アルザス地方の紹介



【地方の説明】

フランスの北東部にあるアルザス地方はドイツに面した地方です。

長い歴史の中でその領土をドイツと奪い、奪い返された歴史があることからドイツの文化が色濃く残っている地方です。

中心都市はストラスブールで、その南に延びるようにアルザスワイン畑が広がっています。

【アルザスの都市】



①ストラスブール Strasbourg

アルザス地方の中心都市。

クリスマスマーケットがとても有名な都市です。

その他にも赤色の大聖堂、入り組んだ川辺にあるエリア、プチ・フランスなどの見どころがあります。



②コルマール Colmar

ストラスブールより南に行ったところにある町。

可愛いパステルカラーの木組みの家が立ち並び観光としても人気の町です。

アルザスワインの産地としても有名です。



③ミュルーズ
 Mulhouse

アルザス地方南部にある都市。

街の中心部にある広場には荘厳な雰囲気の大聖堂と特徴的な外観の市庁舎があります。

また、街外れにはヨーロッパ随一の規模を誇る自動車博物館があり、レトロなものから近代スポーツカーまで幅広い年代の自動車をおよそ500台展示しています。



アルザス地方の名物】

ドイツ文化の影響を受けているためクリスマスマーケットはフランスの中でも一番有名です。

その他にもシュークルートやクグロフといった料理や木組みの建築などでもその影響を垣間見ることができます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA