アッペンツェル観光ルート

アッペンツェル Appenzell

【街の説明】

スイス東部の人口7000人ほどの小さな村だが、州の中心となっている。観光向けでなく観光名所も特にないが、16世紀の可愛らしい装飾の家が見どころとなっている。またチーズやビール、カウベル装飾などの特産物でも知られている。

【オススメ度】

 ★★★☆☆

【所要時間】

 2時間

【費用】

 7 CHF

【疲れやすさ】

 ★★★☆☆

【観光ルート】



【スタート】

①アッペンツェル駅

Appenzell

★駅前の通りを進み、突き当りを左に曲がり、すぐ交差点を右に曲がる。次の交差点を左に曲がり、その次の交差点を右に曲がると広場に出る。徒歩5分。



②ランツゲマインデ広場

Landsgemeindeplatz

所要時間:10分 費用:0 CHF

可愛らしい装飾の建物に囲まれた村で一番大きな広場。

広場には片手を上げた像が建てられているが、これはランツゲマインデと呼ばれる毎年4月に村人みんなが参加する青空議会の様子を表している。

かつてはいろいろなスイスの自治体で行われていたが、現在行われている場所は少ない。

腰にサーベルを携えるのが伝統。


★広場から木に囲まれたテラスとオレンジ色のレストランの間にある道をしばらく真っすぐ進むと教会が見えてくる。徒歩5分。



③セントモーリシャス教会

Katholische Pfarrkirche St. Mauritius

所要時間:15分 費用:0 CHF

開館時間:9~18時 休館日:なし

村で一番大きな教会。

11世紀からある教会を4度の拡張と再築を繰り返して現在の形に19世紀にしたためゴシック様式、バロック様式、新古典主義が混ざっている。

時計塔にはランツゲマインデの片手を上げた男性が描かれている。

内装は素朴な外見とは大きく異なり、ロココ様式を取り入れた豪華な装飾をしている。

天井画も繊細に描かれておりじっくりと見入ってしまうほど。


★教会から出ると村のメインストリートに入る。メインストリートに入ってすぐ左手の建物に進む。



④アッペンツェル博物館

Museum Appenzell

所要時間:1時間 費用:7 CHF

開館時間:4~10月の月~金 10~12時 / 13時半~17時 土日11~17時

11~3月の火~日 14~17時

休館日:11~3月の月曜日、12/25、1/1

アッペンツェルの暮らしが分かる民俗博物館。

特産物の刺繍やカウベル装飾、家具などの生活用品の展示を通じて村での生活を知ることができる。

宗教画なども数多く展示されている。

博物館の間隣の村役場の赤い建物の壁画も見どころ。

★メインストリートを通り抜けると元来た道に戻るので左に曲がって駅に戻る。徒歩15分。



【ゴール】

アッペンツェル駅

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA