パリ観光ルート【モンマルトル・オペラ座~マレ地区】

パリ Paris

【街の説明】

言わずと知れたフランスの首都です。他の都市と比べて見どころが圧倒的に多いので3つのコースに分けて紹介します。このルートでは最初にモンマルトルを訪問し、そのあとオペラ座からマレ地区・バスチーユに向かいます。途中にパリのアーケード「パッサージュ」をいくつか通ります。

【オススメ度】

 ★★★★★

【所要時間】

 8時間半

【費用】

 31.80€(ミュージアムパス使用しない場合)

【疲れやすさ】

 ★★★★★

【観光ルート】



【スタート】

①アンヴェール駅

Gare de Anvers

地下鉄②号線にて下車します。

★ルート 所要時間:5分

ステンケルク通り(Rue de Steinkerque)に入る(左白と右ベージュの建物の間の通り)⇒広場に出る⇒左に進みケーブルカー乗り場に行く


②フニキュレール

Funiculaire – Gare Basse

所要時間:15分 費用:1.90€(地下鉄の切符で利用可能)

モンマルトルの丘の上まで登ることができるケーブルカーです。

地下鉄の切符は最初の乗車時から1時間以内は何度も使用していいので、時間内であれば①に来た時に使用した切符を使えばお得です。


③サクレ・クール寺院

Sacré-Cœur

所要時間:1時間 費用:0€(ドームに上る場合は5€)

開館時間:6~22時半 休館日:なし

モンマルトルの丘の上にある寺院です。

1919年に建てられたこの寺院からパリを一望することができます。

有料ではありますが、ドームの上に上ればさらに高い位置からパリを眺めることができます。

しかし300段もの階段を上るため、登りきった時は息を切らしてしまうので注意が必要です。

★ルート 所要時間:5分

サクレ・クールを出て右折⇒突き当りを右折⇒道なりに進むと広場に着きます


④テルトル広場

Place du Tertre

所要時間:15分 費用:0€

モンマルトルの丘の広場で常に人でにぎわっています。

モンマルトルがまだ畑も豊かだった村だった時代に役場があったところです。

にぎわっている理由は多くの画家が似顔絵を描いているからです。

旅の思い出に一枚お願いするのもいいですが、高額請求してくるところもあるので注意が必要です。

★ルート 所要時間:30分

ここから地下鉄を乗り換えてオペラ座に向かいます。
アンヴェール駅に戻る
⇒次の駅のピガール駅(Pigalle):⑫号線モンパルナス(Montparnasse)方面に乗り換え
⇒4駅先のサン・ラザール駅(St-Lazare):③号線ガリエニ(Gallieni)方面に乗り換え
⇒次の駅で降ります


⑤アーヴル・コマルタン駅

Gare d’Havre – Caumartin

ここから次の目的地へと向かいます。

★ルート 所要時間:5分

地下鉄出口:プランタン⇒プランタンを左手に進む⇒ギャラリー・ラファイエットに着きます


⑥ギャラリー・ラファイエット

Galeries Lafayette

所要時間:30分 費用:0€

営業時間:9時半~20時半(日曜日は11~20時) 休館日:基本的になし

プランタンと並ぶパリ二大デパートの一つです。

ギャラリー・ラファイエット自体はフランス各都市にありますが、ここは天井が特徴的です。

現在はガラスの上を歩けるようになっているのでブティックを見ない人でも訪れる価値があります。

最上階にはお土産コーナーもあるのでここで揃えるもの楽です。

クリスマスシーズンには屋外ショーウィンドウが名物です。

★ルート 所要時間:5分

⑧前交差点⇒直進してオペラ座背後に進む⇒オペラ座右隣りの通りを進む


⑦パレ・ガルニエ

Palais Garnier

所要時間:1時間 費用:14€(企画展がない時は12€)

開館時間:10~16時半 休館日:1/1、5/1他

宮殿のような豪華な造りのオペラ座です。

ナポレオン三世の命令によって作られた19世紀の建物で、「オペラ座の怪人」の舞台でもあります。

名前は設計士のシャルル・ガルニエが由来です。

劇場では天井にシャガールの作品「夢の花束」を見ることができます。

グランド・ホワイエはシャンデリアがきらめき、宮殿そのものです。

休館日は例外的な時が多いため以下のサイトよりご確認ください。

【オペラ座ホームページ】
https://www.operadeparis.fr/visites/palais-garnier/informations-pratiques


★ルート 所要時間:10分

オペラ座正面⇒広場内の銀行BNP Pariba左隣の通り(9月4日通り:Rue du 4 septembre)⇒右手に地下鉄の階段が現れる⇒階段の左側の通りを進む⇒突き当り正面の建物が次の目的地です


⑧パッサージュ・ショワスウル

Passage Choiseul

所要時間:15分 費用:0€

パッサージュと呼ばれるアーケード街です。

もともと抜け道として使われていたが店が設けられるようになり、この界隈に特に多く残っています。

パリらしいオシャレな景色に出合うことができます。

★ルート 所要時間:5分

パッサージュ出口を左折⇒3つ交差点を超える⇒左手に次のパッサージュの入口があります


⑨ギャルリー・ヴィエンヌ

Galerie Vivienne

所要時間:15分 費用:0€

二つ目のパッサージュは床に模様もあり明るい雰囲気を感じられます。

入口も先ほどの物よりも派手なので分かりやすいです。

本屋やカフェなどのんびり見ながら歩くと楽しいです。

パッサージュについてはこちらで特集しています。


★ルート 所要時間:5分

パッサージュ出口を左折⇒突き当りを左折⇒右手にアーケードがあるので通り抜けると庭園に出ます


⑩パレ・ロワイヤル庭園

Jardin du Palais Royal

所要時間:20分 費用:0€

開館時間:8~20時半 休館日:なし

都会のど真ん中にある宮殿に囲まれた庭園です。

周囲のアーケードにはブティックやレストランが並び、建物自体は文科省などが入っているため見学はできません。

太陽王ルイ14世が住んでいたことからこの宮殿の名が付きました。

庭園には白黒のストライプのオブジェが並ぶ場所もあり現代アートを見ることができます。

★ルート 所要時間:10分

出口を左折⇒すぐ左折⇒建物の間を右折⇒突き当り正面のカフェの左隣に次のパッサージュがあります


⑪ギャルリー・ヴェロ・ ドーダ

Galerie Véro-Dodat

所要時間:10分 費用:0€

今回訪れる最後のパッサージュです。

足元が白黒のシックなものになっており、楽器やアートなど芸術関連のアトリエをのぞくことができます。

★ルート 所要時間:15分

出口を右折⇒突き当りを左折⇒しばらく直進⇒突き当りの広場で左前方のベルジェ通り(Rue Berger)を進む⇒左前に工場のような建物が見えてきます


⑫ポンピドゥーセンター

Centre Pompidou

所要時間:1時間半 費用:14€(ミュージアムパス使用可)

開館時間:11~21時 休館日:火曜日、5/1

パリの街並みに突如現れる奇抜な外観の多目的施設です。

芸術が好きだったフランス大統領の名前から取っています。

中には映画館や図書館などがありますが、見どころは国立現代美術館です。

ピカソを始め有名なアーティストの作品を数多く見ることができます。

所蔵作品数があまりにも多いことから年に数回展示品を入れ替えているため、見る時期によって出会える作品が異なります。

屋上からのオススメで、パノラマのみの見学の場合は5€で見ることができます。

【パリ・ミュージアム・パス】
パリおよび近郊の観光スポットの入場券が込みになったパスです。空港や主要美術館の窓口にて購入することができます。滞在期間によって値段が変わるので自分の日数に合ったものを購入するのがオススメです。ヴェルサイユ宮殿やルーブル美術館なども待たずに入場できるので初日に購入がオススメです。

詳しくは以下の公式サイトよりご確認ください(日本語あり)
http://www.parismuseumpass-japon.com/


★ルート 所要時間:10分

ポンピドゥーセンター横のサン・メリ通り(Rue Saint-Merri)を直進⇒突き当りを左折⇒すぐ右折で歩行者専用道路に入ります


⑬ロジエ通り  

Rue des Rosiers

所要時間:20分 費用:0€

18世紀の建物が残るマレ地区の中でも有名な通りです。

ユダヤ系が住むエリアとしても有名でユダヤ料理のレストランも数多く並ぶ観光スポットです。

パリの中でも一味違った雰囲気を楽しむことができます。

★ルート 所要時間:10分

ロジエ通り出口を左折⇒次の交差点を右折⇒公園に着きます


⑭ヴォージュ広場

Place des Vosges

所要時間:15分 費用:0€

マレ地区の中にある大きな公園です。

赤いレンガの壁に青い屋根の建物に囲まれており、かつては貴族たちの社交場としても利用されていました。

★ルート 所要時間:5分

引き続き同じ道を進む⇒大通りで右折⇒ロータリーに着きます


⑮バスチーユ広場

Place de la Bastille

所要時間:20分 費用:0€

フランス革命の発端となった「バスチーユ襲撃事件」が起きた場所です。

広場の中央には黄金の像が頂上に立つ7月革命記念柱があり、周りには新オペラ座と呼ばれるオペラ・バスチーユやサンマルタン運河があります。

★この広場にある地下鉄に乗って滞在先へ帰ります



【ゴール】

バスチーユ駅

Gare de Bastille

地下鉄①⑤⑧号線の駅です。


パリ周辺のエリア情報はこちらをチェック!!



旅行のお役立ち情報はこちらをチェック!!


コメント