⑮ir動詞と直接・間接目的語

こんにちは(^O^)

今回はer動詞に次ぐよくある動詞の活用のパターンのir動詞について学びます。

また、目的語を代名詞にしたときの使い方について解説します。

その他、日常会話でよく使うフレーズもたくさん登場します。

今回学ぶこと

ir動詞の活用
直接目的語と間接目的語
強勢形



まずはブログを見てみましょう。



ブログ



今日は寝坊してしまい、語学学校に行く前に行きつけのパン屋さんでお昼ご飯を買うことができませんでした。

お昼が近づいてお腹を鳴らしていると友達が声をかけてきました。

私「Ah, j’ai faim. (あぁ、お腹が空きました。)

Il y a quelque chose à manger ?(何か食べ物はありますか?)」

友達A「Non, on va au Macdonald ensemble ?(いいえ、一緒にマクドナルドに行きますか?)」

私「Non, je dois finir des devoirs.(いいえ、宿題を終わらせないといけません。)」

友達B「Bon, parce que j’ai un pain au chocolat, je le donne à toi.
(そう、一つパンオショコラを持っているからあげます。)」

私「Oh, tu es si gentille. Merci beaucoup.(おお!あなたはとても優しいです。ありがとうございます。)」

友達B「De rien. Bon courage.(どういたしまして。頑張ってください。)」



解説

【J’ai faim.】

意味:お腹が空きました。

「お腹が空く」avoir faim(ファム)で表現します。

「喉が渇いた」avoir soif(ソワ)で言うことができます。

【Il y a quelque chose à manger ?】

意味:何か食べ物はありますか?

Il y a「~がある」という英語のThere is / There areの表現でした。

quelque chose「何か」というquelque(ケルク)と「もの、こと」chose(ショーズ)が合わさって「何かしらのものごと」という英語のsomethingの意味になります。

à + 動詞の原形「~するべきこと」を表すことができます。

今回のIl y a quelque chose à manger ?では食べるという動詞のmanger(モンジェー)を使って「何かしら食べられるようなものはありますか」が「何か食べ物はありますか」と自然な訳になっています。

このIl y a quelque chose à 動詞の原形?はとても便利で、

Il y a quelque chose à faire.  するべきことがある。
Il y a quelque chose à parler. 話すべきことがある。

といったように使うことができます。

先ほど紹介したmangerはer動詞ですが、-gerで終わるer動詞は活用が若干異なります。

Je           mange
Tu          manges
Il            mange
Elle        mange
Nous     mangeons
Vous      mangez
Ils          mangent
Elles      mangent

Nousのところの活用だけmangonsではなくmangeonsになっています。

同じようなパターンだとchanger(変える;ションジェー)が挙げられます。

Il y a quelque chose à manger ? は イリア・ケルク・ショーズ・ア・モンジェーです。

【On va au Macdonald ensemble ?】

意味:いいえ、一緒にマクドナルドに行きますか?

On(オン)はとても便利な主語代名詞で、「私たちは」のNousの代わりに使うことができますが、活用はIl、Elleと同じです。

On vaとなっているのもそのためです。

それ以外にも「みんなは」という意味でも使えます。

以下は余談ですが、フランスではマクドナルドのことをマクドと呼びます。

フランスのマクドナルドには店内に注文用のタッチパネルがレジとは別に設けられており、言葉に自信がなくても買うことができます。

売られているメニューも異なっているので立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

日本よりも割高なのは悪しからず。

【Je dois finir des devoirs.】

意味:宿題を終わらせないといけません。

Je dois は以前習った「~しなければいけない」の意味のdevoirの活用です。

後半にもdes devoirsが出ていますが、こちらは名詞で「宿題」という意味です。

具体的にいくつあるのか不明なので不定冠詞の複数形のdesを使っています。

今回のキーワードのir動詞がここで登場です。

まずfinir(フィニー)「終わる」という意味の動詞で、最後にirが付いているのでir動詞と言われています。

それでは活用を見てみましょう。

Je           finis                     ジュ・フィニ     
Tu          finis                     チュ・フィニ
Il            finit                      イル・フィニ
Elle        finit                      エル・フィニ
Nous     finissons               ヌ・フィニッソン
Vous      finissez                 ヴ・フィニッセ
Ils          finissent               イル・フィニッス
Elles      finissent               エル・フィニッス

他にもchoisir(ショワジー;選ぶ)などがあります。

ただし、動詞の最後がirならば常にこの活用になるかと言えばそうではありません

現にすでに紹介したvenir, pouvoir, devoirなどはirで終わっていますが活用はまったく別のものでした。

そのため、その動詞がir動詞の活用かどうかは一つずつ確認していかなければいけません。

Je dois finir des devoirs. は ジュ・ドワ・フィニー・デ・ドゥヴォワーフと読みます。

【Parce que j’ai un pain au chocolat, je le donne à toi.】

意味:一つパンオショコラを持っているからあなたにあげます。

Parce que「~なので」という理由を説明する表現でした。

今回は前半と後半の二つの文をつなぐ役割をしています。

日本でも売られているパンオショコラpain au chocolatと書きます。

読み方もそのままです。

ここでのポイントは後半の文です。

Je le donne à toi.

これで「あなたにこれを与える」という意味になります。

「これ」というのはパンオショコラのことです。

donner(ドネー)は英語のgiveと同じで「与える」という意味のer動詞です。

ここで英語での文を考えてみましょう。

I give the bread to you.

Je donne le pain à toi.

つまり、主語 + 動詞 + 与える物 + 与える相手の順番になっています。

そして「与える物」にあたるパンが「これ」という代名詞になった結果、

Je le donne à toi.になりました。

つまりle painはleになった途端に書く場所が主語と動詞の間に変わったのです。

このようにフランス語では代名詞の目的語は主語と動詞の間に置かれるのです。

今回の文のように「~を」にあたる部分は直接目的語と呼ばれています。

今回は男性名詞のパンが直接目的語だったのでleを使いました。

それ以外のものはどうかを見てみましょう。

私を                     me                       ム
あなたを              te                        トゥ
彼を                     le                         ル
彼女を                 la                         ラ
私たちを             nous                    ヌ
あなたを             vous                    ヴ
彼らを                 les                       レ
彼女らを             les                       レ
男性名詞             le                         ル         
女性名詞             la                         ラ
複数                    les                        レ



先ほどの文で仮に与える物がリンゴだったら

Je la donne à toi.

複数のリンゴやパンオショコラだったら

Je les donne à toi.

のようになります。

そしてJe le donne à toi.「あなたに」の部分はà toiで表現されています。

このように前置詞+代名詞を書くものは間接代名詞と言います。

特にà の後に置かれる代名詞は強勢形と呼ばれています。

強勢形の一覧を見てみましょう。

私に                     moi                      モワ
あなたに              toi                       トワ
彼に                     lui                        リュイ
彼女に                 elle                      エル
私たちに             nous                     ヌ
あなたに             vous                     ヴ
彼らに                 eux                      ウ
彼女らに             elles                     エル



Je le donne à toi.の文で「彼に」とするならば

Je le donne à lui.

「私たちに」ならば

Je le donne à nous.

のようになります。

そしてこの「~に」の間接目的語も主語と動詞の間に置くことができます

Je donne un pain à toi.「あなたに」の部分を主語と動詞の間に置くと

Je te donne un pain.になります。

この一覧も見てみましょう。

私に                     me                       ム
あなたに              te                        トゥ
彼に                     lui                        リュイ
彼女に                 lui                        リュイ
私たちに             nous                     ヌ
あなたに             vous                     ヴ
彼らに                 leur                      リューフ
彼女らに             leur                      リューフ



先ほど同様に「彼に」パンを与えるならば

Je lui donne un pain.

「私たちに」ならば

Je nous donne un pain.

となります。

このように「~を」の直接目的語と「~に」の前置詞とセットで書く間接目的語はそれぞれ主語と動詞の間に置くことができます。

そしてこの二つとも同時に主語と動詞の間に置くも可能です。

Je donne un pain à toi.の直接目的語はle、間接目的語はteです。

それを動詞の間に置くと

Je te le donne.

となります。

かなりスッキリとした文になりました。

いきなりこれができるようになるのはかなり難しいので、まずはどちらか一方だけを主語と動詞の間に置くように頑張ってみましょう。

慣れてきたら二つ同時に挑戦してみるのがいいです。

ちなみにそれぞれの目的語は置く優先順位が決まっており、

①me, te, nous, vous
②le, la, les
③lui, leur

の順に主語に近い所から書きます。

Parce que j’ai un pain au chocolat, je le donne à toi. 

パスク・ジェイ・アン・パンオショコラ、ジュ・ル・ドヌ・ア・トワ と読みます。

【Tu es si gentille.】

意味:あなたはとても親切です。

siはここでは「とても」という意味があります。

一般的にはtrès(トヘ)を使いますが、口語表現ではsiもよく使います。

gentille(ジョンティーユ)「親切だ」という意味の形容詞gentil(ジョンティ)の女性形です。

このことから友達Bは女性だということが分かります。

Tu es si gentille. は チュ・エ・シ・ジョンティーユ と読みます。

この表現は親切にしてもらったときによく使います。

単にsi gentilとだけ言うことも多いです。

【De rien.】

意味:どういたしまして

読み方:ド・ヒヤン

ありがとうと言われたらこのように答えましょう。

発音はドリアンにとても似ています。

他にも

Je vous en prie.(ジュ・ヴ・ゾン・プヒ)

Je t’en prie.(ジュ・トン・プヒ)

「喜んで」という意味の

Avec plaisir(アベック・プレジー)を使う人もいます。

【Bon courage.】

意味:頑張ってください。

読み方:ボン・クハージュ

「勇気」の意味として習ったcourageですが英語のGood Luckのように使うとこのようになります。

仕事がまだ残っている人に対して別れ際にもよく言いますが、目上の人にはあまり使いません。

おさらい

私「Ah, j’ai faim. (アー、ジェイ・ファム)

Il y a quelque chose à manger ?(イリア・ケルク・ショーズ・ア・モンジェー?)」

友達A「Non, on va au Macdonald ensemble ?(ノン、オン・ヴァ・オ・マクドナルド・オンソンブル?)」

私「Non, je dois finir des devoirs.(ノン、ジュ・ドワ・フィニー・デ・ドゥヴォワー)」

友達B「Bon, parce que j’ai un pain au chocolat, je le donne à toi.
(ボン、パスク・ジェイ・アン・パンオショコラ、ジュ・ル・ドヌ・ア・トワ)」

私「Oh, tu es si gentille. Merci beaucoup.(オー、チュ・エ・シ・ジョンティーユ。メフシー・ボク)」

友達B「De rien. Bon courage.(ドヒヤン。ボン・クハージュ)」



-gerで終わるer動詞の活用

Je           mange
Tu          manges
Il            mange
Elle        mange
Nous     mangeons
Vous      mangez
Ils          mangent
Elles      mangent



ir動詞の活用

Je           finis                     ジュ・フィニ     
Tu          finis                     チュ・フィニ
Il            finit                      イル・フィニ
Elle        finit                      エル・フィニ
Nous     finissons               ヌ・フィニッソン
Vous      finissez                 ヴ・フィニッセ
Ils          finissent               イル・フィニッス
Elles      finissent               エル・フィニッス



直接目的語の代名詞

私を                     me                       ム
あなたを              te                        トゥ
彼を                     le                         ル
彼女を                 la                         ラ
私たちを             nous                     ヌ
あなたを             vous                     ヴ
彼らを                 les                        レ
彼女らを              les                       レ
男性名詞              le                         ル         
女性名詞              la                         ラ
複数                     les                       レ



間接目的語の代名詞

私に                     me                       ム
あなたに              te                        トゥ
彼に                     lui                        リュイ
彼女に                 lui                        リュイ
私たちに             nous                     ヌ
あなたに             vous                     ヴ
彼らに                 leur                      リューフ
彼女らに             leur                      リューフ



目的語を主語と動詞の間に置く優先順位

①me, te, nous, vous
②le, la, les
③lui, leur



強勢形

私                      moi                      モワ
あなた               toi                       トワ
彼                     lui                        リュイ
彼女                 elle                      エル
私たち              nous                    ヌ
あなた              vous                    ヴ
彼ら                 eux                       ウ
彼女ら              elles                     エル



まとめ

今回は代名詞の目的語を主語と動詞の間に置く方法を説明しました。英語にはない考え方なので慣れるまで時間がかかるかと思います。少しずつ使うようにして最終的にはすんなり使えるといいですね。

それでは(^^)/~~~

今回学んだこと

ir動詞の活用
直接目的語と間接目的語
強勢形

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA