プロヴァンス地方の紹介


地方の紹介

南仏にあたるプロヴァンス地方は地中海に面したマルセイユなどがありフランス人のバカンスで人気の地方です。

内陸部にもアヴィニョンやエクス・アン・プロヴァンス、アルルなど歴史や芸術を感じることができる都市が多いのも特徴です。

プロヴァンス地方の都市


①マルセイユ Marseille

地中海の玄関口としても知られるマルセイユはフランス有数の都市です。

港町のため魚料理を食べることができ中でもブイヤベースは有名です。

丘の上の教会、入り組んだ素朴な景色の旧市街と見どころ満載です。


②レ・ズィル / イフ島 Les Îles / Île d’If

マルセイユからフェリーで行くことができるいくつもの島。

この地方特有の入り江であるカランクを見ることができます。

イフ島は小説に登場した場所であることから人気の観光地です。


③エクス・アン・プロヴァンス Aix-en-Provence

噴水がいくつも街中にあるのが特徴です。

画家のセザンヌの出身地としても有名で彼の作品をいくつか見ることができます。

カリソンと呼ばれるひし形のお菓子が有名です。


④リル・シュル・ラ・ソルグ L’Isle-sur-la-Sorgue

街一帯を川で囲まれており、いくつもの水車を見ることができます。

また、骨董市が有名な街であり週末になるとたくさんの人がお宝を探しにやってきます。


⑤アヴィニョン Avignon

教皇庁が置かれたことから歴史的にも深い意味を持つ街です。

街全体が石造りのため中世の雰囲気を感じることができます。

半分に欠けた橋が今なお残されており童謡にもなったことから観光スポットとしても人気です。


⑥ヴィルヌーブ・レザヴィニョン Villeneuve-Lès-Avignon

アヴィニョンからローヌ川を渡った先にある町です。

高台の上には要塞が残っており、城壁の上から見る景色は素晴らしいです。


⑦アルル Arles

ゴッホが愛したローヌ川沿いの町。

彼の作品の舞台となった場所が今なお残されています。

また、古代ローマ時代の闘技場や劇場などが町中に残されており歴史を感じることができます。


プロヴァンス地方の名物

地中海に面したプロヴァンス地方はブイヤベースやカランクと呼ばれる入り江など海に関した名物がいくつもあります。

内陸部にも古代ローマの遺跡が残り、歴史的に見どころが多のも特徴です。


滞在するならどこがいい?

プロヴァンス地方を旅行に行くならばいくつかの都市を拠点にして日帰りで他の都市に行くのがオススメです。

特にマルセイユやアヴィニョンは駅と中心街にホテルが多く、他の都市にアクセスもしやすいのでオススメです。

【ホテル予約はこちらから】

エクスペディア

Hotels.com

【電車・バス検索予約はこちらから】

Omio:ヨーロッパ交通予約サイト


旅行情報はこちらもチェック!!


その他のフランス情報はこちらから!!


コメント