㉓未来形②前未来形と動詞voir

こんにちは(^O^)

今回は未来形2回目ということで前未来形について解説します。

過去形よりも複雑ではないのでしっかりと読んで使いこなせるようになりましょう。

またよく使う動詞voirの活用についても学びます。

今回学ぶこと

前未来形
動詞voirの活用



まずはブログを見てみましょう。



ブログ

今度のバカンスでみんなと旅行に行くことになりました。

出発までに何を用意するべきかみんなで計画を立てています。

私「On partira le voyage ce week-end.
(私たちは週末に旅行に行きます。)

Qu’est-ce que on devra faire avant le départ ?
(出発前に何をしなければいけませんか?)」

友達A「J’aurai pris la réservation de l’hôtel.(私はホテルを予約しておきます。)」

友達B「Je serai allée à l’agence de location et aurai loué une voiture.
(私はレンタカーのお店に行って車を借りておきます。)」

友達A「Je pense que cet hôtel est bien.(私はこのホテルがいいと思います。)

Quand on arrivera à l’hôtel, la chambre et le dîner auront été déjà prêts.
(私たちがホテルに着いたとき、お部屋も夕食もすでに準備できています。)」

私「Très bien !!(素晴らしい!!)」

Quand on a besoin de quelque chose, je ferai les courses.
何か必要なものがあったとき、私は買い物に行きます。)」

友達B「D’accord.(分かった。)」

友達A「Donc, on verra à 10 h à la gare, c’est bon ?(では、10時に駅集合ということで、いい?)」

私「Oui !!(はい)」

どんな旅行になるのか今から楽しみです。

解説

【On partira le voyage ce week-end.】

意味:私たちは週末に旅行に行きます

「出発する」の意味の動詞partirの単純未来形は原形そのままに活用を付けるだけです。

「今週末(ce week-end)」に出発するので単純未来形になっています。

On partira le voyage ce week-end. は オン・パフチハ・ル・ヴォワイヤージュ・ス・ウィークエン です。

【Qu’est-ce que on devra faire avant le départ ?】

意味:出発前に何をしなければいけませんか?

「~しなければいけいない」の動詞devoirの単純未来形の活用は例外です。

Je           devrai                  ドゥヴヘイ
Tu          devras                  ドゥヴハ
Il            devra                   ドゥヴハ
Elle        devra                   ドゥヴハ
Nous     devrons                ドゥヴホン
Vous      devrez                  ドゥヴヘ
Ils          devront                ドゥヴホン
Elles      devront                ドゥヴホン



「~の前に」は以前紹介したようにavantを使います。

「出発」の名詞はle départ(ル・デパーフ)です。

Qu’est-ce que on devra faire avant le départ ? は

ケスク・オン・ドゥヴハ・フェーフ・アヴォン・ル・デパーフ と読みます。

【J’aurai pris la réservation de l’hôtel.】

意味:私はホテルを予約しておきます。

ここで今回のテーマ、前未来の登場です。

前未来とは未来のある時点においてすでに完了しているときに使う用法です。

今回の場合、「旅行に行く週末」という未来よりも前にホテルの予約は終わらせなければいけません。

そのため、この文では前未来を用います。

前未来の作り方は

avoir の単純未来形の活用 + 過去分詞

もしくは「移動を表す動詞」の場合、
être の単純未来形の活用 + 過去分詞

です。

ここでそれぞれの単純未来形の活用を見てみましょう。

avoirの単純未来形の活用

J’            aurai                    ジョヘイ
Tu          auras                   チュ・オハ
Il            aura                     イロハ
Elle        aura                     エロハ
Nous     aurons                 ヌ・ゾホン
Vous      aurez                   ヴ・ゾヘ
Ils          auront                  イル・ゾホン
Elles      auront                  エル・ゾホン



êtreの単純未来形の活用

Je           serai                     ジュ・スヘイ
Tu          seras                    チュ・スハ
Il            sera                      イル・スハ
Elle        sera                      エル・スハ
Nous     serons                  ヌ・スホン
Vous      serez                    ヴ・スヘ
Ils          seront                  イル・スホン
Elles      seront                  エル・スホン



今回の文では「予約を取る」prendre la réservation に対して前未来形が使われています。

prendreの過去分詞はpris(プヒ)なので前未来形にしてJ’aurai prisとなっています。

なお、前未来形の否定文を作るときはavoirもしくはêtreの単純未来形の活用をneとpasで挟みます

今回の文ならばJe n’aurai pas prisのようになります。

J’aurai pris la réservation de l’hôtel. は

ジョヘイ・プヒ・ラ・ヘザヴァシオン・ドゥ・ロテル と読みます。

【Je serai allée à l’agence de location et aurai loué une voiture.】

意味:私はレンタカーのお店に行って車を借りておきます。

この文も先ほど同様に「週末の旅行」よりも前に終わらせておくことなので前未来形が使われています。

「行く」の動詞allerの前未来形は「移動を表す動詞」のためêtreの単純未来形の活用 + 過去分詞を使います。

加えてこの場面では主語は女性ということにしているので、eを加えてalléeになっています。

「事務所」l’agence(ラジョンス)と言い、「レンタル」la location(ラ・ロカシオン)と言います。

ここで何故l’agence de la locationではなく、laがないl’agence de locationなのかというと、「事務所」にも不動産や保険などいろいろなカテゴリーがあり、その中の「レンタルの事務所」と言うときはdeの中に「レンタル(というカテゴリー)の事務」というニュアンスが含まれており、そういった場合は定冠詞を置かないことになっています。

「借りる」louer(ルエーフ)を使います。

これも前未来形になるのでavoirの単純未来形の活用が使われて過去分詞になっています。

この動詞louerの名詞がla locationです。

フランス語の上達のコツはこの動詞と名詞のつながりを覚えて行くことです。

「車」la voiture(ラ・ヴォワチューフ)です。

Je serai allée à l’agence de location et aurai loué une voiture. 

ジュ・スヘイ・アレ・ア・ラジョンス・ドゥ・ロカシオン・エ・オヘイ・ルエ・ユヌ・ヴォワチューフ と読みます。

【Quand on arrivera à l’hôtel, la chambre et le dîner auront été déjà prêts.】

意味:私たちがホテルに着いたとき、お部屋も夕食もすでに準備できています。

「ホテルに着く」「準備できている」という二つの未来が一つの文に入っています。

時系列で考えると「ホテルに着く」よりも前に準備できている」ことが起こるので、後者に対して前未来形を使います。

「部屋(特に寝室)」la chambre(ラ・ションブフ)「夕食」le dîner(ル・ディネー)です。

「準備できている」prêt(プヘ)で、être動詞と一緒に使います。

今回は「部屋」「夕食」どちらも準備できているということで主語は複数になるので複数形のsがprêtに付きます。

この後半部分が前未来形なのですが、être動詞に対して前未来形を使うことになります。

être動詞の過去分詞はété(エテ)でavoirの活用の後に使います。

今回は主語が複数あるのでauront étéとなっています。

ちなみにavoirの過去分詞はeu(ウ)でこれもavoirの活用の後に使うのでaura euのようになります。

Quand on arrivera à l’hôtel, la chambre et le dîner auront été déjà prêts. は

コン・オン・ナヒヴェハ・ア・ロテル、ラ・ションブフ・エ・ル・ディネー・オホン・エテ・デジャ・プヘ と読みます。

【Quand on a besoin de quelque chose, je ferai les courses.】

意味:何か必要なものがあったとき、私は買い物に行きます。

「~が必要だ」は熟語でavoir besoin de~(アヴォワー・ブゾワン・ドゥ)を使います。

deの後には名詞でも動詞でも置くことができて便利な表現です。

「買い物をする」も熟語でfaire les courses(フェーフ・レ・クフス)と言います。

動詞faireの単純未来形の活用は特殊なのでここで見ておきましょう。

Je          ferai       フヘイ
Tu          feras      フハ
Il            fera        フハ
Elle        fera        フハ
Nous     ferons    フホン
Vous      ferez      フヘ
Ils          feront    フホン
Elles      feront    フホン



Quand on a besoin de quelque chose, je ferai les courses. 

コン・オナ・ブゾワン・ドゥ・ケルク・ショーズ、ジュ・フヘイ・レ・クフス です。

【On verra à la gare à 10 heures, c’est bon ?】

意味:10時に駅集合ということで、いい?

ここでは「見る、会う」の意味のvoir(ヴォワーフ)について紹介します。

この意味から英語のseeと同じような役割を持つ動詞ですが、活用が例外的です。

まずは現在形の活用から

Je           vois                      ヴォワ
Tu          vois                      ヴォワ
Il            voit                      ヴォワ
Elle        voit                      ヴォワ
Nous     voyons                 ヴォワイオン
Vous      voyez                   ヴォワイエ
Ils          voient                  ヴォワ
Elles      voient                  ヴォワ



半過去

Je           voyais                  ヴォワイエ
Tu          voyais                  ヴォワイエ
Il            voyait                  ヴォワイエ
Elle        voyait                  ヴォワイエ
Nous     voyions                ヴォワイオン
Vous      voyiez                  ヴォワイエ
Ils          voyaient               ヴォワイエ
Elles      voyaient               ヴォワイエ



単純未来形

Je           verrai                   ヴヘイ
Tu          verras                  ヴハ
Il            verra                    ヴハ
Elle        verra                    ヴハ
Nous     verrons                ヴホン
Vous      verrez                  ヴヘ
Ils          verront                ヴホン
Elles      verront                ヴホン



過去分詞

avoirの活用 + vu

とてもよく使う動詞なので覚えておきましょう。

「これでいい?」と聞くときはC’est bon ?(セ・ボン?)で確認が取れます。

肯定文のC’est bon.は「美味しい」という意味でも使えます。

On verra à la gare à 10 heures, c’est bon ? は

オン・ベハ・ア・ラ・ギャーフ・ア・ディズーフ、セ・ボン? と読みます。

おさらい

私「On partira le voyage ce week-end.
(オン・パフチハ・ル・ヴォワイヤージュ・ス・ウィークエン)

Qu’est-ce que on devra faire avant le départ ?
(ケスク・オン・ドゥヴハ・フェーフ・アヴォン・ル・デパーフ?)」

友達A「J’aurai pris la réservation de l’hôtel.(ジョヘイ・プヒ・ラ・ヘザヴァシオン・ドゥ・ロテル)」

友達B「Je serai allée à l’agence de location et aurai loué une voiture.
(ジュ・スヘイ・アレ・ア・ラジョンス・ドゥ・ロカシオン・エ・オヘイ・ルエ・ユヌ・ヴォワチューフ)」

友達A「Je pense que cet hôtel est bien.(ジュ・ポンス・ク・セットテル・エ・ビヤン)

Quand on arrivera à l’hôtel, la chambre et le dîner auront été déjà prêts.
(コン・オン・ナヒヴェハ・ア・ロテル、ラ・ションブフ・エ・ル・ディネー・オホン・エテ・デジャ・プヘ」

私「Très bien !!(トヘビヤン!!)

Quand on a besoin de quelque chose, je ferai les courses.
(コン・オナ・ブゾワン・ドゥ・ケルク・ショーズ、ジュ・フヘイ・レ・クフス)」

友達B「D’accord.(ダコー)」

友達A「Donc, on verra à 10 h à la gare, c’est bon ?
(ドンク、オン・ベハ・ア・ラ・ギャーフ・ア・ディズーフ、セ・ボン?)」

私「Oui !!(ウィ!!)」



前未来形:未来のある時点よりも先に終わっている事柄について使う用法

前未来形の作り方

avoir の単純未来形の活用 + 過去分詞

もしくは「移動を表す動詞」の場合、
être の単純未来形の活用 + 過去分詞

※否定形ではavoirもしくはêtre の単純未来形の活用をneとpasで挟む。



avoirの単純未来形の活用

J’            aurai                    ジョヘイ
Tu          auras                    チュ・オハ
Il            aura                     イロハ
Elle        aura                     エロハ
Nous     aurons                 ヌ・ゾホン
Vous      aurez                   ヴ・ゾヘ
Ils          auront                  イル・ゾホン
Elles      auront                  エル・ゾホン



êtreの単純未来形の活用

Je           serai                     ジュ・スヘイ
Tu          seras                    チュ・スハ
Il            sera                      イル・スハ
Elle        sera                      エル・スハ
Nous     serons                  ヌ・スホン
Vous      serez                    ヴ・スヘ
Ils          seront                  イル・スホン
Elles      seront                  エル・スホン



faireの単純未来形の活用

Je          ferai       フヘイ
Tu          feras      フハ
Il            fera        フハ
Elle        fera        フハ
Nous     ferons    フホン
Vous      ferez      フヘ
Ils          feront    フホン
Elles      feront    フホン



voirの活用

現在形

Je           vois                      ヴォワ
Tu          vois                      ヴォワ
Il            voit                      ヴォワ
Elle        voit                      ヴォワ
Nous     voyons                 ヴォワイオン
Vous      voyez                   ヴォワイエ
Ils          voient                  ヴォワ
Elles      voient                  ヴォワ



半過去

Je           voyais                  ヴォワイエ
Tu          voyais                  ヴォワイエ
Il            voyait                  ヴォワイエ
Elle        voyait                  ヴォワイエ
Nous     voyions                ヴォワイオン
Vous      voyiez                  ヴォワイエ
Ils          voyaient               ヴォワイエ
Elles      voyaient               ヴォワイエ



単純未来形

Je           verrai                  ヴヘイ
Tu          verras                  ヴハ
Il            verra                    ヴハ
Elle        verra                    ヴハ
Nous     verrons                ヴホン
Vous      verrez                  ヴヘ
Ils          verront                ヴホン
Elles      verront                ヴホン



熟語

avoir besoin de :~が必要だ
faire les courses : 買い物する



特殊な形の過去分詞

・avoir→eu
・être→été
・prendre→pris
・voir→vu



まとめ

今回は前未来形について学びました。

未来形についてはこれで一通り解説ができました。

過去形と比べるとシンプルではありますが、活用は暗記するしかないので大変なところです。

一つずつじっくり覚えて、実際に使いながら身につけて行きましょう。

それでは(^^)/~~~

今回学んだこと

前未来形
動詞voirの活用

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA