ショッピングに出掛けよう



旅行では観光以外にもショッピングを楽しみたいという方も多いと思います。

しかし、フランスと日本ではショッピングの中でも文化の違いがあるので注意が必要です。

ここではそれぞれのシチュエーションに沿って違いを見ていきましょう。



ブティックなどの販売店の使い方】

フランスと言えばルイヴィトンやディオールなど、日本でも有名な高級ブティックがあり、ここでの買い物を楽しみにしている方も多いと思います。

買い物の方法としては欲しいものを選んで買う、それだけなのですがその中でも日本とフランスでは違いがあります。

まず、お店に入るときは挨拶しましょう

日本では無言で店内に入ることも日常的にありますが、フランスでは失礼にあたります。

感覚としては「相手の敷地にお邪魔している」と思って行動すれば自然とできるかと思います。

一部の高級ブティックにはガードマンがいますが、そういった方にも挨拶しましょう。

挨拶はボンジュールとフランス語で。これだけで対応がかなり変わってくるので話せないとしてもせめて挨拶はフランス語でしましょう。

また、店員さんはお客様のことを神様とは思っていないので店員同士で雑談をしていたり、携帯をレジで触っていることもありますが、これも文化の違いと認識しましょう。

欲しいものが決まったらレジに並びますが、ここで待たされることもよくあります。

日本のようにいかにお客様を待たせないようにするかと考えず、いかに一人一人にしっかりと向き合うのかを大事にしているので日本以上に時間がかかります。

現地の人たちもそういった認識でいるので待たされることに対して苛立ちを表すことはあまりありません。

レジの順番が来たらボンジュールと挨拶して、立ち去るときはメルシー、オ・ルヴォワールと挨拶をして出ていきましょう。

何も買わなかった場合も同様です。

いずれにしても挨拶だけはしっかりとするのがマナーです。

【スーパーの使い方】

気軽にお買い物をしたいのならばスーパーがオススメです。

フランスにはコンビニはないので24時間営業しているお店は少ないので注意が必要です。

また、日曜日も閉まっているか午前中のみしか開いていないので曜日を考えて行動しましょう

スーパーは入ると一方通行のゲートがあるところがあります。

これは万引き防止のためのものなので、同じところからは出られません。

会計を済ませて出るか、何も買わなかった人用のゲートが別にあるのでそこを通ります。

一度買い物を済ませてさらに買い足すために購入済みの商品を持ったまままた入口のゲートを抜けると、アラームが鳴って警備員に呼び止められるので注意しましょう。

買い物の仕方は日本と同じですが、売っているものもほとんど日本と違うので見て歩くだけでも楽しめますし、現地ならではのお土産もお手軽に手に入ります。

会計は有人レジと無人レジがあります。

有人の場合はレジ前にあるベルトコンベアに買うものを自分で乗せていきます。

それをレジ係がバーコードを読み取って横へと流していくので自分でその場で袋に入れなければいけません。

日本のようにカゴに入れてくれないので早く入れて行かないと次の人を待たせることになります。

無人レジの場合、自分で機械にバーコードを読み込ませて精算を行うので日本にあるものと似ています。

ただし、10品以下の購入など制限があるので案内板をよく見てから利用しましょう。

パン屋の使い方】

フランスのパン屋さんには日本にはないものがたくさんあります。

定番のバゲットやパン・オ・ショコラ以外にも旅行を機に食べてみたいものです。

ただ、フランスのパン屋さんは日本とはシステムが違うので注意しましょう。

まず、セルフで買いたいパンをトレイに乗せる日本のスタイルとは異なり、フランスの場合はカウンター越しに店員に注文するスタイルです。

列に並んで自分の番が来たら食べたいパンの名前を告げましょう。

名前が分からない場合はC’est un, s’il vous plaît(セタン、シルブプレ)=これ一つくださいを使うと便利です。

一つ頼むと他に買うものはあるのか聞かれるので、ある場合は注文し、ない場合はCe sera tout.(ススハ トゥ)=これで全部ですと伝えます。

キッシュなどのお惣菜系は温めるか聞かれることもあるので、すぐ食べる場合はお願いしましょう。



注文がすべて終われば支払いです。

支払いは現金もしくはカードでも行うことができます。

最近だと、現金は機械に入れるタイプも増えています。

お買い物の流れは以上です。

フランスのサンドイッチはパンにバゲットを使っているなど日本とは違うところばかりなのでぜひ一度試してみてください。

晴れた日に公園で食べるのも気分がいいものです。



【マルシェに行ってみよう】

フランスの食卓を支えているものの一つがマルシェ(市場)です。

フランスでは定期的に市場が開催されています。

マルシェには日本ではあまり見かけない野菜や果物、チーズなどたくさんあり、その国に根差した食文化を知ることができます。

旅行の場合食材を買って日本に持ち帰ることは難しいですが、チーズなどは試食をすることもできます。

また、その場で食べられる料理なども売られているので、食べ歩きをするのにも向いています。

食材を買おうとなると量り売りが基本です。

野菜などはお皿に乗っているものでいくらかと書いてある場合もあります。

支払いは現金が基本なのであらかじめ用意したうえで行きましょう。


まとめ】

このように日本とフランスではショッピングの仕方が異なっています。

一番の違いで大事なポイントは挨拶をするという部分です。

まったく話せなくても挨拶だけフランス語にするだけで本当に態度が変わってくるので意識して使うようにしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA