㊵AvantとAprès / 目的表現 / 現在進行表現

こんにちは(^O^)

今回は「~の前」、「~の後」を表現するAvantとAprèsについて解説します。

時系列を伴う表現なのでいろいろと使えて便利です。

他にも「~するために」の目的表現現在進行の表現も紹介します。

今回学ぶこと

「~する前に」
「~した後に」
目的表現
現在進行の表現

まずはブログを見てみましょう。


ブログ

今日は友達とお買い物に来ています。

ショッピングモールにはいろいろなお店がありどこに行こうかと迷いながら歩くだけでも楽しめます。

私「Qu’est-ce que tu veux acheter au centre commercial ?(ショッピングモールであなたは何を買いたいですか?)」

友達「Je veux acheter un grand sac afin de voyager.(私は旅行に行くために大きなカバンが欲しいです。)

En fait, je vais aux Etats-Unis avec ma famille cet été.(実は、この夏家族とアメリカに行ってきます。)

Donc je veux acheter quelque chose avant de partir.(だから出発する前に何か買っておきたいです。)」

私「Tu connais un bon magasin ?(あなたはいいお店を知っていますか?)」

友達「Non, je suis en train de le chercher.(いいえ、私は今探しているところです。)」

私「Afin qu’on puisse visiter des bons magasins, il vaut mieux voir le plan d’ici.
(いいお店を回れるようにここの地図を見た方がいいです。)」

友達「Tu as raison. Après avoir organisé la visite, on y va.(その通りです。訪問の計画ができたら、行きましょう。)」

私「Mais j’ai envie d’aller à un café populaire avant qu’on ne perde la place.
(しかし私は場所がなくなってしまう前に人気のカフェに行きたいです。)」

友達「D’accord. On va au café d’abord et y fait le plan.
(分かりました。まずカフェに行って、そこで計画を立てましょう。)」

人気にカフェには真っ先に行ったおかげで無事すぐに座れました。

行きたかったカフェだったのでよかったです。

そこでショッピングの計画を立てて効率よく買い物ができました。

解説

【Qu’est-ce que tu veux acheter au centre commercial ?】

意味:ショッピングモールであなたは何を買いたいですか?

「ショッピングモール」le centre(ル・ソントフ)「センター」commercial(コメーフシアル)「商業の」が組み合わさってle centre commercialとなります。

Qu’est-ce que tu veux acheter au centre commercial ?

ケスク・チュ・ヴ・ザシュテーフ・オ・ソントフ・コメーフシアルと読みます。

【Je veux acheter un grand sac afin de voyager.】

意味:私は旅行に行くために大きなカバンが欲しいです。

ここで「~するため」という目的表現が登場しています。

「~するために」:afin de 動詞の原形(アファン・ドゥ)

同じ表現で

・pour 動詞の原形
・dans le but de 動詞の原形(ドン・ル・ビュ・ドゥ)

があります。

この中で一番一般的なのはpourで、afin deは少し堅い感じがします。

また、pourは名詞を置くことができますが、afin deもdans le but deも動詞の原形しか置けません

この文だと

Je veux acheter un grand sac pour le voyage.

はできますが、

Je veux acheter un grand sac afin du voyage.
Je veux acheter un grand sac dans le but du voyage.

できません

そう考えるとpourの方が使い勝手がいいので一般的になるのも納得がいきます。

Je veux acheter un grand sac afin de voyager.

ジュ・ヴ・ザシュテーフ・アン・ゴーン・サック・アファン・ドゥ・ヴォワイヤゲーフと読みます。

【Donc je veux acheter quelque chose avant de partir.】

意味:だから出発する前に何か買っておきたいです。

ここで「~する前に」が登場します。

すでに過去に登場しているようにavantを使います。

使い方としては

・avant de 動詞の原形
・avant 名詞
・avant que 文

の3通りがあります。

ここで使われているのは一つ目の方法です。

二つ目を使う場合は

Donc je veux acheter quelque chose avant le départ.

のように「出発」を名詞のle départ(ル・デパーフ)にすることでできます。

どちらを使っても同じなのでお好みの方を使って差し支えありません。

今回のように動詞⇔名詞の切り替えは語彙力を増やすうえで重要な要素となります。

そのため、単語を暗記するときは動詞とその名詞はセットで覚えるといいです。

三つ目の方法は後程登場します。

Donc je veux acheter quelque chose avant de partir.

ドンク・ジュ・ヴ・ザシュテーフ・ケルク・ショーズ・アヴォン・ドゥ・パフチーフと読みます。

【Je suis en train de le chercher.】

意味:私は今探しているところです。

フランス語には英語のように動詞をing形にするような現在進行形はありません。

動詞の現在形がその意味を含んでいるためです。

それでも現在進行中だと表現する方法があります。

それが

「~している最中だ」:être en train de 動詞の原形

です。

名詞に対して使いたい場合は

「~の最中だ」:être en cours de 名詞(オン・クーフ・ドゥ)

を用います。

Je suis en cours du déjeuner.(私は昼食中だ。)



単純に「今」のmaintenantを文末に置いても現在行っているニュアンスが出ます。

Je mange le déjeuner maintenant.



後半のde le chercherがdu chercherになっていないのは、ここでのleは前に出てきたle magasinの代名詞だからであるためです。

セットになってde + le = duになるのはleが定冠詞の場合です。

Je suis en train de le chercher.

ジュ・シュイ・オン・トハン・ドゥ・ル・シェフシェーフと読みます。

【Afin qu’on puisse visiter des bons magasins, il vaut mieux voir le plan d’ici.】

意味:いいお店を回れるようにここの地図を見た方がいいです。

ここでもafinが登場していますが、ここでは

「~するために」:afin que 文

で書かれています。

よく見るとafin queの後の文は接続法が使われているので注意が必要です。

Afin que 文とafin de 動詞の原形はその文構造が違っているのはもちろんですが、主語が同じ場合はafin de、主語がそれぞれ違っている場合はAfin queを使う違いがあります。

よく見ると今回の文ではAfin qu’onということでonが前半の主語、後半はilになっています。

ちなみにPour que 文(接続法)も作ることができます.

また、これらは文頭でも文の後半でもどちらにも置くことができます。

つまり

Il vaut mieux voir le plan d’ici afin qu’on puisse visiter des bons magasins.

でも構いません。

「地図」le plan(ル・プラン)です。

英語の「計画」の意味もありますが、フランス語では「地図」の意味もあります。

Afin qu’on puisse visiter des bons magasins, il vaut mieux voir le plan d’ici.

アファン・コン・ピュイッス・ヴィシテーフ・デ・マガザン、イル・ヴォ・ミュー・ヴォワーフ・ル・プランと読みます。

【Après avoir organisé la visite, on y va.】

意味:訪問の計画ができたら、行きましょう。

ここでは「~の後に」の表現が出ています。

フランス語ではすでに登場したaprèsを使います。

こちらもavantと同様に

・après + avoir もしくは être + 過去分詞
・après 名詞
・après que 文

の3つの方法があります。

今回は一つ目の動詞を伴う方法を用いていますが、複合過去を作る要領でavoir もしくは être + 過去分詞がセットになります。

二つ目の名詞にするならば

Après l’organisation de la visite, on y va.

になります。

ここでも動詞⇔名詞の知識が役に立ちます。

三つ目の文にするならば

Après qu’on a organisé la visite, on y va.

となります。

実際に使うとなると二つ目の名詞とセットが使いやすいです。

このaprèsに置いてもいいので

On y va après avoir organisé la visite.

でも問題ありません。

「組織する、組み立てる」organiser(オフガインゼーフ)、名詞はl’organisation(ロフガニザシオン)です。

On y va(オニ・ヴァ)は「行きましょう」という意味で、文法的にももう理解できる段階ではありますが、どちらかというと決まり文句のように使います。

今回だと実際に「行く」と動作が表現されていますが、それ以外でも何か取り掛かり始めるときに使うことが多いです。

Après avoir organisé la visite, on y va.

アプヘ・アヴォワーフ・オフガニゼ・ラ・ヴィシットゥ、オニ・ヴァと読みます。

【Mais j’ai envie d’aller à un café populaire avant qu’on ne perde la place.】

意味:しかし私は場所がなくなってしまう前に人気のカフェに行きたいです。

ここではavant que 文の三つ目のavantの使い方が登場しています。

これは少し特徴的で

「~する前に」:avant que 主語 ne 動詞(接続法

となります。

主語の後にあるneはそれ自体が否定文の意味はない虚辞のneというものになります。

虚辞のneについてはこちらをご覧ください。



そしてque以下の動詞は接続法を使います。

実際に動詞perdreも接続法になっています。

虚辞のneには不安を含むニュアンスがあるため、ここでは接続法の発動条件の感情が含まれていると捉えることができます。

「人気のある」は形容詞populaire(ポピュレーフ)を使います。

「場所」la place(ラ・プラス)を使います。

この単語は他にも「広場」などの意味もあります。

Mais j’ai envie d’aller à un café populaire avant qu’on ne perde la place.

メ・ジェイ・オンヴィ・ダレー・ア・アン・カフェ・ポピュレーフ・アヴォン・コン・ヌ・ペフドゥ・ラ・プラスと読みます。

【On va au café d’abord et y fait le plan.】

意味:まずカフェに行って、そこで計画を立てましょう。

「まず」d’abord(ダボーフ)と言います。

他にも「始めに」au début(オ・デビュ)「第一に」 premièrement(プホミエーフモン)などの言い回しもあります。

「計画を立てる」は熟語faire le planを用います。

ここでのle planは英語と同じ「計画」という意味です。

このplanを動詞化してplanifier(プラニフィエーフ)でも「計画を立てる」という意味になります。

On va au café d’abord et y fait le plan.

オン・ヴァ・オ・カフェ・ダボーフ・エ・イ・フェ・ル・プランと読みます。

おさらい

私「Qu’est-ce que tu veux acheter au centre commercial ?
(ケスク・チュ・ヴ・ザシュテーフ・オ・ソントフ・コメーフシアル?)」

友達「Je veux acheter un grand sac afin de voyager.
(ジュ・ヴ・ザシュテーフ・アン・ゴーン・サック・アファン・ドゥ・ヴォワイヤゲーフ)

En fait, je vais aux Etats-Unis avec ma famille cet été.
(オン・フェ、ジュ・ヴェ・オ・ゼタ・ジュニ・アヴェック・マ・ファミーユ・セ・テテ)

Donc je veux acheter quelque chose avant de partir.
(ドンク・ジュ・ヴ・ザシュテーフ・ケルク・ショーズ・アヴォン・ドゥ・パフチーフ)」

私「Tu connais un bon magasin ?(チュ・コネ・アン・ボン・マガザン?)」

友達「Non, je suis en train de le chercher.(ノン、ジュ・シュイ・オン・トハン・ドゥ・ル・シェフシェーフ)」

私「Afin qu’on puisse visiter des bons magasins, il vaut mieux voir le plan d’ici.
(アファン・コン・ピュイッス・ヴィシテーフ・デ・マガザン、イル・ヴォ・ミュー・ヴォワーフ・ル・プラン)」

友達「Tu as raison. Après avoir organisé la visite, on y va.
(チュ・ア・ヘゾン。アプヘ・アヴォワーフ・オフガニゼ・ラ・ヴィシットゥ、オニ・ヴァ)」

私「Mais j’ai envie d’aller à un café populaire avant qu’on ne perde la place.
(メ・ジェイ・オンヴィ・ダレー・ア・アン・カフェ・ポピュレーフ・アヴォン・コン・ヌ・ペフドゥ・ラ・プラス)」

友達「D’accord. On va au café d’abord et y fait le plan.
(ダコー。オン・ヴァ・オ・カフェ・ダボーフ・エ・イ・フェ・ル・プラン)」



「~する前に」avant

・avant de 動詞の原形
・avant 名詞
・avant que 主語ne 動詞(接続法)



「~した後に」après

・après + avoir もしくは être + 過去分詞
・après 名詞
・après que 文



「~するために」

・afin de 動詞の原形 / afin que 文(接続法)
・pour 動詞の原形 / pour que 文(接続法)
・dans le but de 動詞の原形


「~している最中だ」:être en train de 動詞の原形
「~の最中だ」:être en cours de 名詞(オン・クーフ・ドゥ)



まとめ

今回はavantとaprèsの使い方、目的表現そして現在進行の表現について解説しました。

用法によって使うものが動詞なのか名詞なのかが変わってくるのでそれぞれのパターンをしっかり覚えること、そして動詞⇔名詞の変換がスムーズにできるようにセットで覚えることが重要になってきます。

また、文を伴う場合は接続法が必要になることもあるので正直なところ名詞か動詞で代用できたほうが簡単ではあります。

単語もただ闇雲に覚えるのではなく、関連付けて覚えた方が効率がいいのでこれを機に試してみましょう。

それでは(^^)/~~~

今回学んだこと

「~する前に」
「~した後に」
目的表現
現在進行の表現

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA