レンヌ観光ルート

レンヌ Rennes

【街の説明】

ブルターニュ地方の玄関口となる都市。ここからモン・サン・ミシェル行きのバスも出ている。旧市街には木組みの家を見ることができる。夏の夜にはブルターニュ高等法院(市裁判所)でプロジェクション・マッピングが開催されたりとイベントも多い。歴史的には1720年の大火や第二次世界大戦の被害も受けた。

【オススメ度】

 ★★★★☆

【所要時間】

 4時間

【費用】

 6€

【疲れやすさ】

 ★★★★☆

【観光ルート】



【スタート】

①レンヌ駅

Gare de Rennes

★駅前の道を直進し、川のところまで歩く(徒歩15分)



②レンヌ美術館

Musée des Beaux-Arts

所要時間:1時間 費用:6€

開館時間:10~17時(土日は18時まで) 休館日:月曜日、祝日

古代から近代芸術まで幅広くそろえる美術館。中でもジョルジュ・ド・ラ・トゥールのNouveau-né(新生児)が見どころ。ピカソやゴーギャンなども取りそろえている。

★美術館の前の道をそのまま進むと徒歩5分ほどでレピュブリック広場Place Républiqueに出るので、そこを北に縦断する。すると、市役所とオペラ座に囲まれたメリー広場Place de la Mairieに着くので、そこを左折(西)し、旧市街の中をまっすぐ進むこと5分



③オ・プチ・グレニエ(外観のみ)

Au Petit Grenier

所要時間:5分 費用:0€

旧市街の家の中でも特に目立つ外壁を持つ建物。一階がレストランになっている。

★そのまま道をまっすぐ進み、突き当りを右(北)に曲がる。徒歩5分



④レンヌ大聖堂

Cathédral St-Pierre

所要時間:20分 費用:0€

開館時間:9時半~12時/15~18時 休館日:なし

ネオ・クラシック様式の大聖堂。茶色の柱、金縁の天井という色の組み合わせは他の教会ではあまり見られない。レンヌ観光では外せない場所。

⑤モルドレイズ門

Portes Mordelaises

所要時間:10分 費用:0€

旧市街の名残を感じられる門。かつて街を囲んでいた城壁を一部見ることができる。

★④の大聖堂の横の道を通り、最初の交差点を左折(北)。そのまま直進すること徒歩10分



⑥サン・タンヌ広場

Place Sainte-Anne

所要時間:5分 費用:0€

旧市街の中でも木組みの家をたくさん見ることができる広場。レストランが多く並び人で賑わっている。

⑦サントーバン教会(外観のみ)

Église St-Aibin

所要時間:5分 費用:0€

正面がツタに覆われた教会。現在工事につき中に入ることができない。

★⑦の教会の横(東側)のボン・ヌーベル通りRue de Bonne Nouvelleを突き当りまで直進する(徒歩15分)。進むにつれて次の目的地の教会が見えてくる。



⑧サン・メレーヌ教会

Église Saint-Melaine

所要時間:15分 費用:0€

開館時間:10時半~12時/16~18時(土は午前中のみ) 休館日:日曜日

綺麗な庭園横にある教会。小さくてシンプルな内装だが、巨大な壁画は見もの。教会裏手にあるタボール公園Parc du Thaborは地元の人に親しまれている場所。敷地が広いので散歩すると一周するのに1時間くらいはかかる。

★教会前の坂道を下り、別の庭園に着いたら再び街中に戻るために右折(西)。少し進むと広場と向い合せになったブルターニュ高等法院Parlement de Bretagneに着くので、その広場の南側の道を下ると左手に教会が見えてくる。全体で徒歩15分



⑨サン・ジェルマン教会

Église St-German

所要時間:15分 費用:0€

開館時間:9時半~19時(日は12時まで) 休館日:なし

長い青屋根の塔が特徴的な教会。シンプルな造りだが、ステンドグラスには色鮮やかに絵が描かれている。

★教会の南を少し進むと川に出る。ここを左折(東)して最初の橋を渡って直進すれば駅に戻る(徒歩20分)



【ゴール】

レンヌ駅



【おまけ】

⑩バスターミナル

モン・サン・ミシェル行きのバスが出るところ。カウンターで切符を買い、裏手のターミナルからバスに乗る。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA