗る。

チケットを購入し、刻印の機械にチケットをかざして有効化してから乗船すること。

【チケット】
片道:7.50€
一日券:20€
3回乗れば元が取れるので一日券がオススメ。

【航路図】
http://actv.avmspa.it/sites/default/files/mappa_linee_di_navigazione_06_06_2021__web.pdf
もしくはhttp://actv.avmspa.it/sites/default/files/avm/navigazione/MAP/interattiva.html


★水上バスに乗っておよそ30分



③水上バス停:サン・マルコ・バラレッソ

San Marco Vallaresso

ここで水上バスを降りる。

★水上バスを降りて右に進む。少し進むと左手に広場の入口があるので進む。徒歩5分。



④鐘楼

Campanile di San Marco

所要時間:40分 費用:10€

開館時間:9時45分~20時45分 休館日:悪天候時

サン・マルコ広場の一角にある高さ98.6mの鐘楼。

元々は9世紀に見張り台として作られたがその後震災の修復を機に16世紀に鐘楼として使われるようになった。

頂上には黄金のガブリエル像が置かれている。

鐘楼の上にはエレベーターで昇ることができ、街を一望できる。

しかし人気の観光スポットのため並ばなければいけない恐れもあるので朝一番に行くのがオススメ。

⑤サン・マルコ広場

Piazza San Marco

所要時間:10分 費用:0€

ベネチアで一番有名で観光名所が集まっている広場。

先ほどの鐘楼を始め、サン・マルコ寺院、サン・マルコ時計塔(サン・マルコ寺院の左手)を始めレストランやカフェ、ブティックなどもある。

⑥サン・マルコ寺院

Basilica di San Marco

所要時間:40分 費用:3€

開館時間:9時半~17時15分(最終入館16時45分) 休館日:なし

サン・マルコ広場にあるベネチアの象徴的な大聖堂。

聖マルコを祀るために建てられたビザンチン建築の傑作と称される。

その豪華な装飾は外観だけでなく内装にも施され、黄金の天井にフレスコ画は見どころである。

二階部分に上ると広場を眺めることができる。

★寺院を出て広場を真っ直ぐ進むと横断幕で博物館の名前が書いてあるのでその場所に進む。



⑦コッレール博物館

Museo Correr

所要時間:1時間 費用:25€(⑧、⑨、⑩と共通券)

開館時間:11~17時(最終入館16時) 休館日:なし

ベネチアの貴族のコッレールのコレクションが展示されている博物館。

展示スペースは2,3階にあり、彼のコレクションだけでなく貴族の暮らしが分かるインテリアも見ることができる。

展示品の中に羽の生えたライオンをよく見かけるが、これは聖マルコを象徴しており、サン・マルコ寺院の装飾にもところどころ見られるものである。

⑧国立考古学博物館

Museo Archeologico Nazionale di Venezia

所要時間:40分 費用:25€(⑦、⑨、⑩と共通券)

開館時間:11~17時(最終入館16時) 休館日:なし

ローマ時代と古代ギリシャのものを中心に展示している博物館。

特に彫刻が数多く展示されているが、その他にも金貨や武器、辞書なども展示されている。

コッレール博物館からそのまま入館できる。

⑨国立マルチャーナ図書館

Biblioteca Nazionale Marciana

所要時間:20分 費用:25€(⑦、⑧、⑩と共通券)

開館時間:11~17時(最終入館16時) 休館日:なし

16世紀に作られたルネッサンス様式の図書館でイタリアの中でも最も古い図書館の一つ。

マルチャーナとは聖マルコのことである。

もともととある詩人がベネチア共和国に自身の持つ大量の本を寄贈したことがきっかけでその後本を集めていきこのような規模になった。

展示スペースは外からではなく、コッレール博物館、考古学博物館の中を通って入るようになっている。

★サン・マルコ寺院の右隣りの建物に入る。



⑩ドゥカーレ宮殿

Palazzo Ducale

所要時間:1時間 費用:25€(⑦、⑧、⑩と共通券)

開館時間:10~18時(最終入館17時) 休館日:なし

総督の邸宅兼司法、立法、行政府が入っていたベネチア共和国時代の政治の中枢だった宮殿。

実際に8~12世紀は宮殿として使われていた。

ゴシック様式を取り入れた外観で、中庭を抜けて中に入ると美術館になっている。

家具、貴族の肖像画や宗教画に始まりベネチアの歴史を物語る絵画も次第に見えてくる。

宮殿ということもあり豪華な装飾、特に天井画も見どころである。

後半はため息橋を渡り対岸の監獄を見て回る。

★宮殿を出て左に曲がり海に着いたら左に曲がると左手に見えてくる。徒歩数分。



⑪ため息橋

Ponte dei Sospiri

所要時間:5分 費用:0€

ドゥカーレ宮殿の見学の際に渡った白い大理石でできた橋。

宮殿から牢獄に向かうための橋であり、囚人がこの橋の窓から見える景色が最後の外の景色だったことからこの名が付いた。

★そのまま海沿いを進みすぐ近くにある水上バス乗り場に行く。



⑫水上バス停:サン・マルコ-サン・ザッカリア

San Marco-San Zaccaria”F”

ここで2番線に乗って向かいの島の次の停留所で降りる。

★水上バスに乗って数分。



⑬水上バス停:サン・ジョルジョ

San Giorgio

ここで船を降りる。

⑭サン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂

Basilique San Giorgio Maggiore de Venise

所要時間:30分 費用:0€

開館時間:7~18時 休館日:なし

17世紀に完成した島と同じ名前を持つベネディクト会の教会。

白い外壁の教会の外観は古典主義だが内装はルネッサンス様式を取り入れた白壁にベージュのタイルの床になっており、「最後の晩餐」などの絵画も見ることができる。

レンガ造りの鐘楼は18世紀にできたもので、エレベーターに乗って上の展望台まで行くことができる。

モネも黄昏時の光景を作品として残している。

★再び水上バスに乗って先ほどの水上バス停:サン・マルコ-サン・ザッカリアに戻る。船を降りて左に曲がり同じ道を通って最初に降りてきた水上バス停:サン・マルコ・バラレッソに行きA乗り場から1番線のリアルト/フェロビア行き(Rialto/Ferrovia)の船に乗り一つ目の停留所で降りる。



⑮水上バス停:サルーテ

Salute

ここで水上バスを降りる。

★目の前の教会に入る。



⑯サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂

Basilica di Santa Maria della Salute

所要時間:20分 費用:0€

開館時間:9時半~12時 / 15~17時半 休館日:なし

大運河に面するドーム状の天井を持つ教会で、ベネチアの象徴的な建物の一つで街で一番写真に撮られている場所とも称されている。

17世紀、黒死病(ペスト)の流行時に建てられることになった教会は聖母マリアを象徴する正八角形の構造をしている。

そのため中に入ると中央に広い空間がある造りになっている。

床にはモザイクのタイルが張られており、キリスト教徒たちのロウソクがくべられている。

★教会を出たら左手の橋を渡りトンネルを抜ける。その後橋を渡り突き当りを左に曲がり、広場に出たら右手に進む。再び突き当りに出たら左に曲がると運河に出る。右に曲がり真っすぐ進み再び橋を渡り、その先の突き当りは右に曲がると大運河と橋がある広場に出るので左に曲がると美術館に着く。徒歩15分。



⑰アカデミア美術館

Gallerie dell’Accademia

所要時間:2時間 費用:12€

開館時間:8時15分~19時15分(月曜日のみ14時まで) 休館日:1/1、12/25

中世後期から18世紀にかけてのベネチア派の絵画を中心に展示している美術館。

ベネチア派の巨匠ティツィアーノを始め様々なアーティストの作品を見ることができる。

天井画の丸い絵画や部屋の壁の形にきっちり合わせた作品など他とは異なる展示があるのも特徴的。

また展示室の天井や壁の装飾も豪華なところが多いのも見どころ。

⑱アカデミア橋

Ponte dell’Accademia

所要時間:5分 費用:0€

アカデミア美術館の目の前にある橋。

大運河にかかる4つの橋の一つで木製であることが特徴。

最初は鉄製の橋だったが老朽化により木製の現在のものに代わった。

★ここからしばらく街中を歩いて次の目的地に向かう。橋を渡ったら基本的に直進し、突き当りは左に曲がり次の道を右に曲がってまた直進する。最終的に海賊帽子をかぶった銅像のある広場で左に曲がる。徒歩30分。



⑲リアルト橋

Ponte di Rialto

所要時間:5分 費用:0€

ベネチアで一番有名な橋。

16世紀に作られた石の橋で橋の上に宝石店などのお店が並んでいる。

お店の裏手に回れば運河の景色を眺めることができる。

★橋を引き返して右手運河沿いに歩くと水上バス停がある。



⑳水上バス停:リアルト

Rialto

1番線フェロビア行き(Ferrovia)に乗る。

★水上バスに乗って15分。



【ゴール】

ヴェネツィア・サンタ・ルチーア駅

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA