ロンドン観光ルート(ウェストミンスター、大英博物館)

ロンドン London

【街の説明】

イギリスおよびイングランドの首都。世界的な大都市で近代的な建物と古くから残る建物が共存している。大英博物館、バッキンガム宮殿、ビック・ベンなど見どころがとても多く一日では到底回り切れないのでいくつかのコースに分けて紹介する。ここではテムズ川沿いを歩いてロンドン・アイ、ウェストミンスターを見た後にヴィクトリア&アルバート博物館に行き、最後に大英博物館に行くルートを紹介する。

【オススメ度】

 ★★★★★

【所要時間】

 10時間半

【費用】

 £71(地下鉄代は含まない)

【疲れやすさ】

 ★★★★★

【観光ルート】



【スタート】

①地下鉄:ウェストミンスター駅

Westminster

サークル(Circle)、ジュビリー(Jubilee)、ディストリクト(District)線の駅。

★ウェストミンスター宮殿の当日券を買う場合は駅を出て、同じ建物を左から回り込むとある。



②ウェストミンスター宮殿のチケット売り場

ここで当日券を購入できるが、事前にネットで購入した方が確実。

なお、見学は夏季限定なので注意。

【チケット購入サイト】
https://www.parliament.uk/visiting/visiting-and-tours/guided-online-tour-of-the-palace-of-westminster-/



③ビック・ベン

Big Ben

所要時間:10分 費用:£0

ウェストミンスター宮殿の時計塔でロンドンのシンボルの一つでもある。

ピーターパンを始め様々な作品に登場するこの塔は1859年に完成した。

この時計塔から鳴らされる音色は現在日本の学校のチャイムに使われている。

★時計塔から右に進んで建物を回り込むと入口が見えてくる。徒歩数分。



④ウェストミンスター宮殿

Palace of Westminster

所要時間:1時間 費用:£22

開館時間:7~8月の9時半~15時 休館日:7~8月の日~火曜日、9~6月

テムズ川沿いにある国会議事堂で世界遺産に登録されている。

元々王の宮殿であったが1834年の火災によって半壊したことをきっかけにゴシック様式の外観にし、議事堂も作られることになった。

夏の間のみ宮殿内部を見学することができる。

ツアーにはガイド付きの団体とオーディオガイドを持って自身で回る方法がある。

順路に従って聖ステファンのホールや両議院のそれぞれの会議室など豪華な内装をした部屋を見ることができる。

なお、外部からの入口近くにはイングランド初代護国卿(最高権力者)のオリバー・クロムウェルの銅像がある。


★宮殿の正面の教会に進む。



⑤ウェストミンスター寺院

Westminster Abbey

所要時間:1時間 費用:£18

開館時間:10~13時(土曜日は9~15時) 休館日:日曜日、式典時

11世紀に作られたゴシック様式の寺院でこちらも世界遺産に登録されている。

戴冠式やロイヤルウェディングなど王室における重要な行事が行われてきた重要な場所でもある。

また、歴代国王やシェイクスピア、ニュートンなど多くの著名人の墓が床や壁にあり、それぞれの墓に彫刻が建てられている。

そのため他の教会に比べて彫刻がとても多い。

順路を辿ると回廊にも出ることができる。

なお、ビック・ベンで流れる日本の学校のチャイムの元となった「ウェストミンスターの鐘」はこの寺院のために作られたものである。

【チケット購入サイト】
https://tickets.westminster-abbey.org/


★ビック・ベンまで戻り、そこから橋を渡り左に曲がりテムズ川沿いにある観覧車に行く。徒歩15分。



⑥ロンドン・アイ

London Eye

所要時間:30分 費用:£31(オンラインチケットの割引あり)

開館時間:11~18時(時期によって異なる) 休館日:なし

イギリスの2000年を迎えることを記念するミレニアムプロジェクトの際に作られた巨大観覧車。

135mの高さからロンドンを一望でき、かつてはこの高さでギネスブックに登録されていた。

カプセルは32個あり、それぞれ25人まで乗ることができる。

時期によって時間も異なり、オンライン予約の方が割引があるので以下のサイトより確認するのがオススメ。

【ロンドン・アイ公式サイト】
https://www.londoneye.com/tickets-and-prices/general-tickets/standard-tickets/


★引き続き川沿いを進むと橋が見えてくるので渡り、渡ったら右手から降りると地下鉄の駅があるので入る。徒歩10分。



⑦地下鉄:エンバンクメント駅

Embankment Station

ここでサークル(Circle)線のエジウェア・ロード行き(Edgware Road)かディストリクト・ライン(District Line)のイーリング・ブロードウェイ行き(Ealing Broadway)に乗る。次に止まる駅がウェストミンスター駅ならば合っている。乗り換えなしでおよそ10分。

⑧地下鉄:サウスケンジントン駅

South Kensington Station

★駅を出て左に曲がり車道に出たら右に曲がり、そこにある分かれ道は右カーブの道に進む。そのまま道なりに進むと正面に見えてくる。徒歩5分。



⑨ヴィクトリア&アルバート博物館

Victoria and Albert Museum

所要時間:2時間半 費用:£0

開館時間:10~17時45分 休館日:月曜日、火曜日、12/24~26

ヴィクトリア女王とその夫アルバートによって基礎が作られた博物館。

元々はヴィクトリア女王の時代の産業博物館として作られたが現在は現代アートや古美術、ファッション、家具など世界中の様々なアートとデザインを収容しており、その数は400万点に及ぶ。

★駅に戻って再度エンバンクメント駅に戻ったらノーザン線(Northern)のゴルダーズ・グリーン行き(Golders Green)に乗り換える。移動時間およそ20分。



⑩地下鉄:トッテム・コート・ロード駅

Tottenham Court Road Station

ここで電車を降りる。

★地上に出ると交差点に出る。その一角にレンガ造りの建物があるので、この建物が左手に来るように道を進み、一つ目の交差点を右に曲がる。その後ひたすら直進すると左手に見えてくる。徒歩10分。



⑪大英博物館

The British Museum

所要時間:4時間 費用:£0

開館時間:10~17時 休館日:12/24~26

世界最大規模の博物館で800万点以上のものが収蔵されており、そのうち15万点が博物館内に展示されている。

アジア、アフリカなど世界中のエリアによって展示エリアが分けられており、その多くは寄贈によるものである。

数多ある展示品の中で一番有名なのは3つの言語で書かれたロゼッタストーン。

他にもパルテノン神殿の彫刻やモアイ像、日本のものまで展示されている。

じっくりすべて見ようとすると丸一日かかってしまうほどのボリュームである。


★駅に戻る。



【ゴール】

地下鉄:トッテム・コート・ロード駅

ノーザン線(Northern)とセントラル線(Central)が通る駅。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA