⑩冠詞とIl y a と動詞prendre

こんにちは(^O^)

今回は冠詞について解説します。

英語以上にバリエーションもあり、複雑なところですが一緒に頑張りましょう。

他にも覚えて便利な表現Il y aについても解説します。

また、頻出動詞のprendreの活用も覚えましょう。

今回学ぶこと

冠詞
Il y a
動詞prendre


まずはブログから見て行きます。



ブログ

前回赤ペンがなくなってしまったので放課後にクラスメイトとスーパーに来ました。

私は赤ペンが欲しいですが、クラスメイトは果物を買いたいようです。

まずは私の用事から済ませることにしました。

私「Excusez- moi. Vous avez des stylos rouges ?(すみません。赤ペンはありますか)」

店員「Oui, il y a 3 stylos rouges.(はい、赤ペンが3本あります。)」

私「D’accord. Un stylo, s’il vous plaît.(分かりました。1本ください。)」

店員「Le stylo est 2 euros.(このペンは2ユーロです。)」

私「Voilà.(どうぞ)」

店員「Merci beaucoup.(ありがとうございました。)」

私の買い物が終わったのでクラスメイトが果物売り場に行きました。

友達「Il y a des pommes?(リンゴはありますか?)」

店員「Oui, il y a beaucoup de pommes.(はい、たくさんあります。)」

友達「Elle est combien ?(リンゴはいくらですか?)」

店員「Une pomme coûte un euro.(リンゴ1個1ユーロです。)」

友達「D’accord. Je prends deux pommes. (分かりました。リンゴを2個ください。)」

店員「Les pommes coûtent deux euros.(これらのリンゴは2ユーロです。)」

友達「Voilà.(どうぞ。)」

店員「Merci, au revoir.(ありがとうございました。さようなら。)」

友達「Merci, au revoir.(ありがとうございました。さようなら。)」

お互いに欲しかったものが無事に買えて大満足の放課後になりました。



解説

【Excusez-moi.】

意味:すみません

読み:エクスキュゼ・モワ

英語のExcuse me.です。

形もかなり似ていますね。

二つを見比べてme=moiということが分かりますね。

何かを願いするときの第一声として使いましょう。

【Vous avez des stylos rouges ?】

意味:赤ペンはありますか?

Vous「あなたは」

avez 動詞avoirの vousが主語の時の活用

styloペンrougeの意味でした。

ここまではこれまで習ってきた範囲です。

今回新たに出てきたのがdes(デ)です。

これは冠詞の一つです。

ここで今回のテーマである冠詞について説明します。

まず冠詞は英語のaやtheのように名詞の前に置くものです。

そして冠詞には定冠詞不定冠詞の二種類があります。

定冠詞「その」と訳すことができる冠詞で、英語のtheにあたります。

不定冠詞「とある、ひとりの」などと置き換えることができる冠詞で、英語のaにあたります。

話の中で登場する場合、

  • 昔あるところに一人の男がいました。「とある」男性ということなので不定冠詞です。
  • その男性はとても背が大きいと村でも有名でした。「その」と使っているので定冠詞です。

つまり、話の流れで初登場のもの不定冠詞、二回目以降は話し手と聞き手が同一のものと認識しているので定冠詞となります。

他にも「私はチョコレート好きだ」と言う場合、どんなチョコでもいい、チョコと言うものが好きなのだ、という「俗に言うチョコレートが好きなんだ」と言う場合もお互い世間一般のチョコレートをイメージするので定冠詞になります。

ここで「私はあるチョコレートに最近はまっている」と言う場合、聞き手にとっては初登場のものなので先ほどの作り話のように初登場なので一回目は不定冠詞、二回目以降は定冠詞となります。

ややこしい説明ですが、話してだけでなく聞き手もちゃんと認識しているかがポイントだと思ってください。

これは英語でもフランス語で同じことです。

この考え方はフランス語も同じと言いましたが、フランス語の冠詞は何通りかあります。

それは名詞に性別があるからです。

まず定冠詞

男性名詞 Le  ル
女性名詞   La  ラ
複数         Les  レ

の3通りあります。

例を挙げると

男性名詞  Le chocolat
女性名詞  La pomme
複数       Les chocolats    Les pommes

のようになります。

複数形の場合は男性名詞も女性名詞もLesを使います。

また母音もしくはhで始まる単語はこのようになります。

男性名詞  L’hôtel             (ロテル/意味:ホテル)
女性名詞  L’école             (レコール/意味:学校)
複数       Les hôtels       (レゾテル)
     Les écoles  (レゼコール)

単数の場合はL’の短縮形になり、複数の場合は読み方においてLesのsの部分が次の単語の音とつながります

続いては不定冠詞です。

男性名詞  Un    アン
女性名詞  Une  ユヌ
複数       Des  デ

男性名詞の不定冠詞は数字の1と同じですが、実はあれは名詞につく場合は男性名詞につくことになります。



先ほど同様に例を見ると

男性名詞  Un chocolat
女性名詞  Une pomme
複数      Des chocolats   Des pommes



母音やhで始まる単語は以下の通りです。

男性名詞 Un hôtel   (アン・ノテル)
女性名詞  Une école         (ユヌ・エコール)
複数       Des hôtel          (デ・ゾテル)
   Des écoles   (デ・ゼコール)

複数形のDesのときはsが次の単語の最初の音とつながります

【LesとDesの違い】

今説明したようにLesは定冠詞の複数形Desは不定冠詞の複数形だと分かりました。

と言ってもこれらがどんなシチュエーションで使われるかピンときません。

定冠詞は話し手も聞き手もこれだと認識しているもの、不定冠詞は初登場でどれだとは定まっていないものだと説明ました。


これを元に考えると、

今果物屋さんでリンゴが山ほど売っています。

当然その数はパッと見て分かりません。

つまり複数あるけど、いくつかは分からないので不定冠詞になります。


その後にリンゴを二つ手に取ってレジに持っていって店員さんに見せれば、お互いに二個のリンゴだと認識できます。

そうなると「それらの」リンゴと言えばお互いにこの二個のことだと認識できるので定冠詞になります。


ここで今回の文Vous avez des stylos rouges ?に戻ると、赤ペンを買いに来た「私」はいくつ赤ペンが売られているのか知りません

けれど、何となく何本かは売っているだろうと思っているので不定冠詞の複数形のdesを使っているのです。

まずは冠詞には定冠詞と不定冠詞があり、さらに男性名詞、女性名詞、複数があるということを覚えましょう。


Vous avez des stylos rouges ? は ヴ・ザヴェ・デ・スチロ・フージュ? と読みます。



今回の山場はこれで越えました。

この先の会話はこの定冠詞と不定冠詞を意識して書かれているので、どういうニュアンスで使われているのか一緒に見て行きましょう。



店員「Oui, il y a 3 stylos rouges.(はい、赤ペンが3本あります。)」

ここでは店員さんが具体的に3本赤ペンがあると答えています。


私「D’accord. Un stylo, s’il vous plaît.(分かりました。1本ください。)」

そして「私」はそのうち1本くださいと言っています。


店員「Le stylo est 2 euros.(このペンは2ユーロです。)」

ここで定冠詞のLeが出てきました。

お互いに具体的な1本の赤ペンを認識しているので定冠詞が使われています。

このように会話が進む中で不定冠詞は定冠詞へと変わっていきます

【Il y a des pommes?】

意味:リンゴはありますか?


今度は友達がリンゴを買うシーンです。

Il y a「~がある」という英語のThere is / There areの役割がある表現です。

英語はその後に続くものが単数か複数化でisかareが変わってきましたが、フランス語のIl y aはこの形一つです。

読み方は イリア です。

かなり便利なのでここでしっかり覚えましょう。


des pommes リンゴの意味の単語です。

女性名詞でLa pomme(ラ・ポム)がベースです。

このシーンでは先ほどの赤ペンがあるのか聞いたときと同じように「具体的にいくつあるかは問題としておらず、とりあえず複数ある」というニュアンスを伝えるために不定冠詞のdesを使っています。


Il y a des pommes? は イリア・デ・ポム? と読みます。

【Il y a beaucoup de pommes.】

意味:たくさんあります。


ここでは敢えて先ほどの文章に寄せていますが、ここで違うのは「たくさんの」と呼ばれる表現になっていることです。

それがbeaucoup deの部分です。

読み方は ボク・ドゥ です。


Merci beaucoup のところですでに出てきましたが、もとの意味はこの「たくさんの」という意味です。

beaucoup de + 複数形 にすることで「たくさんの~」と表現できます。


Il y a beaucoup de pommes. は イリア・ボク・ドゥ・ポム と読みます。

【Elle est combien ?】

意味:リンゴはいくらですか?


いくらですか?は以前登場しましたね。

今回は女性名詞のリンゴが主語になっているのでElleを使っています。


Elle est combien ? は エレ・コンビヤン? と読みます。

【Une pomme coûte un euro.】

意味:リンゴ1個1ユーロです。


リンゴの値段を説明しています。

これまではUne pomme est un euro.と書いていたところですが、er動詞のcoûter(読み:クテー)「~の値段がする、~の価値がある」という意味なのでモノの値段を説明するときにも使えます。

今回はリンゴ1個当たりの値段を説明しているのでUneを使っています。


Une pomme coûte un euro. は ユヌ・ポム・クトゥ・アン・ヌホ と読みます。

【D’accord. Je prends deux pommes.】

意味:分かりました。リンゴを2個ください。


D’accordは以前紹介したようにOKの意味で相手の言葉に同意したときに用います。


ここで今回のテーマになっている動詞prendre(読み:ポンドフ)の登場です。

この動詞は英語のtakeにあたる言葉で、「~を取る」という意味があります。

今回はリンゴを買うというニュアンスで手に取るイメージです。

実際にはそれをベースにもっといろいろな意味がありますが、まずは基本を覚えましょう。



動詞prendreの活用

Je prends                 ジュ・ポーン
Tu          prends                 チュ・ポーン
Il            prend                   イル・ポーン
Elle        prend                   エル・ポーン
Nous     prenons               ヌ・プフノン
Vous      prenez                 ヴ・プヘネ
Ils          prennent             イル・プヘンヌ
Elles      prennent             エル・プヘンヌ

カタカナにするとこういった読みになりますが、子音の後に付くrはカタカナでは表記できない難しさがあります。

France(意味:フランス)も子音の後にrが付いていて同じような音の出し方をしているので動画や音声などを参考にしてみてください。


活用のパターンも今までとは全く異なります。

prendreの原形を受け継ぎつつも、主語によってかなり差が出ています。

これもひたすら暗記するしかありませんが、このprendreをベースにした単語も多数あるので、この活用を知っているとそれらの単語の活用も同じパターンなので先々楽になります。


D’accord. Je prends deux pommes.  は ダコー、ジュ・ポーン・ドゥ・ポム と読みます。

【Les pommes coûtent deux euros.】

意味:これらのリンゴは2ユーロです。


ここでのポイントは「2個のリンゴ」定冠詞の複数形のLes pommesで表現していることです。

Les pommesを直訳した「これらのリンゴ」はこの場面では「2個のリンゴ」だとお互い分かっているので使えます。

coûtentはcoûterの主語が複数形の時の活用です。


Les pommes coûtent deux euros. は レ・ポム・クトゥ・ドゥ・ズホ と読みます。

これ以降の会話ははすでに学んだ表現のみのため説明は省きます。

おさらい

それでは今回のおさらいです。

私「Excusez- moi. Vous avez des stylos rouges ?
(エクスキュゼ・モワ、ヴ・ザヴェ・デ・スチロ・フージュ?)」

店員「Oui, il y a 3 stylos rouges.(ウィ、イリア・トホワ・スチロ・フージュ)」

私「D’accord. Un stylo, s’il vous plaît.(ダコー、アン・スチロ・シルブプレ)」

店員「Le stylo est 2 euros.(ル・スチロ・エ・ドゥ・ズホ)」

私「Voilà.(ボワラ)」

店員「Merci beaucoup.(メフシー・ボク)」



私の買い物が終わったのでクラスメイトが果物売り場に行きました。

友達「Il y a des pommes?(イリア・デ・ポム?)」

店員「Oui, il y a beaucoup de pommes.(ウィ、イリア・ボク・ドゥ・ポム)」

友達「Elle est combien ?(エレ・コンビヤン?)」

店員「Une pomme coûte un euro.(ユヌ・ポム・クトゥ・アン・ヌホ)」

友達「D’accord. Je prends deux pommes. (ダコー、ジュ・ポーン・ドゥ・ポム)」

店員「Les pommes coûtent deux euros.(レ・ポム・クトゥ・ドゥ・ズホ)」

友達「Voilà.(ボワラ)」

店員「Merci, au revoir.(メフシー、オフボワー)」

友達「Merci, au revoir.(メフシー、オフボワー)」



定冠詞

男性名詞 Le ル
女性名詞  La ラ
複数          Les  レ



不定冠詞

男性名詞  Un   アン
女性名詞  Une ユヌ
複数       Des  デ


Il y a ~   意味:~がある



動詞 prendreの活用

Je           prends                 ジュ・ポーン
Tu        prends                 チュ・ポーン
Il            prend                   イル・ポーン
Elle        prend                   エル・ポーン
Nous     prenons               ヌ・プフノン
Vous      prenez                 ヴ・プヘネ
Ils          prennent              イル・プヘンヌ
Elles      prennent              エル・プヘンヌ


まとめ

今回も学ぶことが盛りだくさんでした。

特に冠詞はイメージをつかみにくいところなので何度も読み返して自分の中でイメージができるようになりましょう。

それでは(^^)/~~~

今回学んだこと

冠詞
Il y a
動詞prendre

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA