ビアリッツ観光ルート

ビアリッツ Biarritz

【町の説明】

大西洋岸屈指のリゾート地。19世紀から貴族たちの保養地として使われており、カジノやブティックなどが並ぶ。特に夏場の海水浴場は多くの人で賑わう。海岸沿いには上陸できる岩場が行くつもあり、特に聖母マリアが祀られた処女の岩が有名。

【オススメ度】

 ★★★★☆

【所要時間】

 5時間

【費用】

 17€

【疲れやすさ】

 ★★★★☆

【観光ルート】



【スタート】

★バイヨンヌからバスで行く方法
橋を越えた中心地手前の劇場があるバスク広場Place des Basquesバス停から8、A1、A2号線のいずれかに乗っておよそ30分。片道1€。本数で考えるとこちらが多い。

★ビアリッツ駅から行く方法
駅前のバス停から8号線に乗っておよそ15分。片道1€。

※バスの路線図は以下より確認。
https://tim.chronoplus.eu/tim/data/pdf/468_PLAN-CHRONOPLUS-ETE-2019_INTERNET.pdf

①バス停市庁舎前

Mairie de Biarritz

ここでバスを降りる。A1、A2号線は終点。

★バス停を少し進むと右手に駐車場とピンク色の館のような建物が見えてくる。



②観光案内所

所要時間:5分 費用:0€

ここで地図などを手に入れよう。

★観光案内所の通りの先の下り坂を下り、左手前の道に進む。しばらく街の雰囲気を楽しみながら道なりに進むと右手に並木道が見えてくるのでその中を進む。そこからさらに道なりに沿って進む。分かれ道が出たら右に進む。最終的に海を臨む場所に出るので右手の分かれ道の左を進むと右手に見えてくる。全体で徒歩20分。



③海洋博物館

Le Musée de la mer

所要時間:1時間 費用:15€

開館時間:9時半~19時(7~8月は22時まで)
休館日:12/25

1935年に創設された海に面する水族館。

アールデコ様式を取り入れた外観の水族館には色とりどりの熱帯魚やウミガメ、アシカなどを見ることができる。

特定の時間にはサメの食事ショーなどを見ることができる。

★水族館の正面の広場の先にある橋を渡る。徒歩5分。



④処女の岩

Rocher de la Vierge

所要時間:15分 費用:0€

ビアリッツを象徴する観光スポット。元々ナポレオン三世が穴を開けた岩場の上に聖母マリア像が置かれている。

このマリア像はバイヨンヌで開催されたフランス-スペイン博覧会で購入されたものである。

波がある日は目の前にまで波が打ち上げられて迫力がある。

★再び道に戻り先に進む。トンネルに進むか、景色を楽しみたいならば左手の階段から上に登って行くこともできる。いずれの道もその先で合流する。トンネルの先は車道に沿って進むと前方に教会が見えてくる。徒歩15分。



⑤サン・ウジェニー教会

Église Sainte-Eugénie

所要時間:15分 費用:0€

開館時間:9~19時 休館日:なし

20世紀に完成したネオ・ゴシック建築の教会。

装飾がとても細かく、藍色を取り入れたバージンロード、祭壇と礼拝堂を結ぶ階段など特徴的な部分が多い。

祭壇前で上を見上げると船の模型が吊るされており海沿いの教会らしさを感じる。

★教会前の道をそのまま道沿いに進むこと徒歩5分。



⑥グランド・プラージュ

La Grande Plage

所要時間:20分 費用:0€

白砂の美しい砂浜。夏には多くの人が海水浴で楽しむ。

海辺にはレストランなども並んでおり歩くだけでも楽しめる。

★砂浜に沿ってしばらく進むこと徒歩10分。



⑦オテル・ドゥ・パレ(外観のみ)

Hôtel du Palais

所要時間:5分 費用:0€

グランド・プラージュ上にある5つ星ホテル。

ナポレオン3世の妃ウージェニーの別荘として建てられただけあってとても豪華。

★ホテルの手前の道から内陸へと上がり、ホテルの入口がある通りを左に進むと右手に見えてくる。徒歩10分。



⑧正教会

Eglise Orthodoxe

所要時間:15分 費用:0€

開館時間:15時半~18時 休館日:なし

ギリシャ正教、もしくは東方正教会と呼ばれる教会。

ドーム状の屋根が特徴的で、内側から見ると青空のようになっている。

2階建てになっておりいずれも多くの宗教画が飾られた部屋となっている。

★正教会の前の上り坂をそのまま進み、左手に草木が見えたらその中を進む。この手前の道で帰りのバス停があるのでチェックしておくと良い。徒歩20分。



⑨ビアリッツ灯台

Phare de Biarritz

所要時間:15分 費用:0€

開館時間:14~17時(7~8月は10時半~13時/14~19時)
休館日:なし

1834年に建てられた灯台。

248段の階段を上ると高さ73メートルの高さから海とビーチを眺めることができる。

灯台に上れなくても岬からの景色、特に夕焼けは美しい。

★来た道を引き返して道の途中にあったバス停に向かう。



⑩バス停ヘジナ

Régina

これでバス10番線に乗ってビアリッツ駅まで戻る。

もしくは、バス停ビアリッツ市庁舎-エドウアード7Mairie de Biarritz – Edouard 7で降りて観光案内所の側にあるA1、A2、8号線のバスからバイヨンヌに戻る。

【ゴール】

ビアリッツ駅/バイヨンヌ・バスク広場

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA