【ニューカレドニア旅行】ヌメアのオススメ観光スポット

アメデ島 海

このページではニューカレドニアの首都ヌメアのオススメ観光スポットを紹介します。

ヌメアの1日観光モデルコースは下のリンクで紹介していますが、1日以上滞在する方向けにその他のオススメ観光スポットを紹介します。

空港からの移動手段やSIMカードなどの情報はこちらをご覧ください。


フランスとの違いはこちらをご覧ください。


観光マップ

地図左上の四角いマークを押すと観光スポット一覧が見れます。

また、サイドバーの目次からこの地図にすぐ戻ることができます(スマートフォンの場合は画面下のメニューよりサイドバーを選択してください)。


日帰り離島旅行

ヌメアからは日帰りでいくつかの離島に行くことができます。

イルデパンやロイヤリティ諸島(リフー島、マレ島、ウベア島)といった宿泊する必要がある離島への行き方はこちらで紹介しているのでご覧ください。


①カナール島

カナール島

Îlot Canard

所要時間:1時間 費用:往復1500 xpf

開館時間:日曜日の8時半~17時 休館日:月~土曜日

ヌメアから一番近くの島はカナール島です。

アンスバタ・ビーチから見える距離にあり、タクシーボートに乗れば5分ほどで着きます。

島の真ん中にレストランがあり食事もできます。

島自体もとても小さく15分もあれば一周できるほどです。

乗り場はレストランLe Funの隣にある船着き場にあります。


②メトル島

メトル島 水上コテージ

Îlot Maître

所要時間:2時間 費用:往復 2500 xpf

開館時間:9~17時 休館日:なし

アンスバタ・ビーチから見えるもう一つの島がメトル島です。

カナール島よりも大きく、Double Treeというホテルがあります。

水上コテージが並んでおり南国らしい景色を堪能できます。

Double Treeに問い合わせることで宿泊者でなくても日帰り旅行に行くことができます。

乗り場はカナール島とは異なり、中心街側にあるモゼール港から出ています。

事前に乗船時間を予約する必要があり、以下のメールアドレスを通じて予約します。

【Double Tree問い合わせ先】
noumeailotmaitre.info@hilton.com


③アメデ島

アメデ島 ビーチ

Phare Amédée

所要時間:8時間
費用:14950xpf~(時期によって異なる)

モゼール港から船に乗って1時間弱で行ける島がアメデ島です。

この島へはマリーDという会社が企画するツアーに参加します。

朝7~8時くらいに送迎バスがホテルに迎えに来て17時くらいにホテルに戻って来られます。

島は40分くらいあれば一周できますが、こちらは泳ぐことができます。

予約は下のホームページからすることができます。

Mary D予約ページ
https://www.maryd.nc/

毎日開催しているわけではないので事前に予約を入れておくとスムーズです。


一日の流れ

ここでは私が実際に体験した一日の流れを紹介します(変更がある場合があります)。

7~8時送迎バスがホテルに迎えに来る
9時モゼール港から出港
10時アメデ島に到着、その後自由行動
12時お昼ご飯
13時~自由行動、ヤシの木上り
14時グラスボート体験
14時半~自由行動
15時半アメデ島出港
16時半モゼール港到着
17時ホテル到着

送迎バスが各ホテルを周っていくため迎えに来る時間はホテルによって異なります。

ツアー参加者はグループ分けされており、グラスボートの時間はグループごとに異なります。

自分がどのグループかは船で移動中に教えてくれます。

自由時間には灯台に上ったり、世界で一番小さな郵便局と呼ばれるポストからポストカードを投函したり、海で泳いだりと自由気ままに過ごせます。

結構浅い所にウミガメがいて近づくこともできました。

お昼ご飯はレストランがあり、ビュッフェ形式で好きなものを好きなだけ食べることができます。

食事中にダンスショーもありとても楽しいです。

アメデ島 タヒチアンダンス


食後のヤシの木上りは子供向けのイベントで自由参加です。

どうやってヤシの木に上るのか披露してくれます。

その後ヤシの実の割り方を教えてくれます。

ヤシの木上り


グラスボート体験は床がガラス張りになったボートに乗って近海を遊覧します。

思った以上に魚が来てくれるのでオススメです。

グラスボート


ツアーがやっていない日に個別のタクシーボートで行くこともできますが、レストランなどの施設はマリーDのもののため開いていません。

アメデ島を満喫するならばツアーに参加しましょう。


その他の離島

ヌメアから日帰りで行ける離島は他にもあり、それらならば泳ぐことができます。

予約は以下のホームページからできます。

①ノティカ
https://www.nautica.nc/en/home/

②ダルオーシャン
https://www.amedee-taxiboat.com/en-GB/

乗り場や行き先はそれぞれ異なるのでよく読んでから予約しましょう。


④動植物園

ニューカレドニア カグー

Parc Zoologique Et Forestier

所要時間:2時間 費用:600 xpf

開館時間:10時15分~17時 休館日:月曜日、12/25、1/1

ヌメア中心街の外れにある動植物園です。

南国らしい植物や動物を見ることができます。

一番の見どころはカグーという鳥で、ニューカレドニアの固有種です。

国鳥にもなっているこの鳥はつがいで行動することから夫婦の縁起物とも言われています。

野生ではほぼ見られないのでここに行くのが確実です。

また、たくさんのクジャクが園内で放し飼いになっておりかなり驚きます。

ニューカレドニア クジャク


アクセス

ヌメアから動植物園へは公共バスを使うと便利です。

N4番線に乗れば行くことができます。

中心街から行く場合はPlace Moselleから、アンスバタエリアから行く場合は競馬場の側にあるバス停Hippodromeで乗車し、Parc Forestierで下車します。

時刻表は以下のサイトからN4番線を選択してください。
https://www.taneo.nc/plans-et-horaires/


⑤チバウ文化センター

チバウ文化センター

Centre culturel Tjibaou

所要時間:2時間 費用: 1000 xpf

開館時間:9分~17時(日曜日は16時まで) 休館日:月曜日、祝日

ヌメア郊外にある特徴的な外観をしている文化センターです。

ニューカレドニアの先住民カナックの文化を紹介する施設で彼らの民族衣装や工芸品などを見ることができます。

博物館でなく文化センターのため常設店よりも企画展がメインです。

見どころはどちらかというと庭で、カナック伝統の家屋カーズやマングローブ林、ニアウリの木などこの土地らしいものを見ることができます。

チバウ文化センター カーズ


アクセス

中心街から行く場合はPlace MoselleからN2番線に乗って終点のTjibaouで降ります。

アンスバタエリアから出るバスはないので3番線のバスに乗ってPlace MoselleでN2番線に乗り換えるか、タクシーを呼んで行きます。

時刻表は以下のサイトからN2番線を選択してください。
https://www.taneo.nc/plans-et-horaires/


ニューカレドニアのお得な情報はこちらをチェック!!


旅行に便利なリンク集

【航空券予約はこちら】

サプライス

お安く航空券を購入したいならばこちらがオススメです。

期間限定でクーポンを発行していることもあるので要チェックです。

エクスペディア

世界的に有名な旅行サイト。
フランス国内の航空券も買えるので便利です。


【ホテル予約はこちら】

Trip.com

お得にホテルを予約したいならばこちらがオススメです。
セールで割引をしていることもあるのでまずはチェックしてみましょう。

Hotels.com

ホテル情報ならばこちらが多いです。
キャンセル料無料のところが多いのも嬉しいです。

エクスペディア

お得なホテル情報が多数掲載されており、いろいろな国の人のコメントも見られます。
こちらも航空券と一緒に予約できます。


【電車・バス検索予約はこちらから】

Omio:ヨーロッパ交通予約サイト

フランス国内だけでなくヨーロッパの国の情報も網羅しています。
現地での移動を調べられるだけでなく予約もできて便利です。


【ポケットWi-Fi予約はこちらから】

グローバルWi-Fi

海外旅行には欠かせないポケットWi-Fiを手配できます。
大手なので安心で今なら1000円割引キャンペーン実施中です。


フランス観光情報はこちら

コメント