ランジェ観光ルート

ランジェ  Langeais

【城の説明】

トゥールから西へ電車で30分ほど行ったところにあるお城。フランス最古の要塞が残る場所としても知られている。城自体はルイ11世によって百年戦争で壊れた要塞からお城へと作り替えられた。城での一番の出来事はシャルル8世がブルターニュのアン王妃と結婚式を挙げたことである。

オススメ度】

 ★★★☆☆

所要時間】

 2時間半

【費用】

 10.50€

疲れやすさ】

 ★★☆☆☆

観光ルート】



スタート】

①ランジェ駅

Gare de Langeais

★駅を出て左に進むと交差点に出る。右前のキオスクのある大通りを進み突き当りを左に曲がる。そのまま直進すると城が見えてくる。徒歩10分。



②ランジェ城

Château de Langeais

所要時間:1時間半 費用:10.50€(4~11月)/9.80€(12~3月)

開館時間:2~3月は9時半~17時半(4~6、9~11月は18時半まで)
7~8月は9~19時、12~1月は10~17時
休館日:なし

イギリスとの百年戦争でフランス最古の要塞の一部が残る城。

内部は主に城主の城での暮らしが再現されており、千もの花が描かれたタピスリーや細やかな装飾が施された床、貴族の食卓や寝室などを見ることができる。

また、マネキンを用いてシャルル8世の結婚式の様子が再現されている。

庭園も見どころであり、一部だけが残った要塞の壁の窓からお城を覗き込むことができる。

敷地は広くないが木の上の秘密基地など子供心をくすぐるものがたくさんある。

千の花が描かれたタピスリー
タピスリーと床の装飾
フランス最古の要塞の一部
(裏から上部へ行くことができる)

★城を出て左に進むと突き当りに見えてくる。徒歩5分。



③サン・ジョン・バチスト教会

Église Saint-Jean-Baptiste

所要時間:15分 費用:0€

開館時間:9~18時 休館日:なし

1662年に建てられた黒屋根の時計塔が象徴的な教会。

教会の外装もピンクと白の縞模様が描かれている。

内装はステンドグラスもほとんどないシンプルな造りで、床にはランジェ城のように装飾がたくさん施されている。

★教会の先の道を道なりに進むと広場に出る。右手に駐車場の間を抜けながら進み道に入ったら右手に沿うように進むと最初に来た場所に戻るので、そのまま駅へと変える。徒歩20分。



ゴール】

ランジェ駅

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA