【一時帰国】パスポートを更新してみた

こんにちは(^O^)

先日日本に一時帰国した際にいろいろなことをしました。

その中でも一番の目的はパスポートの更新でした。

今年で期限も切れてしまうのでその前に日本で更新することにして1か月の有休を取って日本に行きました。

ここでは実際の経験を通じて海外滞在者はどうやってパスポートを更新するのか、日本在住者とどう違うのかなどについて紹介します。

なお、現在新型コロナウィルスによって日本入国には書類やアプリを準備する必要があるので以下をご参照ください。



パスポート更新とは?

パスポートの更新を先ほどから言っていますが、厳密には切替と呼びます。

パスポートには5年もしくは10年の有効期限があり、期限が切れる1年前から切り替えを行えるようになります

当然ですが有効期限が切れたパスポートで海外渡航することはできませんが、ヨーロッパの国々ではパスポートの残りの有効期限が滞在期間+3か月以上残っている必要があるため1年を切った段階で切り替えは行うようにしましょう。

また、査証ページが埋まった人も切り替え申請を行います。

査証ページは入国・出国スタンプだけでなくビザもここに貼り付けられます。

なお、全国各地のパスポートセンターは以下の外務省のリンクから探すことができます。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/pass_6.html


海外在住者はどうしているのか?

日本に住んでいるならばパスポートの切り替えは初めて申請したときと同じように必要書類を揃えて申請します。

それでは日本に帰れない海外在住者はどうするのか、と言いますと現地の大使館や領事館で申請することができます。

そのためわざわざ切り替えのためだけに日本に帰ってくる必要は必ずしもありません。

しかし大使館や領事館も国の首都や主要都市にしかないため地方に住んでいる人は行くのが大変です。

そういった理由から今回の私のように一時帰国して切り替えを行う人も出てきます。

パスポートの切り替えに必要な書類

日本に住んでいる場合、切り替えには以下のものを用意する必要があります。

・一般旅券発給申請書(窓口で記入もしくは家で印刷して記入)

・証明写真(縦45㎜、横35㎜)

・有効なパスポート

・住民票(住基ネットがない方、住民登録しているところ以外の都道府県で申請する方)

・戸籍謄本もしくは抄本(戸籍上に変更があった場合)

・身分証明書

海外在住者がこれと同じように申請しようとすると住民票のところでつまずきます

というのも、海外に住む前に役所で海外転出届を提出すると住民票は日本には入っていないからです。

そうなると住基ネットもなければ住民登録も海外になります。

それならば住民票を入れればいいということになりますが、一時帰国では住民票を入れてくれない役所もあります。

これでは書類が揃わず申請できなくなってしまうので一時帰国の人向けに内容が変わります。

一時帰国の人は以下の書類を用意します。

・一般旅券発給申請書

・証明写真

・有効なパスポート

・居所申請申出書

・現地の滞在を認められている証明書

・戸籍謄本もしくは抄本(戸籍上に変更があった場合)

・身分証明書


居所申請申出書とは日本に一時帰国している間はどこに住んでいるのかを記載する書類です。

一時帰国の間に滞在する都道府県に対して申し出るものなので記入用紙も各都道府県によって異なります

書類は申請時に窓口で受け取ることもできますが、各都道府県のホームページからもダウンロードできます。

なお、海外滞在中に実家が引っ越してしまった場合でも本籍を変更していないならば戸籍謄本もしくは抄本は不要です。

現地の滞在を認められている証明書は滞在許可証やビザなど政府が発行したものとなります。

なお、日本在住者ならば代理申請ができますが一時帰国の場合はできません。

日数と費用

日数と費用については一時帰国の人だろうと日本在住者だろうと同じです。

日数は申請する場所によって6営業日もしくは8営業日かかります。

少なくとも1週間くらいはかかるので遅くても帰りの飛行機には間に合うように手配しましょう。



費用は

・10年:16,000円

・5年(12歳以上):11,000円

・5年(12歳未満):6,000円

です。

上記の金額分の印紙を購入する必要がありますが、多くの場合パスポートセンター近くに購入場所があります。

なお、支払いは現金のみなので注意しましょう。

免税はどうなる?

一時帰国をすると特定の店舗にて免税を行うことができます

詳しいことはまた改めて紹介しますが、免税を利用するには入国日のスタンプが押されたパスポートが必要となります。

パスポートの切り替えを行ってしまうとそれができなくなってしまうのでは?という疑問が生まれます。

パスポート申請中は手元にパスポートがないため免税を利用することはできません。

しかし切り替えが終わり、新しいパスポートを受け取るときに前のパスポートも一緒に受け取れば免税を利用することができます

前のパスポートは利用不可の印が表紙などに残されるので免税を利用する際は新しいのと一緒に持っていくと安心です。

パスポートを切り替えると起こること

パスポートを新しいものに切り替えるとパスポート番号が変わります

そのため、すでに航空券を手配しており、パスポート番号を登録してあるのならば変更する必要があります。

最近はパスポート番号を聞かれずに予約する場合が増えていますが、入力した場合は変更を忘れないようにしましょう。

最悪忘れたまま空港に行っても前のパスポートと一緒に見せれば乗れるには乗れますが、トラブルは避けられるうちに避けておきましょう。

他にも新型コロナウィルスの影響で海外滞在国に戻るときに陰性証明書などの書類が必要になる国があります。

そういった書類にもパスポート番号を記載するところがあるのでここも変更しておきましょう。

まとめ

以上が一時帰国して日本でパスポートを切り替えた場合の情報です。

日本在住者と用意する書類が異なっていたり、海外滞在国に戻る際に気を付けておく部分があるため事前にしっかりと調べておきましょう。

それでは(^^)/~~~

フランス情報はこちらをチェック!!


旅行お役立ち情報はこちらをチェック!!

コメント