ミュルーズ観光ルート

ミュルーズ Mulhouse

【町の説明】

ストラスブールの南に位置する町。かつてはスイスに関わるのある小さな共和国によって統治されていた町でその名残を旧市街のレユニオン広場を中心に見ることができる。中心街の市庁舎の壁画はこの町の見どころの一つ。町の北の外れには大規模な自動車博物館があり、様々な年代から集められた何百もの自動車が一カ所に展示されている。午後から開館しているところが多いので午前中に訪問する場合は注意。

【オススメ度】

 ★★★☆☆

【所要時間】

 7時間

【費用】

 26.80€

【疲れやすさ】

 ★★★☆☆

【観光ルート】



【スタート】

①ミュルーズ駅

Gare de Mulhouse

★ 路面電車(トラム)の駅で1号線(赤)シャテニエーChâtaignier行きに乗る。切符片道1.40€。 そのままトラムに揺られること10分。



②ボルウェルクの塔(外観のみ)

La tour du Bollwerk

所要時間:1分 費用:0€

トラムの窓から見える14世紀の塔。

二つのアーチに挟まれるように塔が建っている。

★そのまま電車に乗ること20分。



③ミュゼ・ドゥ・ロート駅

Musée de L’Auto

ここで降りる。駅の近くにあるオレンジ色の建物を目指す。



④自動車博物館

Cité de l’Automobile

所要時間:1時間半 費用:14€

開館時間:10~17時(1、2月は13~17時) 休館日:12/25

2万㎡もある大規模な自動車博物館。

内部にはおよそ500もの自動車が展示されており、そのほとんどが現存していないものである。

その一方で最新のスポーツカーやその技術についても紹介されており、幅広く自動車について学ぶことができる。

★ 再びトラムの駅に戻って今度は反対方向のミュルーズ中心駅Mulhouse-Gare-Centrale行に乗る。次の観光スポットまで20分。



⑤ポルト・ジューン駅

Porte Jeun

ここで降りて市内散策に向かう。

★トラムの今来た線路沿いに少し歩くと左手の曲がり角にモニュメントが見える。



⑥スチウェッサーの彫刻

Sculpture Le schweisser

所要時間:5分 費用:0€

通りを抜けたところにある巨大な現代アートのオブジェ。

2000年からこの町で行われている現代アート展示会の一環で2006年にイーブス・キャレイYves Carreyによって作られた。

様々な部品で組み立てられたメカニックなこの作品は溶接工を表現している。

★⑥のオブジェの隣にある道から建物の間をしばらく進む。すると左手に小さな広場が現れるのでその道を進む。徒歩10分。



⑦サン・テチエンヌ教会

Temple Saint-Étienne

所要時間:20分 費用:0€

開館時間:13~19時 休館日:第一日曜日

街の中心部であるレユニオン広場にある19世紀に建築されたゴシック様式の教会。

細かく装飾された尖塔が特徴的。

内部には数多くの色彩豊かなステンドグラスが飾られているが、二階部分を中心に飾られているという構造的特徴がある。

⑧市庁舎・歴史博物館

Hôtel de ville – Musée Historique

所要時間:1時間 費用:0€

開館時間:13~18時半(7、8月は10~12時半も追加)
休館日:火曜日、祝日

同じレユニオン広場の一角にある市庁舎。

地元の画家であるジャン・ガブリエルによって描かれたフレスコ画が壁一面に描かれており、一見市庁舎には見えない。

内部は博物館となっており、ミュルーズの文化にまつわる資料などが展示されている。

★市庁舎の前の広場を抜けた先の最初の曲がり角を右折して歩くこと徒歩5分。



⑨美術館

Musée des Beaux-Arts

所要時間:1時間 費用:0€

開館時間:13~18時半(7、8月は10~12時半も追加)
休館日:火曜日、祝日

モダンな外観をした美術館。庭園には現代アートのオブジェが飾られている。

宗教画から現代アートまで様々なジャンルの絵画や彫刻などが展示されている。

★美術館の前の通りをまっすぐ進むと円形に囲まれたアパートの広場を通り抜ける。すると、最初の駅前の開けた通りに出るので渡らずに左折してまっすぐ進む。突き当りの手前に最後の目的地がある。全体で徒歩15分。



⑩織物印刷博物館

Musée de l’Impression sur Etoffes

所要時間:1時間半 費用:10€

開館時間:13~18時 休館日:月曜日、1/1、5/1、12/25、12/26

1746年に繊維産業がこの町に誕生したことでミュルーズは産業革命の町として急激に発展したことを学ぶことができる博物館。

様々な生地の展示をはじめ、制作道具やファッションや家具などその用途も合わせて展示している。

★来た道を引き返し、トラムの線路まで来たら左折して線路沿いに沿って駅へと戻る。徒歩5分。



【ゴール】

ミュルーズ駅

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA