ブリュッセル観光ルート

ブリュッセル Bruxelles

【街の説明】

ベルギーの首都。四方を豪華な建物で取り囲むグランプレスや小便小僧の銅像、マグリットの博物館など見どころ満載の街。食べ物もチョコレート、ワッフル、ビール、ポテトなど名物が多い。グランプレスでは二年に一度の8月、広場いっぱいに花で模様を作るフラワーカーペットのイベントが開催される。このように見どころの多い街ではあるが、ここでは日帰りで楽しめるプランを紹介する。

【オススメ度】

 ★★★★★

【所要時間】

 7時間半(夏は王宮見学含めて8時間半)

【費用】

 15€

【疲れやすさ】

 ★★★★☆

【観光ルート】



【フランスからのアクセス】

・電車
フランスから電車で行く場合は日本で言うTGVもしくはフランスとベルギー間を走るタリス(Thalys)の二通りがあります。
どちらの場合も基本的にパリ北駅からブリュッセル南駅まで行きます。
ただしTGVは本数は少ないですがリヨンなど他都市からの直行便もあります。

詳しくはフランスの鉄道会社SNCFのサイトより時間や料金を検索できます。
https://en.oui.sncf/en/
ネットからの切符の購入も可能です。
タリスのサイトから買うのもいいですが、SNCFの方がTGVとタリス両方の検索ができるので便利です。

・高速バス
こちらもSNCFから検索が可能ですが、他にもFlixbusなど各社高速バスを利用することもできます。
高速バスの場合他都市からの直行便があること、料金が安いというメリットがあります。
しかし当然時間はかかるので夜行バスなどを利用するのがオススメです。
私はリヨンから夜行バスで朝方ブリュッセル中央駅に着くものを利用しました。

サイトはこちらから
https://global.flixbus.com/
アプリを利用すればQRコードのチケットもネットで手配できるので便利です。

・飛行機
遠方に住んでいる場合は飛行機から行くのが便利です。ヨーロッパ内ならばEasyJetなど格安航空会社を利用するのがお得です。
遠方であるほど早くて便利ですが、当然街の中心地からは遠くなるのでその移動が増える点は気を付けなければいけません。

EasyJetのサイトはこちらから
https://www.easyjet.com/



【スタート】

ブリュッセルの駅には中央駅、南駅、北駅の三つの駅があります。
フランスから来る場合、南駅(Midi)で停まってしまうことが多いですが観光地に近いのは中央駅(Central)のため南駅からは一駅分移動しなければいけません(片道2.50ユーロ)。

ブリュッセルの電車のサイトはこちらから
https://www.belgiantrain.be/fr

①ブリュッセル中央駅

Bruxelles-Central

地上階に上がるとスタバックスがあるフロアに出るので、そこから券売窓口の前を通って外に出る。

★駅前の広場に出たら左に曲がり、車道に出合ったら右折して坂を下る。下りきったらそのまま直進し、大きな木が生える広場を直進する。広場を抜けたあたりの左手に黄色のテントのパン屋さんがあるのでそこを左に曲がりコリーヌ通り(Rue de la Colline)に入って直進。駅から目的地まで徒歩約15分。



②グランプレス

Grand-Place

所要時間:20分 費用:0€

ブリュッセルで一番有名な広場で観光スポットとしても人気の場所。

15世紀に建てられたゴシック様式の市庁舎を始め、四方を豪華な建築が取り囲む。

2年に一度の8月にここで開催されるフラワーカーペットは世界的に人気なイベント。

イベント開催中は夜に光と音のスペクタクルを見ることができる。

イベントがない時でも綺麗なライトアップを見られる時期がある。

2018年のフラワーカーペットの様子


★広場から市庁舎の左側の通路に向かう。



③セルクラースの像 

Everard t’Serclaes

所要時間:5分 費用:0€

かつてフランドルの支配から市民が立ち上がって解放につながるきっかけを作ったセルクラースの像。

彼の腕に触ると幸運が訪れると言われている。

★そのままシャルル・ビュル通り(Rue Charles Buls)を直進すること徒歩5分。この通りは観光地としてにぎわっている。



④タンタンの壁画

Tintin Comic Mural

所要時間:5分 費用:0€

ベルギー生まれのコミック「タンタンの冒険」のキャラクターが描かれた壁画。

ここだけに限らずブリュッセルの街中にこのような壁画をいろいろなところで見ることができる。

★そのまま通りを直進し、次の交差点で左を見る。徒歩数分。



⑤小便小僧

Manneken Pis

所要時間:5分 費用:0€

世界的に有名な小便小僧はブリュッセルの街中にある。

大きさは62cmと意外と小さい。

モデルは諸説あり、ジュリアンという少年が爆弾の導火線の火を小便で消したとも言われる。

現在置かれているのはレプリカでオリジナルは17世紀に造られたが、盗難防止のためにグランプレスの市立博物館に移動している。

イベントごとに服を着せるイベントがあり、そのコレクションも同市立博物館に展示されている。

★ここから中心地を散策する。小便小僧の交差点を左に曲がりグラン・カルム通り(Rue des Grands Carmes)を進む。最初の交差点を右に曲がりそこからしばらく直進する。やがて右手に教会が見えてきたらその左の道をそのまま直進し、そこから二つ目の交差点を右折してグレトリー通り(Rue Grétry)に入る。通りを進むと左手に青色の看板がいくつも掲げられている路地があるので進む。ここまででおよそ徒歩20分。



⑥小便少女

Jeanneke Pis

所要時間:5分 費用:0€

小便小僧のパロディとしてレストランのオーナーが客寄せのために作った像。

通りの奥、右手に防犯投資のために赤い柵で覆われている。

★グレトリー通りの続きを進むとアーケードに入る。徒歩5分。



⑦ギャルリ・サンテュベール

Galeries Royales Saint-Hubert

所要時間:15分 費用:0€

19世紀に造られたアールヌーボー様式のアーケード。

装飾がとても美しく、ただ歩くだけでも楽しめる。

王家御用達のお店やゴディバを始めとする有名チョコレート店がいくつも入っている。

★アーケードを出たら右に曲がりしばらく直進すると芝生の広場に出る。その奥に次の目的地の大聖堂がある。徒歩5分。



⑧サン・ミッシェル大聖堂

Cathédrale des Sts Michel et Gudule

所要時間:20分 費用:0€

開館時間:8~18時 休館日:なし

元々サン・ミッシェルだけが祀られた大聖堂だったが1047年にサン・グデュルも移送されて二人の聖人が祀られた大聖堂となった。

ゴシック様式のこの大聖堂の建築は11世紀に始まったが終わったのは16世紀になってからである。

内装はシンプルな装飾ではあるが、ステンドグラスがとても繊細に作られている。

★大聖堂を出て交差点を右手に曲がりアンペラトリス大通り(Boulevard de l’Imperatrice)を直進すると中央駅前の広場に戻ってくる。そのまま直進して駅前広場を横切るとやがて銅像がある広場に出る。徒歩およそ10分。



⑨芸術の丘

Mont des Arts

所要時間:15分 費用:0€

アルバート1世の銅像が佇む広場から続くフランス式の庭園。

周囲にいくつもの芸術施設があることからこの名が付いた。

花が咲く季節は歩くだけでも楽しめる。

坂を上って振り返るとグランプレスの建物の屋根が見える。

★芸術の丘を抜けてそのまま坂を上り切ると広場に出るので左に進むと右手に公園が見えてくる。徒歩10分。



⑩ブリュッセル公園

Parc de Bruxelles

所要時間:20分 費用:0€

ブリュッセル最大の公園。

イベント会場に使われることも多いが、観光地と言うよりかは地元の人の憩いの場として使われている。

見どころはないが天気がいい日は散歩するのも気持ちがいい。

★公園と同じ出入り口から出て正面の宮殿に進む。



⑪ブリュッセル王宮

Palais de Bruxelles

所要時間:60分 費用:0€

開館時間:7月末~8月末の10時半~17時 休館日:月曜日

ベルギー国王が今なお利用している王宮で主に執務と迎賓のために使われている。

夏季限定で無料で見学が可能。

豪華な部屋が多く並ぶ中毎年体験型の展示品を置くイベントも行っている。

特に「鏡の間」は必見でファーブル昆虫記の筆者の孫の主導のもと天井に140万ものタマムシが敷き詰められている。

虫と聞くとゾッとするが遠目だと綺麗に見える。

王宮内の様子
有名な「鏡の間」
タマムシを使ったシャンデリア


★道を引き返し先ほどの坂の上の広場にある教会に進む。徒歩5分。



⑫サン・ジャック教会

Eglise Saint-Jacques-sur-Coudenberg

所要時間:15分 費用:0€

開館時間:水~土の13~17時45分 日の8時半~17時45分 休館日:月、火曜日

19世紀に完成した新古典主義の教会。

芸術の丘の上にあることで存在感がある。

内装は白を基調としたシンプルなもので、祭壇のところの天井はドーム状になっている。

★教会を出て広場内の左手の建物に進む。



⑬マグリット美術館

Musée Magritte Museum

所要時間:1時間半 費用:10€(⑭との共通券は15€)

開館時間:火~金は10~17時 週末は11~18時 

休館日:月曜日、1/1,5/1,11/1,11/11,12/25

シュルレアリスムの画家マグリットの作品が展示された美術館。

彼の不思議な世界観の作品が数多に展示されており見れば見るほど不思議な世界に迷い込んだ感覚になる。

鳥形に空が見える「帰還」や空は明るく地上は夜という不思議な光景の「光の帝国」など有名作品がある。

★次の美術館へは専用通路があるため一旦外に出なくても行くことができる。



⑭王立美術館

Musées Royaux des Beaux-Arts de Belgique

所要時間:2時間 費用:10€(⑬との共通券は15€)

休館日:月曜日、1/1,5/1,11/1,11/11,12/25

世紀末美術館と古典美術館の二つから成る美術館。

世紀末美術館ではゴッホやゴーギャンなど19世紀末以降の作品を主に扱っており、古典美術館では15~18世紀のフランドル絵画を中心に宗教画や風景画など多岐にわたる作品が展示されている。

★王立美術館を出たら左に曲がりマグリット美術館の横の道から坂を下り同じ道を通って駅に戻る。徒歩15分。



【ゴール】

ブリュッセル中央駅

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA