【あるある】フランスで見つけたカルチャーショック②

こんにちは(^O^)

前回のカルチャーショックを紹介する記事が好評だったので今回は第二弾です。

前回の記事はこちらをご覧ください。

それでは早速いきましょう!!


家で靴は脱ぐ

日本人は玄関で靴を脱ぐけど、欧米は家でも靴は履いたまま。

このように日本にいるときは教えられて育ってきました(主にフルハウス)。



しかしいざフランスに住んでみると違いました。

みんな家の中では靴を脱いでいます

日本のように段差のある玄関はありません。

しかし、家の扉に入ったら靴を脱いで隅に寄せます。

そのため家では日本人と同じように靴を脱いで生活しています。

これがフランス人全員かというと、そうとも言い切れません。

というのも今のアパートに引っ越して間もないころ、不動産屋さんから業者さんが家の水道やガスなどをチェックしに来ました。

家に上がるとそのまま土足のままキッチンへ直行!!

引っ越ししたてでまだ綺麗にしているのにーー!!と心で叫びました。

業者さんは土足で上がることが多いのです。

そのため次からは家に上がったら靴を脱ぐようにお願いすることにしました。

ちなみに日本は玄関があるためドアは外開きが多いですが、フランスを始め海外では防犯上の理由で内開きが多いです。

侵入者が無理矢理ドアを開けようとした時、内開きの方が物を置いたり体重をかけてもたれればドアを開けられなくなるためです。

そういった理由からフランスでは靴は脱ぎますが、靴を置くスペースがあまりないです。

信号無視

フランスに住んでいてよく見るのが歩行者による信号無視です。

日本だと横断歩道の信号が赤だったらちゃんと青に変わるまで待ちます。

しかしフランスでは赤であろうと車が来ていないならば構わず渡ります。

始めの頃は日本人らしく青まで待っていましたが、その横を多くの人が渡って行くのを見ていると自分は旅行者だとスリのターゲットになってしまうような気がしてきて同じように渡る習慣が付いてしまいました。

そのため日本に帰国したときしばらくうっかり赤でも横断歩道を渡ろうとしてしまいます。

もちろんフランスでも赤信号で渡れば交通違反になります。

ちゃんと罰金も定められており、その額なんと5€(600~700円くらい)

そもそも罰金があることを知っている人も少なそうですが、このくらいの額なら払ってもいいと思えてしまいます。

警察も国民のほとんどが守っていない、しかも罰金がこれだけの罪をわざわざ取り締まろうとはしません。

その結果、フランスでは赤でも横断歩道を渡る人が多いです。

とはいえ、車通りが多い道を無理に渡る人はさすがにいません。

私服のスタッフ

日本では街中や電車の中でスーツ姿の人をよく見かけます。

学生であれば制服を着ています。

しかしフランスではあまり見かけません。

まず学生は基本的に私服です。

もちろん制服の学校もありますが、それは少数派です。

そしてサラリーマンの戦闘服であるスーツも一部の仕事でしか着ません。

ワイシャツの人はいますがビシッと背広にネクタイで出歩く人なんてほとんど見かけません

もちろんビジネス街で働く人や政治家などはスーツです。

それを考慮しても街中でスーツ姿を見かけるのは日本より圧倒的に少ないです。

それほど服装の自由が許されている国だと言えます。

余談ですが以前語学学校で制服を学校でも導入すべきかどうかについて討論する授業がありました。

私は日本のことを思い出して賛成派として意見しましたが、制服なしで生きてきた他のクラスメイトにはピンと来ていませんでした。

育ってきた環境が違うと価値観も大きく変わってくるのだなと感じました。

サングラス

町を歩いているとサングラスをかけている人は日本よりも圧倒的に多いです。

日本にいた頃サングラスなんてファッションアイテムだと思っていたので、みんなオシャレさんだなと思っていました。

しかし実際はそうではなく、目の色素が薄い欧米人にとって太陽の紫外線は目の色素が濃い日本人よりもダメージを与えるためでした。

要は目を守るための健康器具だったのだとフランスに来て知りました。

サングラスは目のために大事ではあるのですが、目元を隠してしまうので誰か分からなくなってしまう欠点もあります。

この前バスに乗っていたら前の席の人が話しかけてきました。

話からするに同じ職場の人だというのは分かったのですが、サングラスをかけているせいで誰か分かりませんでした。

結局そのままうまい具合に話を合わせてその場を去りました。

バスの中くらいサングラスを外してもいいのにと思いました。

まとめ

今回もフランスのいろいろなカルチャーショックを紹介しました。

日本とは違っているところも多いですが、今回の玄関のように意外に同じだったところを見つけるのもカルチャーショックだと思います。

またネタが見つかったら紹介します。

それでは(^^)/~~~

次のカルチャーショックはこちらをチェック!!

フランス情報はこちらをチェック!!


旅行お役立ち情報はこちらをチェック!!

コメント