㉝代名動詞

こんにちは(^O^)

今回は代名動詞について解説します。

これもフランス語ならではの使い方なので始めは戸惑うかもしれませんが、実はすでに見たことがある、ここでも登場したことのある表現です。

使い方は覚えればそこまで難しくないので頑張りましょう。

今回学ぶこと

代名動詞
動詞dormirの活用

まずはブログを見てみましょう。



ブログ

語学学校の週末の課題でクラスメイトとグループで作業をするものが出ました。

週明けには提出なので同じグループのマリアにどれくらい進んだのか電話をすることにしました。

私「Bonjour, je m’appelle Hanako. Maila est là ?(おはようございます、私はハナコと言います。マリアはいますか?)」

マリア母「Bonjour. Non, elle dort encore. Je la lève ?(おはようございます。いいえ、彼女はまだ寝ています、起こしましょうか?)」

私「Non, quand elle se lève, vous pouvez lui dire de m’appeler ?(いいえ、彼女が起きたとき、私に電話するように言ってもらえますか?)」

マリア母「D’accord. Mais je pense que vous vous téléphonerez un peu tard parce qu’elle s’est couchée à 3 heures de matin.(分かりました。しかし彼女は今朝3時に寝たので電話するのはすこし遅くなると思います。)」

私「Ah, c’est trop tard.(ああ、それは遅すぎますね。)」

マリア母「En fait, elle s’est souvenue de ses devoirs dont elle s’occupe jusqu’à demain.(実は、彼女は明日までに担当した課題を思い出したのです。)」

私「D’accord. J’attends son appel. On va s’en parler.(分かりました。私は彼女の電話を待ちます。それについて話し合います。)」

マリアはその後お昼過ぎに電話がかかってきました。

無事に自分の担当した範囲は終わらせたみたいでスムーズに話を進めることができました。

ギリギリに思い出して徹夜するのは彼女らしいと思いました。

解説

【Je m’appelle Hanako.】

意味:私はハナコと言います。

かなり序盤に習った自己紹介の言葉ですが、実はこれが今回取り扱う代名動詞です。

代名動詞とは目的語の相手を主語と同じにすることで「自分に~する」という意味にする方法です。

今回の場合だとappelerは「呼ぶ」という意味があります。

つまり、Je m’appelle Hanako.は「私は私のことをハナコと呼ぶ」という意味になります。

ここから意味が転じて自分の名を言うフレーズになったのです。

つまり代名動詞は主語と動詞の間に主語と同じ相手の目的語を置くことになりますが、これまで習ったものとは若干ことなる部分もあるので見てみましょう。

Je           me
Tu          te
Il            se
Elle        se
Nous     nous
Vous      vous
Ils          se
Elles      se

実際にappelerで見てみましょう。

Je           m’appelle
Tu          t’appelles
Il            s’appelle
Elle        s’appelle
Nous     nous appelons
Vous      vous appelez
Ils          s’appellent
Elles      s’appellent

母音で始まる動詞だとこのように短縮形になってしまいますが、そうでない場合は上記の形が置かれます。

今回と同じような例でje me dis que「私は私に~と言う」という意味になりますが、そこから転じて「私は~と思う」という意味になります。

Je m’appelle Hanako.ジュ・マペル・アナコと読みます。

【Maila est là ?】

意味:マリアはいますか?

「そこに」は近くのものはiciで遠くの場合はlà(ラ)を使います。

話してからすればマリアは遠くにいるので後者を使っています。

道を尋ねた場合でも「あっち」と指をさしてC’est là-bas(セ・ラバ)ということもできますが、この場合のlàにも遠くのニュアンスが含まれています。

Maila est là ?マリア・エ・ラ?と読みます。

【Elle dort encore.】

意味:彼女はまだ寝ています。

「眠る」dormir(ドフミーフ)を使いますが、活用が特殊なので見ておきましょう。

現在形

Je           dors                     ドーフ
Tu          dors                     ドーフ
Il            dort                     ドーフ
Elle        dort                     ドーフ
Nous     dormons              ドフモン
Vous      dormez                ドフメ
Ils          dorment               ドーフム
Elles      dorment               ドーフム



半過去形

Je           dormais               ドフメイ
Tu          dormais               ドフメイ
Il            dormait                ドフメイ
Elle        dormait                ドフメイ
Nous     dormions             ドフミオン
Vous      dormiez               ドフミエ
Ils          dormaient            ドフメイ
Elles      dormaient            ドフメイ



単純未来形

Je           dormirai              ドフミヘイ
Tu          dormiras              ドフミハ
Il            dormira               ドフミハ
Elle        dormira               ドフミハ
Nous     dormirons            ドフミホン
Vous      dormirez              ドフミヘ
Ils          dormiront            ドフミホン
Elles      dormiront            ドフミホン



条件法現在形

Je           dormirais             ドフミヘイ
Tu          dormirais             ドフミヘイ
Il            dormirait             ドフミヘイ
Elle        dormirait             ドフミヘイ
Nous     dormirions           ドフミヒオン
Vous      dormiriez             ドフミヒエ
Ils          dormiraient         ドフミヘイ
Elles      dormiraient         ドフミヘイ



接続法現在形

Je           dorme                  ドーフム
Tu          dormes                ドーフム
Il            dorme                  ドーフム
Elle        dorme                  ドーフム
Nous     dormions             ドフミホン
Vous      dormiez               ドフミエ
Ils          dorment               ドーフム
Elles      dorment               ドーフム



複合過去

avoir + dormi                  ドフミ



Elle dort encore.エル・ドーフ・オンコーフと読みます。

【Quand elle se lève, vous pouvez lui dire de m’appeler ?】

意味:彼女が起きたとき、私に電話するように言ってもらえますか?

ここでも代名動詞が出ています。

一つ前の文でJe la lève ?(私はマリアを起こしますか?)「~を起こす」という意味でlever(ルヴェーフ)は使われています。

しかし、その起こす相手を自分自身だとすると意味が転じて「起きる」という意味になります。

その結果、elle se lèveで「彼女が起きる」という意味になります。

人に何かお願いするときにvous pouvez~?と使うとより丁寧になります。

最初に登場したappelerも目的語は主語と違う相手なのでここでは代名動詞にはなっていません。

Quand elle se lève, vous pouvez lui dire de m’appeler ?コン・エル・ス・レーヴ、ヴ・プヴェ・リュイ・ディーフ・ドゥ・マプレーフ?と読みます。

【Je pense que vous vous téléphonerez un peu tard parce qu’elle s’est couchée à 3 heures de matin.】

意味:彼女は今朝3時に寝たので電話するのはすこし遅くなると思います。

ちょっと長い文ですが、分けると

Je pense que

vous vous téléphonerez un peu tard 

parce qu’elle s’est couchée à 3 heures de matin

の三つから構成されています。

Je pense queは何度も登場している「私は~と思う」ですね。

二つ目の部分には代名動詞が登場しています。

「電話をする」は通常のer動詞téléphoner(テレフォネーフ)ですが、目的語がvousになっています。

これは「あなた」ではなく「あなたたち」つまり、ハナコとマリアの二人を指しています。

つまり、vous vous téléphonerez「あなたたちはお互いに電話をする」という意味になります。

このように代名動詞で複数形になる場合は「お互いに」というニュアンスが加わります。

ここではこの先起こることなので単純未来形が使われています。

このように代名動詞の活用はこれまで使われたものをそのまま使います。

「少し」un peu(アン・プ)を使います。

「フランス語話せる?」「ご飯もっと食べる?」など日常会話のいろんな場面の返事でも使えるので覚えておきましょう。

「(時間的に)遅く」tard(ターフ)を使います。

前回「遅刻する」でen retardが登場しましたが、ここにもtardの文字が入っています。

反対に「時間的に早い」tôt(ト)と言います。

三つ目の部分には代名動詞の過去形が使われています。

本来「寝かせる」のer動詞coucher(クッシェーフ)が代名動詞の過去形にすることで「寝た」という意味になります。

通常のer動詞の複合過去ならばelle a couchéとなるところですが、

代名動詞の場合はelle s’est couchéeのようにêtre動詞を使います

ここで他のêtre動詞を使った活用を見てみましょう。

Je           me suis                couché(e)
Tu          t’es                       couché(e)
Il            s’est                     couché
Elle        s’est                     couchée
Nous     nous sommes      couchés / es
Vous      vous êtes             couché(e)(s)
Ils          se sont                 couchés
Elles      se sont                 couchées

注意すべきなのは主語の性別と数によってeやsが付く点です。

見落としやすいので注意しましょう。

Je pense que vous vous téléphonerez un peu tard parce qu’elle s’est couchée à 3 heures de matin.ジュ・ポンス・ク・ヴ・ヴ・テレフォネヘ・アン・プ・ターフ・パスケル・セ・クッシェ・ア・トワ・ズーフ・ドゥ・マタンと読みます。

【En fait, elle s’est souvenue de ses devoirs dont elle s’occupe jusqu’à demain.】

意味:彼女は明日までに担当した課題を思い出したのです。

ここでも代名動詞が使われていますが、これまでとは少し違います。

ここで登場している代名動詞は言わば熟語のようなものです。

「~を思い出す」se souvenir de(ス・スヴニーフ・ドゥ)

「~を担当する、世話する」s’occuper de(ソキュペーフ・ドゥ)を使います。

フランス語の動詞の中には初めからseをセットにした、代名動詞でしか使わない動詞も多数存在します。

例えば「~をバカにする」se moquer de(ス・モケーフ・ドゥ)などです。

これは見分け方もないのでその都度覚えるしかありません。

細かい所の解説ですが、se souvenir deの活用はvenirと同じなのでここで使われている代名動詞の過去形でも過去分詞はvenirをベースにしたものになっています。

久しぶりに登場した関係代名詞dontはdeに対応するものでした。

今回はs’occuper de ses devoirsのde ses devoirsが二つの文の共通点となったためdontになっています。

関係代名詞のdontについてはこちらをご覧ください。



「~までに」と期限を言うときはjusqu’à(ジュスカ)を使います。

ベースはjusqueで、月を言うときはjusqu’en janvierのようにenを使います。

また応用ではありますが、文章を置きたい場合はjusqu’à ce que + 文(接続法)で言うことができます。

J’attends ici jusqu’à ce qu’il vienne.(私は彼が来るまでここで待ちます。)



En fait, elle s’est souvenue de ses devoirs dont elle s’occupe jusqu’à demain.オン・フェ、エル・セ・スヴニュ・ドゥ・セ・ドゥヴォワーフ・ドン・エル・ソキュップ・ジュスカ・ドゥマンと読みます。

【J’attends son appel. On va s’en parler.】

意味:私は彼女の電話を待ちます。それについて話し合います。

「電話」un appel(アン・ナペル)です。

ここでも代名動詞が登場しています。

「話す」のparlerもse parlerになると「お互いに話す」→「話し合う」ということになります。

parler de「~について話す」となり、de ses devoirsを中性代名詞enで省略しています。

J’attends son appel. On va s’en parler.ジャ・トン・ソン・ナペル。オン・ヴァ・ソン・パフレーフと読みます。

おさらい

私「Bonjour, je m’appelle Hanako. Maila est là ?(ボンジュー、ジュ・マペル・アナコ。マリア・エ・ラ?)」

マリア母「Bonjour. Non, elle dort encore. Je la lève ?
(ボンジュー。ノン、エル・ドーフ・オンコーフ。ジュ・ル・レーヴ?)」

私「Non, quand elle se lève, vous pouvez lui dire de m’appeler ?
(ノン、コン・エル・ス・レーヴ、ヴ・プヴェ・リュイ・ディーフ・ドゥ・マプレーフ?)」

マリア母「D’accord. Mais je pense que vous vous téléphonerez un peu tard parce qu’elle s’est couchée à 3 heures de matin.
(ダコー。ジュ・ポンス・ク・ヴ・ヴ・テレフォネヘ・アン・プ・ターフ・パスケル・セ・クッシェ・ア・トワ・ズーフ・ドゥ・マタン)」

私「Ah, c’est trop tard.(アー、セ・トホッ・ターフ)」

マリア母「オン・フェ、エル・セ・スヴニュ・ドゥ・セ・ドゥヴォワーフ・ドン・エル・ソキュップ・ジュスカ・ドゥマン)」

私「D’accord. J’attends son appel. On va s’en parler.(ダコー。ジャ・トン・ソン・ナペル。オン・ヴァ・ソン・パフレーフ)」



代名動詞

①目的語を主語と同じにすることで「自分に~する」という意味になる
②複数形の代名動詞は「お互いに~する」という意味になる
③熟語や代名動詞しかない動詞もある



代名動詞の作り方

Je           me
Tu          te
Il            se
Elle        se
Nous     nous
Vous      vous
Ils          se
Elles      se



代名動詞の複合過去の作り方

Je           me suis                couché(e)
Tu          t’es                       couché(e)
Il            s’est                     couché
Elle        s’est                     couchée
Nous     nous sommes      couchés / es
Vous      vous êtes             couché(e)(s)
Ils          se sont                 couchés
Elles      se sont                 couchées



動詞dormirの活用

現在形

Je           dors                     ドーフ
Tu          dors                     ドーフ
Il            dort                     ドーフ
Elle        dort                     ドーフ
Nous     dormons              ドフモン
Vous      dormez                ドフメ
Ils          dorment               ドーフム
Elles      dorment               ドーフム



半過去形

Je           dormais               ドフメイ
Tu          dormais               ドフメイ
Il            dormait                ドフメイ
Elle        dormait                ドフメイ
Nous     dormions             ドフミオン
Vous      dormiez               ドフミエ
Ils          dormaient            ドフメイ
Elles      dormaient            ドフメイ



単純未来形

Je           dormirai              ドフミヘイ
Tu          dormiras              ドフミハ
Il            dormira               ドフミハ
Elle        dormira               ドフミハ
Nous     dormirons            ドフミホン
Vous      dormirez              ドフミヘ
Ils          dormiront            ドフミホン
Elles      dormiront            ドフミホン



条件法現在形

Je           dormirais             ドフミヘイ
Tu          dormirais             ドフミヘイ
Il            dormirait             ドフミヘイ
Elle        dormirait             ドフミヘイ
Nous     dormirions           ドフミヒオン
Vous      dormiriez             ドフミヒエ
Ils          dormiraient         ドフミヘイ
Elles      dormiraient         ドフミヘイ



接続法現在形

Je           dorme                  ドーフム
Tu          dormes                ドーフム
Il            dorme                  ドーフム
Elle        dorme                  ドーフム
Nous     dormions             ドフミホン
Vous      dormiez               ドフミエ
Ils          dorment               ドーフム
Elles      dorment               ドーフム



複合過去

avoir + dormi                  ドフミ


「~までに」:jusqu’à


まとめ

今回は代名動詞について解説しました。

日本語でもあまり使わない方法なので使い方にあまりピンとこない方もいるかもしれませんが、フランス語ではかなり使うことが多い用法です。

今回は人に対しての例を書きましたが、物が主語の時に「独りでに~する」というときに使うことが多いです。

まずは今回紹介したパターンをしっかり覚え、そこから他の言葉を覚えて行くと理解しやすいかと思います。

それでは(^^)/~~~

今回学んだこと

代名動詞
動詞dormirの活用

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA