トゥールーズ観光ルート

トゥールーズ Toulouse

【街の説明】

フランス南西部の大都市。古くから交易点として商業が栄え、現在は特に宇宙・航空事業で有名な都市となっている。建物の壁に赤石が使われていることから「バラ色の町」とも呼ばれている。ガロンヌ川から見る病院の丸屋根の景色が有名。

【オススメ度】

 ★★★★☆

【所要時間】

 10時間

【費用】

 20€

【疲れやすさ】

 ★★★★★

【観光ルート】



【スタート】

①トゥールーズ・マタビオ駅 
Toulouse Matabiau Train Station

★駅前正面の道を進み、大通りを超えた先の分かれ道は右に直進。
徒歩20分



②キャピトル広場
Place du Capitole

所要時間:10分 費用:0€

市庁舎前の広場。レストランや観光案内所などがある観光の拠点として便利な場所。



③キャピトル
Capitolium

所要時間:30分 費用:0€

開館時間:9~19時(日曜のみ10時開館) 休館日:土曜日

市庁舎の中に入ることができる。絶対王政の時代に建てられ、そのバラ色の外観も見ものだが、内部も見学することができる。特に大広間のフレスコ画で描かれた天井画は見もの。

★広場の北側の道(タウール通り Rue du Taur )を直進して徒歩10分



④サン・セルナン・バジリカ聖堂
Basilique Saint-Sernin de Toulouse

所要時間:20分 費用:0€

開館時間:8時半~19時(冬場は18時まで) 休館日:なし

11世紀に建てられたフランス最大のロマネスク建築の教会。1990年に世界遺産に登録された。外観に使われている赤いレンガは内装にも使われ、温かな印象を与える。南側入り口にあるキリストの昇天を描いたミエジュヴィル門は必見。



⑤サン・レイモン博物館
Musée Saint-Raymond

所要時間:1時間 費用:5€

開館時間:10~18時 休館日:月曜日、1/1、5/1、12/31

④のすぐそばにある博物館。トゥールーズの昔の暮らしを知ることができる。地下の採掘場も観ることができる。

★④と⑤のある広場から伸びる エミール・カルタイアック通りRue Emile Cartailhacに入り、真っすぐ徒歩10分



⑥サン・ピエール広場
Place Saint-Pierre

所要時間:15分 費用:0€

ガロンヌ川畔の広場。向こう岸に見える病院と川の組み合わせが美しい景色を生み出している。

川沿いに公衆トイレ有。

★道を引き返し、⑥の広場から伸びる二つの道のうち、来た道ではない右の道に進む (パルガミニエール通りRue Pargaminières)。二つ目の右に折れる道を曲がると右手に次の目的地が見えてくる。徒歩10分



⑦ジャコバン修道院
Couvent des Jacobins

所要時間:20分 費用:0€(教会、礼拝堂のみ。回廊など全体を見る場合は5€)

開館時間:10~18時 休館日:月曜日

ドミニコ修道士会が最初に建てた修道院。「ヤシの木」と呼ばれる柱から天井に伸びる縁が有名。

八角形の鐘楼は南仏の他の教会に多くの影響を与えたとされる。回廊からの景色も美しい。

★⑦の前の通りの続きを進み、突き当りを右折。その先の二つの分かれ道は右、すぐ後の分かれ道は左をまっすぐ進むと川沿いに出るので、左の道に進む。徒歩10分



⑧ノートルダム・ドゥ・ラ・ドゥラード教会 
Église Notre-Dame de la Durade

所要時間:20分 費用:0€

川沿いにある教会。赤レンガが使われていないためシンプルな印象を受けるが、巨大時計の装飾は見もの。

★⑧の前の通りを川沿いに進むと橋がある大きな交差点に出る。ここを渡らずにそのまま左折して直進。二つ目の開けた場所が入り口。徒歩5分



⑨アセザ館
Hotel d’Assézat Fondation Georges Bemberg

所要時間:1時間半 費用:10€

開館時間:10~12時半、13時半~18時(木のみ20時半まで) 休館日:月曜日

ブルジョワの邸宅を使った美術館。豪華なインテリアの中に絵画が飾られており、邸宅を見学しているような気分になる。一方3階には近代アートが多数展示されている。

★ここから道路を渡り、南に進み旧市街へと入る。徒歩5分



⑩ノートルダム・ドゥ・ラ・ダルバード教会 
Église Notre Dame de la Dalbade

所要時間:15分 費用:0€

開館時間:9~18時 休館日:なし

旧市街の中の教会。シンプルな白の内装であるものの、色彩豊かなステンドグラスやヤシの木のような柱が印象的。

★旧市街を散策しながら北西に進む。
来た道から見た教会の側に公共自転車置き場があり、その先のポリネール通り Rue des Polinaires を進む。道を抜けると右手に白いカーブした大きな市場が現れる(トイレあり)。その横をそのまま進むと広い通りに出るので、道を渡って左折。少し進むと古い白石の門があるので、その前のルロワ・バラーニョン通り Croix Baragnon を右折し、そのまま直進する。徒歩15分



⑪サン・テチエンヌ大聖堂
Cathédrale Saint-Étienne

所要時間:20分 費用:0€

開館時間:9~18時 休館日:なし

17もの礼拝堂を抱える巨大な教会。そのスケールに圧倒してしまう。

何度も増築や改築を繰り返してきたので独創的な外観をしている。

赤色の外観とは対照的に白い内装をしている。

★⑪の大聖堂横の広場から大通りに出たら左折してあること徒歩5分



⑫オーギュスタン美術館 ※工事のため閉館中
Musée des Augustins

所要時間:2時間 費用:4€

開館時間:現在閉館中(再開2020年予定)

元々修道院だったところを美術館として利用している。しかしその展示数は4,000点を超える。

建物自体も歴史的に価値があり、教会も内部にある。

回廊には遠吠えをするガーゴイル像が並んでおり、多数の彫刻が展示されている。

絵画も多数展示されており、赤壁に多数の絵画が飾られた部屋はこの美術館の中でも象徴的な部屋である。

★美術館前の大通り沿いを進むと見える地下鉄エスキロル駅Esquirol駅がある広場から北に直進すると②キャピトル広場に戻る。ここから駅まで同じ道を通って戻る(美術館から駅まで徒歩30分)。もしくはエスキロル駅から地下鉄でトゥールーズ駅まで戻る。



【ゴール】

トゥールーズ・マタビオ駅

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA