アントワープ観光ルート

アントワープ Antwerpen

【街の説明】

ベルギー北部の国内第二の都市。産業としてはダイヤモンドが有名。豪華な建物が多く、駅舎も宮殿のような造りをしている。中心街にある大聖堂はフランダースの犬の最後のシーンの舞台となっており、ベルギー7大秘宝の一つが展示されている。ルーベンスの家など美術館も多いが、街並みが綺麗なので歩いているだけでも十分楽しめる。

【オススメ度】

 ★★★★★

【所要時間】

 9時間

【費用】

 29€(2021年9月以降33€)

【疲れやすさ】

 ★★★★

【観光ルート】



【スタート】

①アントワープ中央駅

Antwerpen-Centraal

所要時間:15分 費用:0€

1895年から10年かけて建築されたアントワープの玄関口。まるで宮殿のような造りから「最も美しい駅」と称されることもある。構内の正面入り口から入ったところはドラマや映画などの撮影現場としてもよく使われる。

★駅前の大きな通りデ・カイセルライ通り(De Keyserlei)をしばらく直進する。20分ほど歩くと左手に噴水がある広場があるので、その奥の並木道を進む。



②ルーベンスの家

Rubenshuis

所要時間:1時間 費用:8€(③と共通券)※2021年9月1日以降12€

開館時間:10~17時 休館日:月曜日、1/1、5/1、11/1、12/25

17世紀バロック時代にヨーロッパで活躍したルーベンスの美術館。

住居兼アトリエとして使っていたルーベンスの家を美術館として利用しており、彼の自画像や「アダムとイブ」などの作品を始め、邸宅内のインテリアも見ることができる。

現在は時間毎に入場制限を行っているため、事前にホームページからチケットを購入しておくとスムーズに入館できる。

【予約サイト】

https://ttk.antwerpen.be/Exhibitions/Overview?shop=5C753537-4C3E-4F8D-A6F8-C4E91B670827&subcategory=A36E1304-0FB4-4D98-90B5-C8D94C608C22&smallmenu=1&language=FR&refresh=y

★ルーベンスの家を出たら左折して広場を出たら右に曲がる。しばらく進むと路面電車の線路がある道に出るので、左に曲がって線路沿いにしばらく道を進むと左手に見えてくる。徒歩10分。



③マイヤー・ファン・デン・ベルグ美術館

Museum Mayer van den Bergh

所要時間:1時間 費用:8€(②と共通券)※2021年9月1日以降12€

開館時間:10~17時 休館日:月曜日、1/1、5/1、11/1、12/25

貴族で収集家だったフリッツ・マイヤー・ファン・デン・ベルグのコレクションが展示されている美術館。

美術館として使われている邸宅は彼の死後、母親によって建てられた。

主に14~16世紀の作品が展示されており、絵画だけでも宗教画、肖像画、静物画など多岐に渡り、他にも陶器や家具なども展示されている。

★道を引き返し、線路がカーブする交差点で直進してコルテ・ハストハイス通り(Korte Gasthuisstraat)に入り、そのまま進んで木がある広場には行ったら左折してロンバルデンフェスト通り(Lombardenvest)をひたすら直進する。信号のある交差点を直進した先の最初の交差点を右折すると広場に入るので左手に進むと正面に見えてくる。徒歩15分。



④プランタン=モレトゥスの家屋・工房・博物館複合体

Plantin-Moretus Museum

所要時間:1時間 費用:8€

開館時間:10~17時 休館日:月曜日、1/1、5/1、11/1、12/25

大出版業者クリストフ・プランタンの印刷工房だったところを利用して印刷に関する道具などが展示された博物館。

2005年にユネスコ世界遺産に登録されたが、単体の博物館として登録されたのはここが世界初となる。

工房はモレトゥス家が受け継いでいたが市に売却したことで博物館となった。

印刷に関する解説や印刷部屋もあるが邸宅らしく家具や絵画、中庭なども見学することができる。

現在入場制限が設けられているため事前にホームページよりチケットを購入するのがおすすめ。

【予約サイト】

https://ttk.antwerpen.be/Exhibitions/Overview?shop=5C753537-4C3E-4F8D-A6F8-C4E91B670827&subcategory=C762B53C-C784-E611-A10F-00238B97A6B3&smallmenu=1&language=FR&refresh=y

★広場に戻り左手の道から通りに出たら左折。そして最初に見える右手の路地に進む。この通りの左手の建物に注意してみていると1階部分の壁が葉っぱに覆われた建物に小道の入口があるので進む。入口が見つけにくいので注意が必要。徒歩5分。



⑤フラーイケンスガング

Vlaaikensgang

所要時間:10分 費用:0€

中心街にあるオシャレな裏道。

通りには素敵な景色とオシャレなカフェがある。

★小道を抜けるとレストラン街に入る。左に曲がりすぐある右手の道を進む。徒歩数分。



⑥ネロとパトラッシュの像

Nello & Patrasche beeld

所要時間:5分 費用:0€

大聖堂前の広場に置かれた「フランダースの犬」に登場するネロとパトラッシュの像。

物語の最後のシーンが目の前のアントワープの大聖堂だったことから中国の企業によって作られた。

「フランダースの犬」自体はベルギーではあまり知られていなかったが日本人が観光に来ることで段々と認知されていった。

⑦聖母大聖堂

Onze-Lieve-Vrouwekathedraal

所要時間:40分 費用:8€

開館時間:10~17時(土曜:10~15時、日曜:13~17時) 休館日:1/1

16世紀に完成したゴシック様式の教会。

123mの鐘楼はフランスとベルギーの鐘楼群の一つとして世界遺産に登録されている。

内部はかなり広く開放的で、ベルギーの7大秘宝の一つルーベンスの作品が展示されている。

いくつかあるルーベンスの作品の中でもキリストを十字架から降ろす場面を描いた「キリスト降架」は「フランダースの犬」でネロが最後に見た作品である。

★大聖堂を出たら広場の右手の道を進み次の広場に向かう。徒歩数分。



⑧マルクト広場

Grote Markt

所要時間:10分 費用:0€

市庁舎とギルドハウスに囲まれた街の中心部となる広場。

市庁舎は大聖堂と同様にフランスとベルギーの鐘楼群の一つとして世界遺産に登録されている。

広場の中央にある銅像は街の名前の由来になった逸話を表現している。

「かつて街の川辺の城に住む巨人が城付近を通過する船から通行料を取って、拒むものの手を切っては川に捨てていた。それをローマの戦士ブラボーが巨人に打ち勝ち、巨人の手を捨てた。」

このことから「手を投げる」という意味のアントワープが街の名前になった。

現在ではお土産としてこの逸話を元に手の形をしたチョコレートなどが売られている。

★広場を左手の道から出て大聖堂が背後に来るように道を進むとエスコー川に出るので右折すると川沿いに城が見えてくる。徒歩10分。



⑨ヘットステーン(外観のみ)

Het Steen

所要時間:5分 費用:0€

川辺に佇むお城でステーンとは「石」の意味である。

先ほどのマルクト広場での逸話に出てきた巨人が住んでいたとも言われるが、主に要塞として機能していた。

19世紀からは博物館として使われていたが、現在は改修工事のため閉館している。

★ヘットステーンの横を通ってそのまま直進し続けると右手に開けた場所に佇む変わった形の建物が見えてくるのでそこに進む。徒歩15分。



⑩アントワープ美術館(MAS)

Museum aan de Stroom

所要時間:2時間 費用:5€(要予約:企画展込は10€)

開館時間:10~17時 休館日:月曜日、1/1、5/1、11/1、12/25

アントワープ旧港に佇むモダンなデザインの美術館。

建物の近くまで行って外壁をよく見るとアントワープの名前の由来の手が並べられている。

内部は民俗博物館、海洋博物館、企画展などを含む複合施設となっている。

上層部の展望台は無料で見ることができていたが、現在は入場制限が設けられているため事前にチケットをホームページから購入する必要がある。

【予約サイト】

https://www.mas.be/fr/page/tickets

★来た道を引き返して少し歩くと左に伸びる路面電車の道(シント=ピーテルスヴリートSint-Pietersvliet)があるのでそちらに進む。少し進むと木が植わった広場が両サイドに出てくるので右手の広場に進み、左の道(ノーセ通りNosestraat)を進む。通りを抜けて次の広場に入る手前左手に教会の入口があるので入る。徒歩10分。



⑪聖ポール教会

Sint-Pauluskerk

所要時間:20分 費用:0€

開館時間:土・日曜日の14~17時 休館日:平日

住宅街に佇む16世紀の教会。

ゴシック様式の教会であるが、バロック様式も混ざっている。

内装はゴシック様式らしく白と黒を基調としており、壁には聖書の内容を描いた絵画がずらりと並んでいる。

中庭には彫刻が並べられていて別世界に迷い込んだ気持になる魅力がある。

★教会を出て左に進み、そのまま突き当りまで直進すると左手に建物を利用した巨大な絵画が現れる。そこを左に曲がると右手奥にマルクト広場のギルドハウスが見えてくるのでそちらに進んでマルクト広場に戻る。広場を左に曲がり最初の交差点を右折する。突き当りを左に曲がり、道なりに進むとやがて路面電車のある道に出るので左に進む。そのまま直進して歩行者専用道路に入りひたすら直進すると駅に戻る。徒歩30分。



【ゴール】

アントワープ中央駅

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA