㉕命令形と動詞savoirと60以上の数字

こんにちは(^O^)

今回は命令形について解説します。

使い方と作り方はパターンを覚えればすんなり覚えられるので前回の条件法ほど難しくはありません。

またよく使う動詞savoirやいよいよ60以上の数字について学びます。

ここからの数字がとてもややこしくなるので、じっくりと繰り返し読んで理解を深めましょう。

今回学ぶこと

命令形
動詞savoir
60以上の数字

まずはブログを見てみましょう。



ブログ

今日は友達と日帰り旅行に行く計画を立てています。

私も街から出てどこか行くのは珍しいのでワクワクしています。

まずはみんなで電車の時間をネットで調べています。

私「Tu sais à quelles heures le train part ?(電車は何時に出発するか分かりますか?)」

友達A「Regarde mon smartphone. On peut prendre le train à 7 h 40.
(私のスマートフォンを見て。7時40分の電車に乗れます。)」

友達B「Très bien. It coûte combien ?(いいね。いくらですか?)」

友達A「C’est 70 euros, un aller-retour.(往復70ユーロです。)」

私「C’est cher. Mais attendez. Le train de 7 h 50 est 35 euros.
(高いね。けど待って。7時50分の電車は35ユーロです。)」

友達B「C’est bien ça. Prenons le train de 7 h 50.(それいいね。7時50分の電車に乗りましょう。)」

友達A「D’accord. Je prends le billet sur le site maintenant.(分かりました。今サイトで切符を買います。)」

私「Parfait. Donc, allons à la gare à 7 h 30.(完璧です。では、7時30分に駅に行きましょう。)」

友達「D’accord.(分かりました。)」

同じ行き先でも時間によって運賃が変わることにビックリしました。

混み具合だったり、所要時間、キャンセル可能かなどで変動するみたいなのでちゃんと見比べるのが大事ですね。

解説

【Tu sais à quelles heures le train part ?】

意味:電車は何時に出発するか分かりますか?

ここでは「知っている」という意味の動詞savoirについて解説します。

この動詞の特徴は動詞の後に文をつなげて「~ということを知っている」という文が作れることです。

今回はà quelles heures le train part ?(電車は何時に出発しますか?)という文をつなげています。

他の例を使うと

Tu sais quand le train part ?(いつ電車は出発するか知っていますか?)
Tu sais pourquoi le train part ?(なぜ電車は出発するのか知っていますか?)
Tu sais d’où le train part ?(電車はどこから出発するのか知っていますか?)
Tu sais que le train part ?(電車が出発することを知っていますか?)
Tu sais si le train part ?(電車が出発するかどうか知っていますか?)

などの文も作ることができます。

一般的にはsavoir que 文「~ということを知っている」の意味で使うことが多いです。

このsavoirは例外的な活用なのでここで見てみましょう。

現在形

Je           sais                      セ
Tu          sais                      セ
Il            sait                       セ
Elle        sait                       セ
Nous     savons                 サヴォン
Vous      savez                   サヴェ
Ils          savent                  サーヴ
Elles      savent                  サーヴ



半過去形

Je           savais                   サヴェ
Tu          savais                   サヴェ
Il            savait                   サヴェ
Elle        savait                   サヴェ
Nous     savions                サヴィオン
Vous      saviez                  サヴィエ
Ils          savaient               サヴェ
Elles      savaient               サヴェ



単純未来形

Je           saurai                  ソヘイ
Tu          sauras                  ソハ
Il            saura                    ソハ
Elle        saura                    ソハ
Nous     saurons                ソホン
Vous      saurez                  ソヘ
Ils          sauront                ソホン
Elles      sauront                ソホン



条件法現在形

Je           saurais                 ソヘイ
Tu          saurais                 ソヘイ
Il            saurait                 ソヘイ
Elle        saurait                 ソヘイ
Nous     saurions               ソヒオン
Vous      sauriez                 ソヒエ
Ils          sauraient              ソヘイ
Elles      sauraient              ソヘイ



過去分詞

su         シュ



またsavoirは動詞の原形を後に置いて「~することができる」という意味もあります。

Je sais nager. (ジュ・セ・ナジェー)「私は泳ぐことができます。」

「~することができる」pouvoirでも習いました。

しかし、savoirは能力のことを、pouvoirは条件のことを言っています。

どういうことかと言うと、pouvoirの「泳ぐことができる」は水着など泳ぐために必要なものが揃っていると言うことを言っており、savoirの「泳ぐことができる」はクロールや平泳ぎなど泳ぐ技術があるということを示しています。

Tu sais à quelles heures le train part ? は チュ・セ・ア・ケル・ウーフ・ル・トハン・パーフ? と読みます。

【Regarde mon smartphone.】

意味:私のスマートフォンを見て。

ここで今回のテーマの命令形が出てきます。

命令形は動詞の現在形をベースにして作ります。

そして命令形には以下の3種類があります。

・Tuの活用から最後のsを取ったもの。=親しい相手一人に対する命令
・Vousの活用=敬意を払う相手、もしくは複数に対する命令
・Nousの活用=自分も含めて「~しよう」と誘う方法

今回のRegardeで考えると、tu regardesのところの最後のsが取ってあることが分かります。

これは親しい間柄友達一人に対して行っているためです。

これが敬意を払う目上の立ち、もしくはその場にいる友達みんなに見せるときはRegardezになります。

そして、「一緒に見よう」という意味にしたいならばRegardonsとなります。

ただし、Tuの時は何でもかんでもsを取ればいいのかと言うとそうではなく、Tuの活用の最後が-as-esで終わっている場合のみです。

つまり、

Tu parsTu faisは-asや-esで終わっていないので、

命令形もそれぞれParsFaisのままになります。

実際命令形は話し言葉で使うことが多いので、軽く頭の隅に入れておく程度で大丈夫です。

なお、「~するな」と言うときはneとpasを命令形になった動詞に挟みます

つまりNe regarde pasで「見るな」という意味になります。

ということで、

Regarde mon smartphone. は フギャーフ・モン・スマートフォン と読みます。

【C’est 70 euros, un aller-retour.】

意味:往復70ユーロです。

ここでは60~100までの数字について学びます。

1~50までは以下の過去の記事を参考にしてください。

61~69は20以上の数字と同様に60の後に一桁の数字を付けるだけです。

60          soixante                ソワソント
61          soixante et un       ソワソンテ・アン
62          soixante deux       ソワソント・ドゥ
・・・

のような具合です。

一の位が1のときはetを挟むのも同じです。

ところが、70以上から話はおかしくなります。

70          soixante-dix
71          soixante et onze
72          soixante-douze
73          soixante-treize
74          soixante-quatorze
75          soixante-quinze
76          soixante-seize
77          soixante-dix-sept
78          soixante-dix-huit
79          soixante-dix-neuf

このように60+10~19の数字で構成されます。

71のときは一の位が1なのでetを使います。

80になるとさらにおかしくなり、

80          quatre-vingt
81          quatre-vingt et un
82          quatre-vingt deux
・・・

のように「4×20+数字」になります。

90以降もそれは続き、

90          quatre-vingt-dix
91          quatre-vingt et onze
92          quatre-vingt-douze
・・・
99          quatre-vingt-dix-neuf

と引き続き「4×20+数字」になります。

日本ではない考え方なので始めはかなり混乱します。

そして100cent(ソン)です。

それ以降はそのままこれまで習った数字をつなげるだけです。

101        cent et un
102        cent deux
110        cent dix
199        cent quatre-vingt-dix-neuf
200        deux cents

とりあえずは3桁の数字まで言えるようになりましょう。

チケットの「片道」un aller-simple(アレー・サンプル)「往復」un aller-retour(アレー・フトゥー)と言います。

C’est 70 euros, un aller-retour. は セ・ソワソント・ディズホ、アン・アレー・フトゥーです。

【C’est cher. Mais attendez.】

意味:高いね。でも、待って。

値段が「高い」cher(シェーフ)と言います。

反対に安いは否定形を使ってce n’est pas cherと言います。

そもそも「安い」という単語がないです。

ここでも命令形が出ています。

今回は「待つ」という動詞attendre(アットンドフ)のvousの活用、つまりここでは友達複数に対して命令をしていることになります。

他にも「期待する」という意味もあります。

attendreの活用

現在形

J’            attends                 ジャトン
Tu          attends                 チュ・アトン
Il            attend                  イラトン
Elle        attend                   エラトン
Nous     attendons             ヌ・ザトンドン
Vous      attendez               ヴ・ザトンデ
Ils          attendent             イル・ザトン
Elles      attendent             エル・ザトン



半過去形

J’            attendais              ジャトンデイ
Tu          attendais              チュ・アトンデイ
Il            attendait              イラトンデイ
Elle        attendait              エラトンデイ
Nous     attendions            ヌ・ザトンディオン
Vous      attendiez              ヴ・ザトンディエ
Ils          attendaient          イル・ザトンデイ
Elles      attendaient          エル・ザトンデイ



単純未来形

J’            attendrai              ジャトンドヘイ
Tu          attendras             チュ・アトンドハ
Il            attendra               イラトンドハ
Elle        attendra               エラトンドハ
Nous     attendrons           ヌ・ザトンドホン
Vous      attendrez             ヴ・ザトンドヘ
Ils          attendront           イル・ザトンドホン
Elles      attendront           エル・ザトンドホン



条件法現在形

J’            attendrais            ジャトンドヘイ
Tu          attendrais            チュ・アトンドヘイ
Il            attendrait             イラトンドヘイ
Elle        attendrait             エラトンドヘイ
Nous     attendrions          ヌ・ザトンドヒオン
Vous      attendriez            ヴ・ザトンドヒエ
Ils          attendraient         イル・ザトンドヘイ
Elles      attendraient         エル・ザトンドヘイ



過去分詞 

attendu            アトンデュ



C’est cher. Mais attendez. セ・シェーフ。メ・アトンデ と読みます。

【C’est bien ça. Prenons le train de 7 h 50.】

意味:それいいね。7時50分の電車に乗りましょう。

C’est bien ça.(セ・ビヤン・サ)「それいいね」と同意するときによく使う表現です。

Prenonsは動詞prendreのnousの活用を使った命令形です。

つまり「~しよう」と誘うときに使う表現です。

C’est bien ça. Prenons le train de 7 h 50. 

セ・ビヤン・サ。プフノン・ル・トハン・ドゥ・セプトゥーフ・サンコント と読みます。

【Je prends le billet sur le site maintenant.】

意味:今サイトで切符を買います。

「切符」le billet(ル・ビエ)と言います。

一般的にサイズの小さい入場券や乗車券はle ticket(ル・チケ)、サイズが大きめのものをle billetと言います。

「サイトで」と言うときはsur le site(シューフ・ル・シット)と言います。

Je prends le billet sur le site maintenant. ジュ・ポン・ル・ビエ・シューフ・ル・シット・マトノンと読みます。

【Parfait. Donc, allons à la gare à 7 h 30.】

意味:完璧です。では、7時30分に駅に行きましょう。

Parfait(パフェ)「完璧だ」という意味で、英語のパーフェクトと同じです。

スイーツのパフェの語源でもあります。

「行きましょう」と命令形の中でも誘う場面になっていのでallerのnousの活用allonsになっています。

ややこしいですが、最後のsが命令形で取れるのはtuの活用の時だけです。

Parfait. Donc, allons à la gare à 7 h 30.

パフェ。ドンク、アロン・ア・ラ・ギャーフ・ア・セプトゥーフ・トーントと読みます。

おさらい

私「Tu sais à quelles heures le train part ?
(チュ・セ・ア・ケル・ウーフ・ル・トハン・パーフ?)」

友達A「Regarde mon smartphone. On peut prendre le train à 7 h 40.
(フギャーフ・モン・スマートフォン。オン・プ・ポンドフ・ル・トハン・セプトゥーフ・キャホント)」

友達B「Très bien. It coûte combien ?(トヘビヤン。イル・クットゥ・コンビヤン?)」

友達A「C’est 70 euros, un aller-retour.
(セ・ソワソント・ディズホ、アン・アレー・フトゥー)」

私「C’est cher. Mais attendez. Le train de 7 h 50 est 35 euros.
(セ・シェーフ。メ・アトンデ。ル・トハン・ドゥ・セプトゥーフ・サーコント・エ・トーントサンクホ)」

友達B「C’est bien ça. Prenons le train de 7 h 50.
(セ・ビヤン・サ。プフノン・ル・トハン・ドゥ・セプトゥーフ・サンコント)」

友達A「D’accord. Je prends le billet sur le site maintenant.
(ダコー。ジュ・ポン・ル・ビエ・シューフ・ル・シット・マトノン)」

私「Parfait. Donc, allons à la gare à 7 h 30.
(パフェ。ドンク、アロン・ア・ラ・ギャーフ・ア・セプトゥーフ・トーント)」

友達「D’accord.(ダコー。)」



命令形の作り方

現在形の活用より

・Tuの活用から最後のsを取ったもの。=親しい相手一人に対する命令
※活用の最後が-asや-esで終わっている場合のみ

・Vousの活用=敬意を払う相手、もしくは複数に対する命令

・Nousの活用=自分も含めて「~しよう」と誘う方法

「~するな」と言うときはneとpasを命令形になった動詞に挟みます



動詞savoir「~することができる」

現在形

Je           sais                      セ
Tu          sais                      セ
Il            sait                       セ
Elle        sait                       セ
Nous     savons                 サヴォン
Vous      savez                   サヴェ
Ils          savent                  サーヴ
Elles      savent                  サーヴ



半過去形

Je           savais                  サヴェ
Tu          savais                  サヴェ
Il            savait                   サヴェ
Elle        savait                   サヴェ
Nous     savions                サヴィオン
Vous      saviez                  サヴィエ
Ils          savaient               サヴェ
Elles      savaient               サヴェ



単純未来形

Je           saurai                   ソヘイ
Tu          sauras                  ソハ
Il            saura                    ソハ
Elle        saura                    ソハ
Nous     saurons                ソホン
Vous      saurez                  ソヘ
Ils          sauront                ソホン
Elles      sauront                ソホン



条件法現在形

Je           saurais                 ソヘイ
Tu          saurais                 ソヘイ
Il            saurait                 ソヘイ
Elle        saurait                 ソヘイ
Nous     saurions               ソヒオン
Vous      sauriez                 ソヒエ
Ils          sauraient              ソヘイ
Elles      sauraient              ソヘイ



過去分詞 

su       シュ



60以上の数字

60          soixante
70          soixante-dix
80          quatre-vingt
90          quatre-vingt-dix
100        cent
200        deux cents



動詞attendre「待つ」

現在形

J’            attends                 ジャトン
Tu          attends                 チュ・アトン
Il            attend                  イラトン
Elle        attend                  エラトン
Nous     attendons             ヌ・ザトンドン
Vous      attendez               ヴ・ザトンデ
Ils          attendent             イル・ザトン
Elles      attendent             エル・ザトン



半過去形

J’            attendais              ジャトンデイ
Tu          attendais              チュ・アトンデイ
Il            attendait              イラトンデイ
Elle        attendait              エラトンデイ
Nous     attendions            ヌ・ザトンディオン
Vous      attendiez              ヴ・ザトンディエ
Ils          attendaient          イル・ザトンデイ
Elles      attendaient          エル・ザトンデイ



単純未来形

J’            attendrai              ジャトンドヘイ
Tu          attendras             チュ・アトンドハ
Il            attendra               イラトンドハ
Elle        attendra               エラトンドハ
Nous     attendrons           ヌ・ザトンドホン
Vous      attendrez             ヴ・ザトンドヘ
Ils          attendront           イル・ザトンドホン
Elles      attendront           エル・ザトンドホン



条件法現在形

J’            attendrais            ジャトンドヘイ
Tu          attendrais            チュ・アトンドヘイ
Il            attendrait             イラトンドヘイ
Elle        attendrait             エラトンドヘイ
Nous     attendrions          ヌ・ザトンドヒオン
Vous      attendriez            ヴ・ザトンドヒエ
Ils          attendraient         イル・ザトンドヘイ
Elles      attendraient         エル・ザトンドヘイ



過去分詞 

attendu            アトンデュ



まとめ

今回は命令形について学びました。

文面でも口頭でもどちらでもよく使うのでしっかりと覚えましょう。

また、同じくよく使える上に覚えておくと便利な動詞savoirについても学びました。

数字も特にややこしい60~100について触れました。

数字は何も見ないで言えるように何度も繰り返し声に出して練習しましょう。

それでは(^^)/~~~

今回学んだこと

命令形
動詞savoir
60以上の数字

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA