⑭前置詞deと形式主語のIl、近接未来

こんにちは(^O^)

今回は前置詞de形式主語のIlについて解説します。

加えて近い未来を表現する方法もすでに学んだ単語で表現する方法を説明します。

今回学ぶこと

前置詞deの使い方
形式主語のIl
-yerで終わるer動詞の活用
近接未来



まずはブログをご覧ください。



ブログ

今日は街中にある美術館に来ました。

フランスと言えばアートということで一度は来てみたかったのです。

日本で美術館に行ったことはないのでこれが美術館デビューです。

まずはチケットの購入です。

私「Bonjour, un ticket, s’il vous plaît.(こんにちは。チケット1枚ください。)」

窓口「Vous êtes étudiante ?(あなたは学生ですか?)」

私「Oui, c’est ma carte d’étudiant.(はい、これが私の学生証です。)」

窓口「D’accord. Donc, c’est le tarif étudiant.(分かりました。だから、学生料金です。)

C’est 14 euros.(14ユーロです。)」

私「Est-ce qu’il est possible de payer avec la carte bancaire ?(クレジットカードで支払えますか?)」

窓口「Non, il faut payer en argent.(いいえ、現金で支払わなければいけません。)」

私「D’accord. Voilà.(分かりました。どうぞ。)」

窓口「Merci. Vous venez d’où ?(ありがとうございます。どちらから来ましたか。)」

私「Je viens du Japon.(日本から来ました。)」

窓口「Merci. L’atelier d’art va commencer à 15 heures.(芸術のワークショップは15時始まります。)」

私「D’accord. Merci beaucoup.(分かりました。ありがとうございます。)」

窓口「Bonne visite.(良い訪問を。)」



無事チケットも買えたので見学開始です。

初めての美術館はかなり新鮮で刺激的でした。

いつもとは違う世界に踏み込んだ感じがして楽しかったです。

フランスでは毎月第一日曜日は無料で見学できるようなので、今度はそのときも利用したいと思います。


解説

【C’est ma carte d’étudiant.】

意味:これが私の学生証です。

カードはフランス語でla carte(ラ・キャフトゥ)と言います。

今回は「私の」と言うためmaが使われています。

La carte d’étudiant 学生証です。

「~の」の意味のdeが母音の前に置かれているのでd’の短縮形になっています。

La carte d’identité(ラ・キャフトゥ・ディドンティテ)身分証になります。



C’est ma carte d’étudiant. は セ・マ・キャフトゥ・デチュディオン と読みます。

【C’est le tarif étudiant.】

意味:学生料金です。

料金、特に入場料や運賃le tarif(ル・タリフ)です。

フランスでは学生料金を利用できる場所が多く、中には無料で入れるところもあります。

現地の語学学校に通うならばそこの学生証の発行を、日本から大学生の時に行くときは国際学生証を用意して行くとお得に観光できます。

【Est-ce qu’il est possible de payer avec la carte bancaire ?】

意味:クレジットカードで支払えますか?

まずEst-ce que(エスク)はこれから疑問文を使いますよと言う合図でした。

今回は主語がilのためqueは短縮してqu’ilとなっています。

Il est possible は英語のIt is possibleと同じで「~できる」という表現です。

これまでIlは「彼は」の意味で学んできましたが、今回のように主語自体が具体的に何も示していない形式主語としての役割もあります。

そして

It est possible de payer avec la carte bancaire ?

It is possible to pay with the bank card ?

を見比べると分かるように

Il est possible de + 動詞の原形で「~することができる」という表現になります。

さきほどdeは英語のofにあたる「~の」とかきましたが、

de + 動詞の原形の場合は「~すること」という英語のto + 動詞の原形の使い方と同じになります。

これを使うことによってpouvoir + 動詞の原形の代用が可能になります。

「支払う」payer(ペイエー)を使います。

これもer動詞ではありますが、yerで終わる場合は活用が少し変わります。

Je           paie                     ジュ・ペイ
Tu          paies                    チュ・ペイ
Il            paie                     イル・ペイ
Elle        paie                     エル・ペイ
Nous     payons                 ヌ・ペイヨン
Vous      payez                   ヴ・ペイエ
Ils          paient                  イル・ペイ
Elles      paient                  エル・ペイ

これと同じような活用になるものとして他にenvoyer(送る:オンヴォワイエー)などがあります。

la carte bancaire(ラ・キャフトゥ・ボンケーフ)「銀行の」という意味のbancaireが付いたいわゆる銀行のカードです。

見た目が青いことからla carte bleu(ラ・キャフトゥ・ブルー)とも呼ばれていますが、どちらの場合でも略してCB(セーベー)と呼ぶことも多いです。

フランスでは口座を作るとこのCBが手に入り、それがそのまま支払いに使えます。

クレジットカードの役割もあれば、即座に引き落とされるデビットカードの役割もあります。

Est-ce qu’il est possible de payer avec la carte bancaire ? は

エスキレ・ポッシブル・ドゥ・ペイエー・アベック・ラ・キャフトゥ・ボンケーフ?です。

【Il faut payer en argent.】

意味:現金で支払わなければいけません。

「~しなければいけない」は以前devoir + 動詞の原形を使うことを説明しましたが、

Il faut(イル・フォ)+動詞の原形でも同じ意味になります。

このIlも先ほどと同じで形式主語になります。

en argent「現金で」という意味の意味になります。

argent(アフジョン)現金という意味になります。

en(オン)は一般的にdans(ドン)と同じように「~の中に」と使う前置詞ですが、今回のように手段としても使う場合があります。

Il faut payer en argent. は イル・フォ・ペイエー・オン・ナフジョン と読みます。

【Vous venez d’où ?】

意味:あなたはどこから来ましたか?

以前も同じ表現を勉強しました。

ここで見るポイントはdeです。

ここでは「~から」という英語のfromはdeを用います。

今回だけでいろいろなdeの使い方が登場していますね。

それだけdeの使い道は多いです。

「どこ?」の部分は以前登場した疑問詞のoù を用います。

実際に美術館などではどの国から来たのか統計を取るためかチケットを買うときにこのように聞いてきます。

【Je viens du Japon.】

意味:私は日本から来ました。

ここでのポイントもやはりdeです。

「日本から」の部分を見るとduになっています。

以前も触れましたが、

de + 男性名詞 → du
de + 女性名詞 → de la
de + 複数   → des

となります。

今回はが出ているので、他の国を用いて例を出すと、

男性名詞              du Japon(デュ・ジャポン)
女性名詞              de la France(ドゥ・ラ・フォンス),
        de la Chine(ドゥ・ラ・シーヌ:中国)
複数                     des Etats-Unis(デ・ゼタ・ジュニ:アメリカ合衆国)

のようになります。

母音やhで始まる場合はde l’となります。

例を挙げると

de l’Allemand      (ドゥ・ラルマーニュ:ドイツ)
de l’Angleterre     (ドゥ・ロングルテーフ:イギリス)
de l’Espagne        (ドゥ・レスパーニュ:スペイン)
de l’Italie             (ドゥ・リタリー:イタリア)

などがあります。

【L’atelier d’art va commencer à 15 heures.】

意味:芸術のワークショップは15時始まります。

L’atelierは日本語でもアトリエとありますが、ここではワークショップの意味です。

va commencerは原形で見るとaller commencerなります。

aller + 動詞の原形この後すぐ起こるというニュアンスが含まれます。

これを近接未来と言います。

今回だと15時からワークショップが始まるという近い未来のことを話しています。

また、「~するつもりだ」と自分の意志を表すこともできます。

Je prends un bus. は単にバスに乗ることを言っていますが、

Je vais prendre un bus. はこれから乗るつもりだという意思が加わっています。

この使い方で結構日常会話では使うので覚えておくと便利です。

L’atelier d’art va commencer à 15 heures. は

ラトリエ・ダーフ・ヴァ・コモンセー・ア・キャンズーフ と読みます。

【Bonne visite.】

意味:良い訪問を。

読み方:ボン・ヴィジット

英語のvisitと同じで「訪問、見学」という意味があります。

ここではこれから美術館の見学をする「私」に対して窓口の人が使っています。

フランス語のvisite は女性名詞なのでその前に付くBonは女性形になってBonneとなっています。

これはかつて学んだBonne journéeも同じことが言えます。

おさらい

私「Bonjour, un ticket, s’il vous plaît.(ボンジュー、アン・チケ、シルブプレ)」

窓口「Vous êtes étudiante ?(ヴ・ゼット・エチュディオント?)」

私「Oui, c’est ma carte d’étudiant.(ウィ、セ・マ・キャフトゥ・デチュディオン。)」

窓口「D’accord. Donc, c’est le tarif étudiant.(ダコー。ドンク、セ・ル・タリフ・エチュディオン)

C’est 14 euros.(セ・キャトルズホ)」

私「Est-ce qu’il est possible de payer avec la carte bancaire ?(

エスキレ・ポッシブル・ドゥ・ペイエー・アベック・ラ・キャフトゥ・ボンケーフ?)」

窓口「Non, il faut payer en argent.(ノン、イル・フォ・ペイエー・オン・ナフジョン)」

私「D’accord. Voilà.(ダコー。ボワラ。)」

窓口「Merci. Vous venez d’où ?(メフシー、ヴ・ヴネ・ドゥ?)」

私「Je viens du Japon.(ジュ・ヴィヤン・デュ・ジャポン)」

窓口「Merci. L’atelier d’art va commencer à 15 heures.
(メフシー、アトリエ・ヴァ・コモンセー・ア・キャンズーフ)」

私「D’accord. Merci beaucoup.(ダコー、メフシー・ボク)」

窓口「Bonne visite.(ボン・ヴィジット)」



前置詞deの使い方(今回登場分)

・de + 名詞    「~の」                      英語のof
・de + 動詞の原形 「~すること」           英語のto + 動詞の原形
・de + 名詞(場所)「~から」               英語のfrom

de + 男性名詞       → du
de + 女性名詞       → de la
de + 複数       → des
母音やhで始まる場合→   de l’



形式主語のIl

Il est possible de + 動詞の原形        「~することができる」
Il faut +動詞の原形                         「~しなければいけない」



-yerで終わるer動詞の活用

Je           paie                     ジュ・ペイ
Tu          paies                    チュ・ペイ
Il            paie                     イル・ペイ
Elle        paie                      エル・ペイ
Nous     payons                 ヌ・ペイヨン
Vous      payez                   ヴ・ペイエ
Ils          paient                   イル・ペイ
Elles      paient                   エル・ペイ



近接未来「~するつもりだ」

aller + 動詞の原形



まとめ

今回は前置詞deの使い方の一部を説明しました。

この前置詞は役割がまだまだありますが、主な部分これらなのでしっかり身につけましょう。

また、形式主語のIlも今回以外の表現でもたくさん使うところがあります。

こちらもぜひ覚えましょう。

それでは(^^)/~~~

今回学んだこと

前置詞deの使い方
形式主語のIl
-yerで終わるer動詞の活用
近接未来

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA