フージェール観光ルート

フージェール Fougères

【町の説明】

フージェールはかつてブルターニュ公国の国境付近にあった町です。敵の侵入から町を守るために11世紀に建てられた城はいくつもの戦争によって破壊されてしまい、現在では13の塔と城壁が残されています。城から坂を上る途中に振り替えると城の全体がとてもよく見えます。坂の上の町は小さいながらも鐘楼や見晴らしのいい教会があります。

【オススメ度】

 ★★★★☆

【所要時間】

 4時間(バスでの移動時間である往復2時間を除く)

【費用】

 28.70€(往復のバス代13.20€込み)

【疲れやすさ】

 ★★★★☆

【観光ルート】



【スタート】

アクセス

フージェールへはレンヌ駅前のバスターミナルからバスに乗って向かいます。

乗るバスは9a号線でレンヌ駅が始発となるので、帰りは終点となります。

切符はバスターミナルの窓口かバスの運転手から購入します(片道7.50€)。

【平日に行く場合】

〇午前発

出発到着
レンヌフージェール城
8:309:33
フージェール城レンヌ
14:3915:45
※13:39、15:39発もあり


〇午後発

出発到着
レンヌフージェール城
11:3012:33
フージェール城レンヌ
17:0518:15
※それぞれ前後1時間ずらせます


【土曜日に行く場合】

〇午前発

出発到着
レンヌフージェール城
8:409:37
フージェール城レンヌ
14:1715:20


〇午後発

出発到着
レンヌフージェール城
12:4013:41
フージェール城レンヌ
18:2319:20


【日曜日、祝日に行く場合】

〇午後発のみ

出発到着
レンヌフージェール城
10:4011:42
フージェール城レンヌ
16:1917:20

詳しくはバスのタイムスケジュールを確認してください。

★バスに揺られることおよそ1時間、右手にお城が見えてきたところでバスを降ります。


①バス停:フージェール城前

Château

ここでバスを降ります。

万が一降り損なっても次のバス停で降りれば坂の上の町に行けるので、その場合は④からスタートします。

②フージェール城

Château de Fougères

所要時間:1時間半 費用:8.50€

開館時間:10~19時(10~4月は10~12時半/14~17時半)
休館日:月曜日(但し7~9月は無休)

16世紀にフランスと併合するまで国境を守ってきた要塞です。

長い年月の間守ってきたためのお城そのものは残っておらず、13の塔と城壁だけが残されています。

そのため場内では塔や城壁に上ることが主な見学となりますが、それぞれの塔からの眺めはこの城の違った姿を見せてくれるので楽しいです。

★ルート 所要時間:5分

お城を出て直進⇒坂の途中右手に公園が見えてきます


③公園

Jardin Publique

所要時間:15分 費用:0€

坂の途中にある公園です。

のんびりと休憩するのもいいですが、残されている城壁に上って先ほどのフージェール城を見ると全体がとてもよく見えるます。

★ルート 所要時間:15分

坂を上りきる⇒広場を右折⇒広場内に観光案内所があります


④観光案内所

所要時間:5分 費用:0€

ここで地図などを手に入れましょう。

★ルート 所要時間:5分

観光案内所の前の通りを進む⇒右手に現れる広場に鐘楼があります


⑤鐘楼(外観のみ)

Beffroi

所要時間:5分 費用:0€

600年以上この町で時を知らせ続けている鐘楼です。

現存するものの中ではブルターニュ地方で一番古いものです。

八角形の青屋根にガーゴイルの装飾が施されているのが特徴です。

★ルート 所要時間:5分

引き続き通りを進む⇒左手に博物館が見えてきます


⑥時計博物館

Atelier-Musée de l’Horlogerie

所要時間:30分 費用:5€

開館時間:9~12時/14~19時 
休館日:日、月曜日(7、8月は午後のみ開館)

時計屋さんの奥にある小さな博物館です。

ペンデュラムから振り子など様々な種類の時計を見ることができます。

アトリエでは職人が時計を制作している様子も見ることができるときもあります。

★ルート 所要時間:5分

引き続き通りを進む⇒左手に美術館が見えてきます


⑦エマニュエル・ドゥ・ラ・ヴィレオン美術館

Musée Emmanuel-de-la-Villéon

所要時間:40分 費用:2€

開館時間:学生バカンス時の14~19時 休館日:平常時、月曜日

この町で生まれ育った画家エマニュエル・ドゥ・ラ・ヴィレオンの作品が展示されている美術館です。

見学できる日がかなり限られているので注意が必要です。

情景に移る一瞬の光を捕らえる印象派の中でも特に彼は光の中にある影の部分に着目していたのが特徴とされています。

★ルート 所要時間:数分

引き続き通りを進む⇒突き当り右手に教会が見えてきます


⑧サン・レオナード教会

Église Saint-Léonard

所要時間:15分 費用:0€

開館時間:10~18時 休館日:なし

12世紀に建てられたゴシック様式の教会です。

その後も改築を15~16世紀など何度か行われる中で異なる建築様式の鐘楼が隣に建てられました。

内装はシンプルながらステンドグラスは色合いが豊かです。

そのうちのいくつかのステンドグラスは12世紀に造られたもので、ブルターニュ地方でも古い部類にあたります。

鐘楼は2€で上ることができますが、②のフージェール城のチケットがあれば無料で上ることができます。

★ルート 所要時間:数分

教会を出て左折⇒教会横の小道から公園に入ります


⑨公園

Jardin Public

所要時間:20分 費用:0€

教会の裏手にある公園で、高台にあるので景色がとてもよく見えます。

この公園を下りながら最初のお城に戻っていきます。

★ルート 所要時間:10分

公園を出て右手の橋を渡る⇒橋を渡り右折⇒分かれ道を左⇒左手に教会が見えてきます


⑩サン・シュルピス教会

Église Saint-Sulpice de Fougères

所要時間:15分 費用:0€

開館時間:10~18時 休館日:なし

11世紀に建てられたゴシック様式の教会です。

小規模ながら内装は床から壁、天井に至るまで彩りが豊かで豪華さを感じられます。

★ルート 所要時間:10分

教会を出てフージェール城の外周を周る⇒バス停に戻ります



【ゴール】

バス停:フージェール城前

ここからバスでレンヌ駅まで戻ります。

ホテルを取るならどこ?

フージェールのホテルは少ないのでレンヌに宿泊して日帰りで訪問するのがオススメです。

【ホテル予約はこちらから】

エクスペディア

Hotels.com

【電車・バス検索予約はこちらから】

Omio:ヨーロッパ交通予約サイト



フージェール周辺のエリア情報はこちらをチェック!!


旅行のお役立ち情報はこちらをチェック!!


コメント