ローマ観光ルート

ローマ Rome

【街の説明】

言わずと知れたイタリアの首都。ローマ帝国から現代に至るまで様々な歴史や文化を築き上げてきた。街にはコロッセオやフォロ・ロマーノといった有名な遺跡以外にも遺跡が点在している。他にも真実の口、トレビの泉、スペイン広場など見どころがとても多いがここでは要所を抑えたルートを紹介する。

【オススメ度】

 ★★★★★

【所要時間】

 8時間

【費用】

 24€

【疲れやすさ】

 ★★★★★

【観光ルート】



【スタート】

①地下鉄:コロッセオ

Colosseo

メトロB線の駅。

★地上に出ると目の前にコロッセオがあるので中に入る。



②コロッセオ

Colosseo

所要時間:1時間 費用:16€(④⑤と共通券)

開館時間:10時半~19時15分 休館日:1/1,12/25

西暦80年から使われていた古代ローマ時代の円形闘技場。

実際には楕円形をしており、主な構造は地下、アリーナ、観客席の三つから成っている。

地下には闘技場で戦う戦士や猛獣の待機場所を見ることができる。

アリーナは22€のより多くの場所を見学できるチケットを購入すれば行くことができる。

このアリーナで戦士や猛獣が戦いを繰り広げ、時には水で満たして船の戦いも行った。

観客席は4階までありそれぞれの階層で身分が分かれていた。

見学では観客席を登ることができ、お土産屋さんが観客席の一角と出口にある。

③コンスタンティヌスの凱旋門

Arco di Costantino

所要時間:5分 費用:0€

コンスタンティヌスが皇帝になって10周年の記念に建てられた凱旋門。

門の上部には先代の皇帝のマルクス・アウレリウス・アントニウス帝、トラヤヌス帝、ハドリアヌス帝の時代の戦いを描いたレリーフが掘られている。

パリのチュイルリー公園内にあるカルーゼル凱旋門のモデルに使われている。

★コロッセオと向かいにある遺跡に入る。



④フォロ・ロマーノ

Foro Romano

所要時間:1時間 費用:16€(②⑤と共通券)

開館時間:10時半~19時15分 休館日:1/1,12/25

「ローマ市民の広場」という意味を持つ古代ローマの遺跡が多く集まったエリア。

紀元前8世紀から紀元後5世紀まで使われていたとされており、凱旋門を始め神殿、議事堂などの遺跡が20以上残されている。

かつてはここでカエサルが演説を行ったり、歴代皇帝が凱旋していた。

⑤パラティーノの丘

Palatino

所要時間:1時間 費用:16€(②④と共通券)

開館時間:10時半~19時15分 休館日:1/1,12/25

フォロ・ロマーノから入ることができる丘。

古代ローマを形成した7つの丘のうち最古のものとされており、貴族の邸宅や神殿、水道橋などを見ることができる。

★凱旋門まで戻り、パラティーノの丘沿いに坂を下る。坂を下りきって交差点に着いたら横断して左に曲がる。少し進むと右手にサッカーグラウンドが見えてくるがそのままグランド沿いに進むと右手に看板が見えてくるので進む。徒歩20分。



⑥カラカラ浴場

Terme di Caracalla

所要時間:1時間 費用:8€

開館時間:9~19時15分 休館日:月曜日

ローマ皇帝カラカラによって216年に完成した浴場。

実際には図書館やダンス教室、ジムのようなものまであったことからレジャー施設としての意味合いが強かった。

入浴にも手順があり、まず冷水で体を冷やしたら寒なのように蒸し風呂で汗を流したら冷水に入り、最後には奴隷にマッサージと汚れを落としてもらう流れがあり、それぞれの施設を見ることができる。

当時の装飾も一部残されており、特にモザイク画は見どころの一つである。

現在は夏のオペラ会場としても利用されている。

★先ほどの坂の下の交差点まで戻り直進して横断歩道を渡ったら大きな芝生のエリアが正面に出てくるのでその左手の道を直進する。芝生エリアが終わり建物が見えてくると右手に塔が見えるのでその下まで進む。徒歩20分。



⑦真実の口

Bocca della Verità

所要時間:20分 費用:1€~

開館時間:9時半~18時 休館日:なし

サンタ・マリア・イン・コスメディン教会にある円形の彫刻。

映画「ローマの休日」に登場したことで世界的に有名になった。

嘘つきが彫刻の口の部分に手を入れると手を失ってしまうという言い伝えがある。

真実の口は教会の屋内ではなく外側にあるため柵越しに見ることも可能。

手を入れて記念撮影したい場合は列に並んで寄付金を収める。

所要時間は平均の待ち時間になるので混む場合は1時間待つことにあるが、柵越しに撮影するだけでいいなら5分もかからない。

★教会の正面にある遺跡のある公園を通り抜けると川が見えるので右に曲がって川沿いを進む。二つ目の橋が見えたところで路面電車の線路が現れるので右に曲がって線路沿いにしばらく直進する。線路が右に曲がるところで右手に遺跡があるところも直進する。遺跡を過ぎた交差点で左に曲がり、左手にドーム状の屋根を持つ教会が見えてくる。徒歩25分。



⑧サンタンドレア・デッラ・ヴァッレ教会

Sant’Andrea della Valle

所要時間:20分 費用:0€

開館時間:7~12時半 / 16~20時 休館日:なし

バロック様式の外観を持つ17世紀の教会。

プッチーニのオペラ「トスカ」の冒頭に登場する。

内装も美しく、特に天井のフレスコ画は自然光を上手く取り入れている。

★教会前の通りを進み、一つ目の十字路を左に進む。徒歩5分。



⑨ナヴォーナ広場

Piazza Navona

所要時間:15分 費用:0€

南北に伸びる長方形の広場。

元々は競技場だったところを広場にしたためこのような形になっている。

広場には3つの噴水があるが、特に有名なのが上部にオベリスクを携えた「四大河の噴水」でナイル川、ガンジス川、ドナウ川、ラプラタ川を擬人化して表現している。

★四大河の噴水そばの通りから広場を出て左に曲がりすぐ右に曲がって歩行者専用の通りを直進すると広場に出る。徒歩5分。



⑩パンテオン

Pantheon

所要時間:20分 費用:0€

※現在閉館中

マルス広場にあるドーム状の神殿。

紀元前25年に最初のパンテオンが作られ、様々な神を祀る場所として使われていた。

内部はドーム状の天井の頂点に開いている穴から日光が入る仕組みになっている。

また、イタリア初代国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世とイタリアの画家ラファエロの墓も収められている。

★パンテオンから出て広場の右端の通りを直進すること5分。



⑪トレビの泉

Trevi Fountain

所要時間:15分 費用:0€

ローマ最大のバロック様式の噴水で人気観光スポットの一つ。

ポーリ宮殿の壁と一体になった様式で、中央にはポセイドンの彫刻が据えられている。

後ろ向きになって泉にコインを投げると願いが叶うと言われ、1枚なら再びローマに戻って来られる、2枚なら大切な人と永遠に一緒にいられる、3枚なら恋人や妻・夫と別れることができるとされている。

★トレビの泉から引き続き道を直進し、右手にトンネルがある車道に出たら左に曲がりひたすら直進する。徒歩10分。



⑫スペイン広場

Piazza di Spagna

所要時間:15分 費用:0€

スペイン大使館が近くにあることからその名が付いた広場。

教会へと続く大階段が映画「ローマの休日」で登場したことでとても人気の観光スポットになっている。

映画ではジェラートを食べるシーンがあったが、現在ここでの飲食は禁止されている。

階段の上には16世紀に建てられたトリニタ・デイ・モンティ教会があり、大階段の向かいはグッチやプラダなどがあるショッピング通りになっている。

★引き続きスペイン広場前の通りを直進すると次の広場に出る。徒歩5分。



⑬ポポロ広場

Piazza del Popolo

所要時間:15分 費用:0€

古くからローマの玄関口として使われてきた広場。

中央にはオベリスクが立ち、その背後には17世紀に建てられたサンタ・マリア・イン・モンテサント教会とサンタ・マリア・デイ・ミラーコリ教会の通称「双子教会」や北の玄関口としてレオナルドダヴィンチやミケランジェロなどが通ったポポロ門がある。

広場から上ることができるピンチョの丘からは街並みを眺めることができる。

★ポポロ門から広場を出て横断歩道を渡ると左右に地下鉄への階段があるので下る。



【ゴール】

⑭地下鉄:フラミニオ駅

Flaminio

メトロA線の駅。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA