ラ・ロシェル観光ルート

ラ・ロシェル La Rochelle

【町の説明】

ラ・ロシェルは大西洋岸の中でも人気の港町です。旧港の入り口には二つの塔が建ち、同じ海岸沿いに塔があります。この景色が多くの画家たちを魅了してきました。街並みはルネサンス期の町並みが残されており、他の町とは違う雰囲気を見ることができます。ここから航海に出ていた歴史もあり、その名残も所々で感じられます。

【オススメ度】

 ★★☆☆☆

【所要時間】

 6時間

【費用】

 21€

【疲れやすさ】

 ★★★☆☆

【観光ルート】



【スタート】

①ラ・ロシェル駅

Gare de La Rochelle

★駅前と通りを港が見えるまで5分ほど真っすぐ進むと観光案内所が見えてきます。


②観光案内所

所要時間:5分 費用:0€

ここで地図など情報を手に入れましょう。

★観光案内所と港の間の道を進み、突き当りを右折します。少し進むと左手に塔が見えてきます。徒歩5分の距離です。


③サン・ニコラ塔

Tour Saint-Nicolas

所要時間:30分 費用:6€

開館時間:10~13時/14時15分~17時半(夏は18時半まで)
休館日:第一月曜日

港にある塔のうちの一つです。

3つの塔の共通券(9€)でも登れます。

中には船や海洋生物など海にまつわる彫刻などが見られます。

屋上からは町を一望できます。

★旧港沿いに10分ほど進むと次の塔に着きます。


④シェーヌ塔

Tour de la Chaîne

所要時間:30分 費用:6€(3塔共通券9€)

開館時間:10~13時/14時15分~17時半(夏は18時半まで)
休館日:第一月曜日

入り江に面する鎖を意味する二つ目の塔です。

かつては火薬庫として使われていました。

昔は夜に一つ目のサン・ニコラ塔と大鎖を繋いでいたことが由来です。

内部にはアメリカ開拓時代の資料が見られます。

ここも屋上に昇れます。

★城壁に沿って最後の塔に行きます。


⑤ランテルヌ塔

Tour de la Lanterne

所要時間:30分 費用:6€(3塔共通券9€)

開館時間:10~13時/14時15分~17時半(夏は18時半まで)
休館日:第一月曜日

他の二つとは異なり、長年牢獄として使われていた塔です。

そのため、囚人たちの落書きを見ることができます。

この塔も屋上に行けます。

★折り返して町の旧市街に向かいます。⑤の塔の横の道から最初の交差点を右折して港に戻ると時計塔のある広場に着きます。徒歩10分の距離です。


⑥大時計門 

Tour de l’Horloge

所要時間:5分 費用:0€

町の入口にある門です。

元々は14世紀に要塞の門として作られましたが、15世紀に時計が付けられました。

★旧市街のアーケードを10分ほど真っ直ぐ進むと教会が見えてきます。


⑦サン・ルイ大聖堂 

Cathédrale Saint-Louis de La Rochelle et Tour St Barthelemy

所要時間:15分 費用:0€

この町の大聖堂で他の町の大聖堂とは異なりシンプルな外観と内装を持ちます。

ステンドグラスはあまり多くの色を使わずに描かれているのが特徴です。

大聖堂前の広場には公衆トイレがあるのでこちらで休憩をするのもオススメです(階段を降りたところにあります)。

★大聖堂横の来た道を進み、最初の交差点を右折して次の交差点まで進むと噴水があります。徒歩5分で着きます。


⑧ピロリの噴水 

Fontaine du Pilori

所要時間:5分 費用:0€

歴史遺産に登録されている噴水です。

★噴水の交差点を右折し、次の交差点を右折すると美術館が見えてきます。徒歩5分で着きます。


⑨ラ・ロシェル美術館

Musée des Beaux-Arts de La Rochelle

所要時間:1時間 費用:6€

開館時間:9時半~12時半/13時半~17時(夏は18時まで、土日は14~18時)
休館日:火曜日、1/1、5/1、7/14、11/1、11/11、12/25

絵画を中心とした美術館でラ・ロシェルの3つの塔が描かれた絵画も観ることができます。

★通りを引き返し、さらに次の交差点を右折すると今度は博物館が見えてきます。


⑩新世界博物館

Musée du Nouveau Monde de La Rochelle

所要時間:1時間 費用:6€

開館時間:9時半~12時半/13時半~17時(夏は18時まで、土日は14~18時)
休館日:火曜日、1/1、5/1、7/14、11/1、11/11、12/25

黒人のキャプテンが入口にいるのが目印の博物館です。

アメリカ大陸への航海に関する資料が数多く展示されています。

★元の道に戻り、再び歩くと5分ほどで市庁舎が見えてきます。


⑪市庁舎(外観のみ) 

Mairie de La Rochelle

所要時間:5分 費用:0€

2014年に火事によって焼失してしまった市役所です。

シンボルである青屋根の塔は残っています。

★市庁舎の先の広場の左前の道から繁華街の中を進むと港の手前に教会が現れます。


⑫サン・ソヴール教会

Église St-Sauveur

所要時間:15分 費用:0€

チェックでモノトーンの床が印象的な教会です。

港町の教会らしく、船の模型が飾られています。

★教会前の道を右折して旧港まで戻り、大きな橋を渡ったら直進して駅まで戻ります。駅まで徒歩15分かかります。



【ゴール】

ラ・ロシェル駅



ラ・ロシェル周辺のエリア情報はこちらをチェック!!


旅行のお役立ち情報はこちらをチェック!!

コメント