ロンドン観光ルート(アビー・ロード、ショッピングストリートほか)

ロンドン London

【街の説明】

ロンドンはイギリスおよびイングランドの首都です。世界的な大都市で近代的な建物と古くから残る建物が共存しています。大英博物館、バッキンガム宮殿、ビックベンなど見どころがとても多く一日では到底回り切れないのでいくつかのコースに分けて紹介します。ここでは街を転々としながらビートルズ所縁の地アビー・ロードやホームズで有名なベイカー・ストリート、ロンドンで有名なショッピングストリートであるオックスフォード・ストリートなどを巡ります。

【オススメ度】

 ★★★☆☆

【所要時間】

 8時間

【費用】

 £15(地下鉄代は含まない)

【疲れやすさ】

 ★★★★☆

【観光ルート】



【スタート】

①地下鉄:セント・ジョンズ・ウッド駅

St. John’s Wood

ジュビリー線(Jubilee)の駅です。


周辺地図


★ルート 所要時間:5分

駅前の交差点⇒茶色一色の建物が右手になるように直進⇒突き当りの横断歩道がアビー・ロードです


②アビー・ロード

Abbey Road

所要時間:10分 費用:£0

ビートルズの同名のアルバムのジャケット写真の場所として有名な場所です。

アビーとは「修道院」という意味で、近くに修道院があります。

ビートルズがよく録音していた音楽スタジオが右手にあり、同アルバムのヒットを記念にアビー・ロード・スタジオと名前を変えました。

スタジオは見学できませんが、併設されているお店には入ることができます。

一般の横断歩道のため自動車もよく通ることからジャケットの真似をして横断歩道の途中で止まって撮影するのは危険なため車通りの少ない時間帯に行くのがオススメです。

なお、地下鉄駅周辺にはビートルズカフェなどビートルズに所縁のある場所があります。

★地下鉄駅まで戻って電車に乗り、一駅進みます


③地下鉄:ベイカー・ストリート駅

Baker Street

地下鉄の駅のホームもシャーロック・ホームズのシルエットなどを見ることができます。

駅を出るとシャーロック・ホームズの銅像が建っています。



周辺地図


★ルート 所要時間:5分

駅を出て右折⇒最初の交差点を右折⇒左手に博物館が見えてきます


④シャーロック・ホームズ博物館

Sherlock Holmes Museum

所要時間:40分 費用:£15

開館時間:9時半~18時 休館日:なし

アーサー・コナン・ドイル著のシャーロック・ホームズが住んでいた下宿屋を再現した博物館です。

住所も作品にちなんで221Bと入口に表記していますが本来ここにある番地ではなく、特別に許可をもらっています。

時間帯によっては入口に作中に登場するような服装の衛兵が立っています。

博物館内部は作品を再現したかのようにホームズの部屋やハドスン夫人の住居などを見ることができます。

★ルート 所要時間:20分

道を引き返す⇒ひたすら直進⇒公園が右手に見えたら左折⇒次の公園を左折⇒公園の向かいに邸宅が見えてきます


⑤ザ・ウォーレス・コレクション

The Wallace Collection

所要時間:1時間 費用:£0

開館時間:10~17時 休館日:なし

ハートフォード侯爵のプライベートコレクションが展示された美術館です。

15~19世紀の絵画や家具などが展示されており、フランス絵画も多く展示されています。

一階部分は主に武具が展示されており、二階にレンブラントやルーベンスを始めとする絵画が多く展示されています。

邸宅もハートフォード家のもので家具などのインテリアも楽しむことができます。

展示品は外部への持ち出しを禁止することを条件に展示されているためここでしか見ることができません。


★ルート 所要時間:5分

邸宅を出て直進⇒2つ目の信号のある交差点を左折⇒ショッピング通りに入ります


⑥オックスフォード・ストリート

Oxford Street

所要時間:20分 費用:£0

東西2kmに及ぶヨーロッパで最も人通りの多いショッピングストリートです。

世界的に有名なお店が軒を連ね、その数は300店に及びます。

ロンドンでショッピングを楽しみたいならば必須の場所です。

★地下鉄オックスフォード・ストリート・サーカス駅(Oxford Circus Underground Station)の階段がある大きな交差点に着いたら右折します


⑦リージェント・ストリート

Regent Street

所要時間:20分 費用:£0

オックスフォード・ストリートから続くショッピングストリートです。

大きな弧を描くように並ぶ建物は建設段階から商業施設を目的として建てられたもので、世界的な大通りの中でも住居を考慮に入れていないのは珍しいです。

★ルート 所要時間:15分

リージェント・ストリートのカーブの先の交差点に着く⇒噴水左の通りを進む⇒ひたすら直進⇒地下鉄コヴェント・ガーデン(Covent Garden)に着く⇒その次の交差点を右折⇒ショッピングセンターに着きます

リージェント・ストリートにある地下鉄のピカデリー・サーカス駅(Piccadilly Circus)からピカデリー線に乗って二駅先のコヴェント・ガーデンで降りても行けます。


⑧コヴェント・ガーデン

Covent Garden

所要時間:30分 費用:£0

レストランやお店が建ち並ぶショッピングモールです。

月曜日にはアンティーク市が開かれ、タイミングが良ければモール内の演劇を見ることができます。

★ルート 所要時間:5分

コヴェント・ガーデンを反対側から出る⇒坂を下る⇒大通りに出たら左折⇒右手にアーチ状の入口の建物が見えてきます


⑨コートールド・ギャラリー

Courtauld Gallery

※現在閉館中

所要時間:1時間半

元々宮殿だったところに作られた美術館です。

宮殿自体は政府機関や研究所など様々な施設が複合的に入っており、このコートールド・ギャラリーも正式にはロンドン大学付属コートールド美術研究所という名称です。

1932年に実業家のコートールドのコレクションを元に作られた美術館で、モネ、マネ、セザンヌ、ゴーギャン、ゴッホなど印象派やフランス絵画も多く展示してあります。

建物自体も宮殿だった面影が感じられ、特に階段は印象に残る装飾が施されています。

ドガ「舞台の二人の踊り子」
マネ「フォリー・ベルジェールのバー」


★ルート 所要時間:5分

引き続き通りを進む⇒最初の右手の道を進む⇒突き当りを左折⇒地下鉄の駅に着きます


⑩地下鉄:テンプル駅

Temple

サークル線(Circle)の環状線リバプール・ストリート方面(Circle Line via Liverpool Street)に乗り20分ほど移動します。

⑪キングス・クロス駅

King’s Cross

周辺地図


★地上の駅の構内に行き、案内板を見て場所を確認します。ホームが左右あるうちの右側の中央やや左に行くとレンガの壁があります


⑫9と3/4番線

Platform 9 3/4

所要時間:5分 費用:£0

ハリーポッターに登場する場所です。

作中ではキングス・クロス駅の壁をすり抜けると魔法学校ホグワーツに行くための列車のホームに出るとされ、カートが半分埋もれたことですり抜ける瞬間を再現しています。

とても人気のある場所でカートを持って記念写真を撮るならばかなり待つことを覚悟した方がいいです。

なお、近くに同名のハリーポッターグッズ専門店があります。

★ルート 所要時間:5分

駅を出て右折⇒2番目の建物、右手に図書館が見えてきます


⑬大英図書館

British Library

所要時間:30分 費用:£0

開館時間:9時半~18時(水木は19時半、土は17時、日は11~17時)

休館日:なし

大英図書館法により1973年に設立された世界最大級の図書館で1億7000点もの資料を収蔵しています。

吹き抜けにガラス張りの本棚が積まれており、その光景は圧巻です。

企画展なども時期によっては開催され、貴重な資料を見ることができます。

あくまで図書館なので静かに観光する必要があります。

★ルート 所要時間:5分

キング・クロス駅に戻る⇒地下鉄ノーザン線(Northern)のハイ・バーネット行き(High Barnet)に乗車


⑭地下鉄:カムデン・タウン駅

Camden Town

周辺地図


★ルート 所要時間:数分

駅を出て右折⇒ショッピング通りを進みます


⑮カムデン・タウン

Camden Town

所要時間:1時間 費用:£0

ロンドンの原宿とも呼ばれる若者に人気のエリアです。

週末になると駅前のカムデン・ハイ・ストリート沿いのお店やマーケットが開いて一段とにぎやかになります。

ストリート沿いにはモニュメントを壁に付けたお店が多く見られます。

お店の多くはファッション関連のもので、パンク発祥の地と呼ばれるだけあってそれに関する服を取り扱うお店も多いです。

ハイ・ストリートを直進して運河を超えると左手にレンガ造りのカムデン・マーケットがあり、レストランやお店がたくさん入っています。

雰囲気だけを楽しみたいならば1時間で十分ですが、買い物をするならばもっと時間がかかることを計算に入れた方がいいです。

★ルート 所要時間:15分

同じ道を通って駅に戻ります



【ゴール】

地下鉄:カムデン・タウン


ホテルを取るならどこ?

ロンドンで滞在する場合たくさん泊まれるところがあるので目的に応じて場所を決めるのがオススメです。

観光をメインにしたいならば中心部に滞在するとたくさんの場所やお店に行くことができます。

また地下鉄やバスが発展しているため大きな駅の近くに滞在すると移動が便利です。

空港に直通の駅周辺に宿泊すればチェックアウト後に荷物を預けて時間まで観光を楽しむことができます。

【ホテル予約はこちらから】

エクスペディア

Hotels.com

【電車・バス検索予約はこちらから】

Omio:ヨーロッパ交通予約サイト



ロンドンの他のコースはこちらをチェック!!


旅行のお役立ち情報はこちらをチェック!!

コメント