㉚受身形

こんにちは(^O^)

今回は受身形について解説します。

とはいえ、英語と同じなので考え方はそこまで難しくありません。

少し発展させた使い方も併せて紹介します。

今回学ぶこと

受身形
動詞écrireの活用
動詞vendreの活用

まずはブログを見てみましょう。



ブログ

先日クラスメイトから借りた小説を読んでいます。

フランス語で書かれていて読むのに苦戦していますがとても面白いです。

教室で読んでいたら友達が声を掛けてきました。

友達「Coucou. Qu’est-ce que tu lis ?(ヤッホー。何を読んでいるの?)」

私「C’est un roman qui est écrit par Jean Smith.(ジョン・スミスに書かれた小説です。)

C’est intéressant, mais il est écrit en Français.(面白いですが、フランス語で書かれています。)」

友達「Ah, c’est « la mer » ? Le livre a été présenté à la télé hier.(あぁ、それって「海」?その本は昨日テレビで紹介されていたよ。)」

私「C’est vrai ?(本当に?)」

友達「Oui, il n’est pas vendu à la librairie maintenant parce qu’il a été adopté en film.
(はい、映画になったから今は売っていないよ。)

L’auteur est devenu connu avec ce livre.(著者はこの本で有名になったよ。)」

私「Je ne le savais pas. En fait, j’ai demandé à Paul de me le prêter.
(知らなかったよ。実は、ポールに貸してってお願いしたんだ。)」

友達「Il vaut mieux lui remercier.(彼にお礼を言った方がいいよ。)」

私「Oui, tu as raison.(うん、そうだね。)」

まさか借りた本がそんなにも人気なものだとは知らなかったので何だか嬉しくなりました。

難しいけれど俄然最後まで読んでやるとやる気になりました。

解説

【C’est un roman qui est écrit par Jean Smith.】

意味:ジョン・スミスに書かれた小説です。

早速受身形の文章の登場ですが、その前に関係代名詞のおさらいです。

関係代名詞は二つの文を一つにまとめる方法でした。

今回の文を二つに分けて見ると

C’est un roman. (これは小説です。)
Un roman est écrit par Jean Smith. (小説はジョン・スミスによって書かれています。)

と分けることができ、共通部分がun romanで、二番目の文では主語になっているのでquiが使われています。



それでは受身形の解説です。

英語の受身形の作り方はbe動詞 + 過去分詞でした。

フランス語もこれと同じ考え方で、

être動詞 + 過去分詞

で作ります。

Un roman est écrit par Jean Smith.
A novel is written by Jean Smith.

このように英語と比べると単語は違えど、文構造が同じことが分かります。

「書く」écrire(エクヒーフ)で過去分詞はécrit(エクヒ)です。

活用が特殊なのでついでに見ておきましょう。

現在形

J’            écris                     ジェクヒ
Tu          écris                     チュ・エクヒ
Il            écrit                     イレクヒ
Elle        écrit                     エレクヒ
Nous     écrivons               ヌ・ゼクヒヴォン
Vous      écrivez                 ヴ・ゼクヒヴェ
Ils          écrivent               イル・ゼクヒーヴ
Elles      écrivent               エル・ゼクヒーヴ



半過去形

J’            écrivais                ジェクヒヴェイ
Tu          écrivais                チュ・エクヒヴェイ
Il            écrivait                イレクヒヴェイ
Elle        écrivait                エレクヒヴェイ
Nous     écrivions              ヌ・ゼクヒヴィオン
Vous      écriviez                ヴ・ヴェクヒヴィエ
Ils          écrivaient             イル・ゼクヒヴェイ
Elles      écrivaient             エル・ゼクヒヴェイ



単純未来形

J’            écrirai                  ジェクヒヘイ
Tu          écriras                  チュ・エクヒハ
Il            écrira                   イレクヒハ
Elle        écrira                   エレクヒハ
Nous     écrirons               ヌ・ゼクヒホン
Vous      écrirez                 ヴ・ゼクヒヘ
Ils          écriront                イル・ゼクヒホン
Elles      écriront                エル・ゼクヒホン



条件法現在形

J’            écrirais                 ジェクヒヘイ
Tu          écrirais                 チュ・エクヒヘイ
Il            écrirait                 イレクヒヘイ
Elle        écrirait                 エレクヒヘイ
Nous     écririons              ヌ・ゼクヒヒオン
Vous      écririez                ヴ・ゼクヒヒエ
Ils          écriraient             イル・ゼクヒヘイ
Elles      écriraient             エル・ゼクヒヘイ



話を戻して、「~によって」の英語のbyにあたるのはpar(パー)です。

受身形は英語とはよく似ていますが、大きく違うのはêtre動詞を使っているので主語の性別と数によっては過去分詞にeやsがつくことがあります。

例えば

Cette chanson est écrite par Jean Smith.
Les romans sont écrits par Jean Smith.
Ces chansons sont écrites par Jean Smith.

のように変わります。

この点は見落としが多いので注意しましょう。

C’est un roman qui est écrit par Jean Smith.セ・タン・ホモン・キ・エ・エクヒ・パー・ジョン・スミスと読みます。

【C’est intéressant, mais il est écrit en Français.】

意味:面白いですが、フランス語で書かれています。

ここでも受身形が出ています。

先ほどとほとんど変わりがないので分かりやすいかと思います。

「~語で」と言う場合はenの後に言語を置きます。

「日本語で」en Japonais
「英語で」en Anglais(オングレイ)



C’est intéressant, mais il est écrit en Français.セ・アンテヘソン、メ・イレ・エクヒ・オン・フォンセイと読みます。

【Ah, c’est « la mer » ?】

意味:あぁ、それって「海」?

「海」la mer(ラ・メー)と言います。

女性名詞ではありますが、1つしかないものなのでuneではなく固有名詞として定冠詞laを使います。

「太陽」le soleil(ル・ソレイ)、「月」la lune(ラ・リューヌ)、「地球」la Terre(ラ・テーフ)や国なども同様の理由で定冠詞を使います。

【Le livre a été présenté à la télé hier.】

意味:その本は昨日テレビで紹介されていたよ。

ここでも受身形が登場していますが、今度は過去の受身形です。

複合過去での受け身の場合は

avoirの活用 + été + 過去分詞

と書きます。

大過去の場合は

avoirの半過去形の活用 + été + 過去分詞

となります。

半過去の場合は

êtreの半過去形 + 過去分詞

となります。

こちらは継続していたことを示すので、例えば

Le livre était présenté à la télé toute la journée.(その本は一日中テレビで紹介されていた。)

のようなシチュエーションで使います。

「テレビ」は本来la télévision(ラ・テレヴィジョン)ですが、略してla télé(ラ・テレ)だけで言うことが多いです。

同じようなものでエアコン(la climatisation:ラ・クリマティザシオン)を略してla clim(ラ・クリーム)と言ったり、パソコン(l’ordinateur:ロフディナトゥー)l’ordi(ロフディ)と言うことも日常会話ではあります。

「テレビで」 à la téléとなります。

Le livre a été présenté à la télé hier.ル・リーヴフ・ア・エテ・プヘゾンテ・ア・ラ・テレ・イエーフと読みます。

【Il n’est pas vendu à la librairie maintenant parce qu’il a été adopté en film.】

意味:映画になったから今は売っていないよ。

ここでも受身形が2回出ています。

まず前半部分より「売る」vendre(ヴォンドフ)を使います。

本は売られるので受身形で表現されています。

この動詞の活用も見ておきましょう。

現在形

Je           vends                   ジュ・ヴォン
Tu          vends                   チュ・ヴォン
Il            vend                    イル・ヴォン
Elle        vend                    エル・ヴォン
Nous     vendons               ヌ・ヴォンドン
Vous      vendez                 ヴ・ヴォンデ
Ils          vendent               イル・ヴォンドゥ
Elles      vendent               エル・ヴォンドゥ



半過去形

Je           vendais                ジュ・ヴォンデイ
Tu          vendais                チュ・ヴォンデイ
Il            vendait                イル・ヴォンデイ
Elle        vendait                エル・ヴォンデイ
Nous     vendions              ヌ・ヴォンディオン
Vous      vendiez                ヴ・ヴォンディエ
Ils          vendaient             イル・ヴォンデイ
Elles      vendaient             エル・ヴォンデイ



単純未来形

Je           vendrai                ジュ・ヴォンドヘイ
Tu          vendras                チュ・ヴォンドハ
Il            vendra                 イル・ヴォンドハ
Elle        vendra                 エル・ヴォンドハ
Nous     vendrons              ヌ・ヴォンドホン
Vous      vendrez                ヴ・ヴォンドヘ
Ils          vendront              イル・ヴォンドホン
Elles      vendront              エル・ヴォンドホン



条件法現在形

Je           vendrais               ジュ・ヴォンドヘイ
Tu         vendrais               チュ・ヴォンドヘイ
Il            vendrait               イル・ヴォンドヘイ
Elle        vendrait               エル・ヴォンドヘイ
Nous     vendrions             ヌ・ヴォンドヒオン
Vous      vendriez               ヴ・ヴォンドヒエ
Ils          vendraient           イル・ヴォンドヘイ
Elles      vendraient           エル・ヴォンドヘイ



過去分詞

avoir + vendu                  ヴォンドゥ



「本屋」la librairie(ラ・リブヘヒイ)です。

「映画になる」は熟語でadopter en film(アドプテーフ・オン・フィルム)です。

adopter「受け入れる」というer動詞です。

小説が映画化しているので受身形を使っています。

加えて時系列で言えば、映画化はすでに果たされているので過去の受身形となっています。

Il n’est pas vendu à la librairie maintenant parce qu’il a été adopté en film.

イル・ネ・パ・ヴォンドゥ・ア・ラ・リブヘヒイ・マトノン・パスキラ・エテ・アドプテ・オン・フィルムと読みます。

【L’auteur est devenu connu avec ce livre.】

意味:著者はこの本で有名になったよ。

「著者」は男性の場合un auteur(アン・ノトゥーフ)、女性の場合一般的にune auteure(ユノトゥーフ)ですが、 une autrice(ユノトヒス)も使います。

「~になる」という英語で言うbecomeはdevenir(ドゥヴニーフ)を使います。

活用はvenirの頭にdeを付けるだけです。

複合過去の場合もvenirと同じでêtre動詞を使います

そのためややこしいですが、この文は受身形ではありません。

今回のように形容詞を伴うこともあれば職業を置くこともできます。

「有名だ」connu(コニュ)を使います。

他にもセレブで聞いたことがあるcélèbre(セレーブフ)も使います。

L’auteur est devenu connu avec ce livre.ロトゥーフ・エ・ドゥヴニュ・コニュ・アヴェック・ス・リーヴフと読みます。

【Je ne le savais pas.】

意味:知らなかったよ。

読み:ジュ・ヌ・サヴェイ・パ

「知る」で以前紹介したsavoirの半過去形の否定形を使えば、今に至るまで知らなかったということができます。

前回習った中性代名詞leは前の友達の発言そのものについて再度すべて言い直すのも手間なので「そのこと」とまとめて使われています。


【En fait, j’ai demandé à Paul de me le prêter.】

意味:実は、ポールに貸してってお願いしたんだ。

「実は」en fait(オン・フェ)で言うことができます。

最初に置くことで事情を説明することができます。

En fait, j’ai demandé à Paul de me le prêter.オン・フェ、ジェイ・ドゥモンデ・ア・ポール・ドゥ・ム・ル・プヘッテーと読みます。

【Il vaut mieux lui remercier.】

意味:彼にお礼を言った方がいいよ。

「~した方がいい」il vaut mieux(イル・ヴォ・ミュー)を使って表現することができます。

ここでのilは非人称のilなので具体的なものは何も指していません。

Il vaut mieux + 動詞
Il vaut mieux que + 文

の二通りの形で書くことができます。

ちなみにmieuxはbienの比較級です。

なお、「~した方がいい」は以前紹介したconseiller à 人 de 動詞でも表現できます。

「お礼を言う」remercier(フメフシーフ)で言うことができます。

よく見ると中にmerciが入っているのが分かっています。

礼儀正しい文章などでも使うので覚えておくと役に立ちます。

正確にはremercier à 人 de 動詞を必要に応じて加えます。

Il vaut mieux lui remercier.イル・ヴォ・ミュー・リュイ・フメフシーフと読みます。

【Tu as raison.】

意味:そうだね。

読み:チュ・ア・ヘゾン

以前も登場した言葉ですが、相手の発言にその通りだと言うときに使います。

よりお堅く言いたいときはexactement(エクザクトモン)だけでも通じます。

おさらい

友達「Coucou. Qu’est-ce que tu lis ?(クックー。ケスク・チュ・リ?)」

私「C’est un roman qui est écrit par Jean Smith.(セ・タン・ホモン・キ・エ・エクヒ・パー・ジョン・スミス)

C’est intéressant, mais il est écrit en Français.(セ・アンテヘソン、メ・イレ・エクヒ・オン・フォンセイ)」

友達「Ah, c’est « la mer » ? Le livre a été présenté à la télé hier.
(アー、セ・ラ・メー?ル・リーヴフ・ア・エテ・プヘゾンテ・ア・ラ・テレ・イエーフ)」

私「C’est vrai ?(セ・ヴヘイ?)」

友達「Oui, il n’est pas vendu à la librairie maintenant parce qu’il a été adopté en film.
(ウィ、イル・ネ・パ・ヴォンドゥ・ア・ラ・リブヘヒイ・マトノン・パスキラ・エテ・アドプテ・オン・フィルム)

L’auteur est devenu connu avec ce livre.(ロトゥーフ・エ・ドゥヴニュ・コニュ・アヴェック・ス・リーヴフ)」

私「Je ne le savais pas. En fait, j’ai demandé à Paul de me le prêter.
(ジュ・ヌ・ル・サヴェイ・パ。オン・フェ、ジェイ・ドゥモンデ・ア・ポール・ドゥ・ム・ル・プヘッテー)」

友達「Il vaut mieux lui remercier.(イル・ヴォ・ミュー・リュイ・フメフシーフ)」

私「Oui, tu as raison.(ウィ、チュ・ア・ヘゾン)」



受身形

être動詞 + 過去分詞

複合過去での受け身の場合は
avoirの活用 + été + 過去分詞

大過去の場合は
avoirの半過去形の活用 + été + 過去分詞

半過去形の場合は
êtreの半過去形の活用 + 過去分詞

※主語の性別と数によっては過去分詞にeやsがつく



Il vaut mieux : ~した方がいい



動詞écrireの活用

現在形

J’            écris                     ジェクヒ
Tu          écris                     チュ・エクヒ
Il            écrit                     イレクヒ
Elle        écrit                     エレクヒ
Nous     écrivons               ヌ・ゼクヒヴォン
Vous      écrivez                 ヴ・ゼクヒヴェ
Ils          écrivent               イル・ゼクヒーヴ
Elles      écrivent               エル・ゼクヒーヴ



半過去形

J’            écrivais                ジェクヒヴェイ
Tu          écrivais                チュ・エクヒヴェイ
Il            écrivait                イレクヒヴェイ
Elle        écrivait                エレクヒヴェイ
Nous     écrivions              ヌ・ゼクヒヴィオン
Vous      écriviez                ヴ・ヴェクヒヴィエ
Ils          écrivaient             イル・ゼクヒヴェイ
Elles      écrivaient             エル・ゼクヒヴェイ



単純未来形

J’            écrirai                  ジェクヒヘイ
Tu          écriras                  チュ・エクヒハ
Il            écrira                   イレクヒハ
Elle        écrira                   エレクヒハ
Nous     écrirons               ヌ・ゼクヒホン
Vous      écrirez                 ヴ・ゼクヒヘ
Ils          écriront                イル・ゼクヒホン
Elles      écriront                エル・ゼクヒホン



条件法現在形

J’            écrirais                 ジェクヒヘイ
Tu          écrirais                 チュ・エクヒヘイ
Il            écrirait                 イレクヒヘイ
Elle        écrirait                 エレクヒヘイ
Nous     écririons              ヌ・ゼクヒヒオン
Vous      écririez                ヴ・ゼクヒヒエ
Ils          écriraient             イル・ゼクヒヘイ
Elles      écriraient             エル・ゼクヒヘイ



過去分詞

avoir + écrit エクヒ



動詞vendreの活用

現在形

Je           vends                   ジュ・ヴォン
Tu          vends                   チュ・ヴォン
Il            vend                    イル・ヴォン
Elle        vend                    エル・ヴォン
Nous     vendons               ヌ・ヴォンドン
Vous      vendez                 ヴ・ヴォンデ
Ils          vendent               イル・ヴォンドゥ
Elles      vendent               エル・ヴォンドゥ



半過去形

Je           vendais                ジュ・ヴォンデイ
Tu          vendais                チュ・ヴォンデイ
Il            vendait                イル・ヴォンデイ
Elle        vendait                エル・ヴォンデイ
Nous     vendions              ヌ・ヴォンディオン
Vous      vendiez                ヴ・ヴォンディエ
Ils          vendaient             イル・ヴォンデイ
Elles      vendaient             エル・ヴォンデイ



単純未来形

Je           vendrai                ジュ・ヴォンドヘイ
Tu          vendras                チュ・ヴォンドハ
Il            vendra                 イル・ヴォンドハ
Elle        vendra                 エル・ヴォンドハ
Nous     vendrons              ヌ・ヴォンドホン
Vous      vendrez                ヴ・ヴォンドヘ
Ils          vendront              イル・ヴォンドホン
Elles      vendront              エル・ヴォンドホン



条件法現在形

Je           vendrais               ジュ・ヴォンドヘイ
Tu         vendrais               チュ・ヴォンドヘイ
Il            vendrait               イル・ヴォンドヘイ
Elle        vendrait               エル・ヴォンドヘイ
Nous     vendrions             ヌ・ヴォンドヒオン
Vous      vendriez               ヴ・ヴォンドヒエ
Ils          vendraient           イル・ヴォンドヘイ
Elles      vendraient           エル・ヴォンドヘイ



過去分詞

avoir + vendu                  ヴォンドゥ



まとめ

今回は受身形について解説しました。

英語と基本的に同じなので分かりやすかったかと思いますが、主語によってeやsが付いたり、過去形の場合の使い分けがあるので注意が必要です。

フランス語はモノを主語に置いて受身形であえて書くことも多いのでしっかりと身につけましょう。

それでは(^^)/~~~

今回学んだこと

受身形
動詞écrireの活用
動詞vendreの活用

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA