レストランの使い方



フランス旅行の醍醐味の一つは美味しいフランス料理です。

お高いフレンチを楽しむのもいいですが、地方ごとに名物料理があるのでそちらをいただくのもお勧めです。

ここでは一般的なレストランの利用方法を紹介ます。



【入店前】

店頭にメニューが飾ってあるので、目を通して料理の内容と料金から入店するか決めます。

メニューは単品(Carte)コース(MuneもしくはFormule)があります。

単品は割高ですが、量が多いです。

コースはお得ですが、一皿あたりの量が減ります。

それでもお腹いっぱいになるボリュームですので、いろいろなフランス料理を食べたい場合はコースをお勧めします。

なお、コースの値段はランチの方がディナーよりも安いです。

コースは一般的に前菜(Entrée)→メイン(Plat)→デザート(Dessert)の順に書かれています。

お店によっては前菜+メイン、メイン+デザートという組み合わせで選ぶこともできるお店もあります。

【入店時】

まずお店に入ったら店員さんに声をかけ、人数を伝えます。

そのまま席に案内されるか、暖かい季節では店内かテラス席か尋ねられることがあるので好みの方を選びます。

禁煙喫煙はあまり聞かれません。

空いている席に勝手に座ることもできますが、店員さんに気づいてもらえず待ちぼうけになることもあるので、声をかけた方が安心です。



【着座時】

メニュー表を渡されるのでまずはドリンクを選びます。

フランスでは食前酒を飲むことが多いためです。

無理にお酒を飲まなくてもソフトドリンクやミネラルウォーターでも問題ありません。

なお、日本のように無料の水は出てこないところが多いので、希望の場合はCarafe d’eau(キャハフ ド)と言えば注文できます。

【注文時】

まずはドリンクを頼みます。

言葉に不安がある場合はメニューを指させば伝わります。

ドリンクが届いたら食べ物を注文しますが、食前酒を無視してそのまますぐ食べ物を注文することも可能です。

メニューから頼む場合は、どのメニューから選ぶのか、前菜、メイン、デザートはそれぞれどれがいいのかをカテゴリーに分けると伝わりやすいです。

こちらも料理名を指させば伝わります。



【配膳時】

料理がサーブされたら食事スタートです。

食器をカタカタ鳴らすなどの物音は立てないように気を付けましょう。

特に麺類をすする音は海外ではマナー違反とされているので、噛み千切るように食べます。

側に置かれるパンは日本のお米と同じで、おかずを食べたら手で一口サイズにちぎって食べます。

お皿に残ったスープやソースをパンに染み込ませて食べる方法もあります。

フォークとナイフを置くときはまだ食べるのならば八の字に、もう食べないのならば二つ並べて置きます。

たまに店員が美味しかったかと聞いてくるので、素直に美味しかった(デリシューもしくはセボンなど)と伝えましょう。

デザートの後にコーヒーを飲むか聞かれるので、必要かどうか答えましょう。

頼んだ場合はその分の料金がプラスされます。



【会計時】

支払いは基本的に席に座ったまま行います。

店員にアイコンタクトを送り、L’addition, s’il vous plaît(ラディシオン、シルブプレ)と伝えればレシートを持ってくるので、その分の金額をレシートの側に沿えます。

しばらくすると店員が回収に来るのでおつりがあれば受け取ってお店を出ます。

急ぎの場合は、席で待たずにレジまで行けば手が空いた店員が対応してくれます。

まとめ】

以上がレストランの一般的な利用の流れです。

入店してから何を食べるのかゆっくり決めるのもいいですが、あらかじめ食べたいものに目星をつけてから行く方が外れが少ないです。

旅行前に食べたい料理名のフランス語をピックアップしておき、お店の前にメニュー表に載っていたら入店するのがオススメです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA