㊴比較・命令形の補足 / neの単体使用 / 指示代名詞

こんにちは(^O^)

今回はすでに解説した比較と命令形の補足です。

それぞれの回では解説しきれなかった部分をここで紹介します。

またたまにneが単体で使われることがあるので、その正体と使い方を紹介します。

その他にも指示代名詞やいろいろな表現を詰め込んだら過去最大の文量になってしまいました。

一度に読み切れる量ではないので少しずつ読み進めてください。

今回学んだこと

比較・最上級
代名動詞の命令形
neの単体使用
指示代名詞
「なんでもいい」

まずはブログを見てみましょう。



ブログ

今日は友達に呼ばれてランチにお呼ばれしてきました。

以前呼ばれたときはやけに甘ったるいカレーを食べさせられてちょっとしたトラウマになっていますが、何と今回もカレーを用意していました。

なんでも前回のリベンジだそうです。

その気になるお味は・・・

私「Tu as fait du curry mieux qu’avant. Comment tu as fait ?
(前よりも上手にカレーを作りました。どうやったのですか?)」

友達「C’est vrai ? Je craignais que tu n’en détestes. (本当に?あなたが気に入らないかと心配していました。)

En fait, j’ai ajouté du miel au lieu du chocolat.(実は、チョコレートの代わりに蜂蜜を入れました。)」

私「Ah, oui. Tu as mis le chocolat la dernière fois. C’était le pire curry dans ma vie.
(あ、そうです。あなたは前回チョコレートを入れました。あれは人生で最悪のカレーでした。)」

友達「Tais-toi ! Mais je suis contente que ça te plaise.(黙って!しかし気に入ってもらえて嬉しいです。)」

私「Oui, je ne peux arrêter de manger. Je peux manger encore ?
(はい、食べるのを止められません。もっと食べていいですか?)」

友達「Bien sûr. Je crois que si j’ajoute la pomme encore, le curry sera le meilleur.
(もちろん。私はもしさらにリンゴを入れたら、カレーは最高になると思います。)」

私「Tu as raison. Le miel et la pomme sont les ingrédients secrets pour le curry au Japon.
(その通りです。蜂蜜とリンゴは日本ではカレーの隠し味です。)」

友達「Ah bon ? Je veux manger du curry japonais un jour.
(え、そうなの?私はいつか日本のカレーを食べたいです。)」

私「Je pense que la qualité de ton curry est aussi que celle au Japon.
(あなたのカレーのクオリティは日本のそれを同じくらいだと私は思います。)」

友達「Merci beaucoup. Quand on va au Japon, tu me présentes le curry, s’il te plaît.
(どうもありがとう。日本に行くときはカレーを紹介してください。)」

私「D’accord. Quelle ville tu veux visiter au Japon ?(分かりました。日本でどの街を訪れたいですか?)」

友達「N’importe où je peux manger le meilleur curry au Japon.
(日本一のカレーを食べられるところならどこでも。)」

私「C’est difficile d’en décider un. Mais Ishikawa et Hokkaido sont connus du curry.
(一つに決めるのは難しいです。しかし石川県や北海道はカレーで有名です。)」

友達「J’ai déjà visité Hokkaido. C’est plus grand que je ne pensais.
(北海道はすでに訪れました。思っていた以上に広かったです。)」

こうしていつか一緒にいくなら石川県がいいねと話しながらカレーを食べたのでした。

まさか前回の失敗からここまで上達するとは驚きでした。

解説

【Tu as fait du curry mieux qu’avant.】

意味:前よりも上手にカレーを作りました。

早速比較が登場しています。

「上手に」のbienの比較級はmieux(ミュー)です。

最上級も同じで定冠詞 + mieuxを使います。

このmieuxはいろいろなところで使います。

例えば病み上がりの人に対して

Ça va mieux ?:(体調は)よくなりましたか?

とよく使います。

他にも安心したときホッと一安心という意味で

Tant mieux.(トン・ミュー:よかった。)

と言います。

反対に良くないことで残念だという時は

Tant pis.(トンピ)

を使います。

Tu as fait du curry mieux qu’avant.チュ・ア・フェ・デュ・キュヒー・カヴォンと読みます。

【Je craignais que tu n’en détestes.】

意味:あなたが気に入らないかと心配していました。

ここでneが単体で使われている文の登場です。

このneは虚辞のneと呼ばれるもので、不安のニュアンスを加えるものでこれ自体に否定の意味はありません

主節に不安を表す単語がある場合従属節の動詞の前にneだけが置かれます。

今回の場合だと主節にある「心配する」craindre(カーンドフ)に対応して従属節の「嫌う、気に入らない」という意味のdétesterの前にneが置かれています。



同じようにこの虚辞が使われるのは以下の物が使われるときです。

いずれも不安の感情が含まれているので従属節は接続法になります。

・craindre que
・avoir peur que(アヴォワーフ・ピューフ・ク):~を心配する
・redouter que(フドゥッテーフ・ク):~を恐れる
・éviter que(エヴィテーフ・ク):~を避ける
・empêcher que(オンペッシェーフ・ク):~を避ける
・Avant que(アヴォン・ク)~する前に
・à moins que(ア・モワン・ク):~しない限り



また動詞craindreの活用は特徴的なのでここで紹介します。

現在形

Je           crains                   クハン
Tu          crains                   クハン
Il            craint                   クハン
Elle        craint                   クハン
Nous     craignons             クヘイニョン
Vous      craignez               クヘイニェ
Ils          craignent             クヘイニュ
Elles      craignent             クヘイニュ



半過去形

Je           craignais              クヘイニェ
Tu          craignais              クヘイニェ
Il            craignait              クヘイニェ
Elle        craignait              クヘイニェ
Nous     craignions            クヘイニオン
Vous      craigniez              クヘイニエ
Ils          craignaient           クヘイニェ
Elles      craignaient           クヘイニェ



単純未来形

Je           craindrai              クハンドヘイ
Tu          craindras              クハンドハ
Il            craindra               クハンドハ
Elle        craindra               クハンドハ
Nous     craindrons           クハンドホン
Vous      craindrez             クハンドヘ
Ils          craindront            クハンドホン
Elles      craindront            クハンドホン



条件法現在形

Je           craindrais             クハンドヘイ
Tu          craindrais             クハンドヘイ
Il            craindrait             クハンドヘイ
Elle        craindrait             クハンドヘイ
Nous     craindrions          クハンドヒオン
Vous      craindriez            クハンドヒエ
Ils          craindraient         クハンドヘイ
Elles      craindraient         クハンドヘイ



接続法現在形

Je           craigne                 クヘイニュ
Tu          craignes               クヘイニュ
Il            craigne                 クヘイニュ
Elle        craigne                 クヘイニュ
Nous     craignions            クヘイニオン
Vous      craigniez              クヘイニエ
Ils          craignent             クヘイニュ
Elles      craignent             クヘイニュ



過去分詞

avoir craint                      クハン

ここでの文では「ずっと今まで心配していた」と過去の継続のニュアンスを出すために半過去形が使われています。

Je craignais que tu n’en détestes.ジュ・クヘイニェ・ク・チュ・モン・デテストゥと読みます。

【En fait, j’ai ajouté du miel au lieu du chocolat.】

意味:実は、チョコレートの代わりに蜂蜜を入れました。

「加える」はer動詞のajouter(アジュテー)を使います。

「蜂蜜」le miel(ル・ミエル)ですが、数えられる名詞のため部分冠詞が使われています。

「~の代わりに」au lieu de 名詞(オ・リュー・ドゥ)もしくはà la place de 名詞(ア・ラ・プラス)で表現できます。

En fait, j’ai ajouté du miel au lieu du chocolat.オン・フェ、ジェイ・アジュテ・デュ・ミエル・オ・リュー・ドゥ・ショコラと読みます。

【Tu as mis le chocolat la dernière fois.】

意味:あなたは前回チョコレートを入れました。

「入れる、置く」mettre(メットフ)を使います。

この動詞はいろいろなところで使いますが、活用も特殊な形なので覚えておきましょう。

現在形

Je           mets                     メ
Tu          mets                     メ
Il            met                      メ
Elle        met                      メ
Nous     mettons               メットン
Vous      mettez                 メッテ
Ils          mettent                メットゥ
Elles      mettent                メットゥ



半過去形

Je           mettais                 メッテイ
Tu          mettais                 メッテイ
Il            mettait                 メッテイ
Elle        mettait                 メッテイ
Nous     mettions              メッチオン
Vous      mettiez                メッチエ
Ils          mettaient             メッテイ
Elles      mettaient             メッテイ



単純未来形

Je           mettrai                 メットヘイ
Tu          mettras                メットハ
Il            mettra                  メットハ
Elle        mettra                  メットハ
Nous     mettrons              メットホン
Vous      mettrez                メットヘ
Ils          mettront              メットホン
Elles      mettront              メットホン



条件法現在形

Je           mettrais               メットヘイ
Tu          mettrais               メットヘイ
Il            mettrait               メットヘイ
Elle        mettrait               メットヘイ
Nous     mettrions             メットヒオン
Vous      mettriez               メットヒエ
Ils          mettraient            メットヘイ
Elles      mettraient            メットヘイ



接続法現在形

Je           mette                   メットゥ
Tu          mettes                  メットゥ
Il            mette                   メットゥ
Elle        mette                   メットゥ
Nous     mettions              メッチオン
Vous      mettiez                メッチエ
Ils          mettent                メットゥ
Elles      mettent                メットゥ



過去分詞

avoir mis                         ミ



「前回」la dernière fois(ラ・デフニエーフ・フォワ)です。

反対に「次回」la prochaine fois(ラ・プホシェーヌ・フォワ)です。

Tu as mis le chocolat la dernière fois. チュ・ア・ミ・ル・ショコラ・ラ・デフニエーフ・フォワと読みます。

【C’était le pire curry dans ma vie.】

意味:あれは人生で最悪のカレーでした。

「悪い」の比較級・最上級はpire(ピーフ)です。

ここでは最上級として使われているので「最悪」という意味になります。

「人生」la vie(ラ・ヴィ)のため、dans ma vieで「人生において」という意味になります。

この単語を使って

Qu’est-ce que vous faites dans la vie ?
人生で何をしていますか→職業は何ですか?

と聞くこともできます。

C’était le pire curry dans ma vie.セテ・ル・ピーフ・キュヒー・ドン・マ・ヴィと読みます。

【Tais-toi !】

意味:黙って!

読み:テ・トワ!

ここで命令形が登場です。

この動詞は実はse taire(ス・テーフ)という代名動詞なのです。

つまりこの文は代名動詞の命令形ということになります。

代名動詞についてはこちらをご覧ください。



代名動詞の命令形の場合はこのように代名詞の位置が変わります。

具体的には

Tu te tais. → Tais-toi !

と変わっているので位置だけでなく、代名詞の形も強勢形に変わり、二つをハイフンで繋げます。

強勢形についてはこちらをご覧ください。



しかし代名動詞の否定の命令形は以下のようになります。

Tu ne te tais pas. → Ne te tais pas !

このように順番は変わらずそのまま主語がなくなっています。

とはいえer動詞などのtuの命令形はsがなくなる点は反映されます。

そのあたりのルールの解説はこちらをご覧ください。



この「黙って」というTais-toi !は親が子供を𠮟りつけるときによく聞くフレーズです。

【Mais je suis contente que ça te plaise.】

意味:しかし気に入ってもらえて嬉しいです。

「気に入らせる」plaire(プレーフ)を使います。

今回は「あなたに気に入ってもらう」という意味になっています。

加えてこの文では主節が「嬉しい」と感情を含んでいるため従属節は接続法になっています。

これと同じ表現でÇa vous plaît ?(サ・ヴ・プレ?)はレストランなどで「お気に召しましたか?」という意味で使われることが多いです。

加えてよく使うs’il vous plaîtにも登場しています。

直訳すると「もしお気に召すならば」という意味ですが、そこから「お願いします。」とお願いする意味になっています。

この動詞の活用も特殊な形ではありますが、基本的にplaîtくらいしか使わないので割愛します。

Mais je suis contente que ça te plaise.メ・ジュ・シュイ・コントント・ク・サ・トゥ・プレイズと読みます。

【Je ne peux arrêter de manger.】

意味:食べるのを止められません。

ここでもneが単体で使われています。

しかしこれは虚辞のneではなく単純にpasが省略されています

こうすることで否定を強調することができます。

とはいえすべての動詞で使えるものかというと、実は4つの動詞のみ使えるものです。

その動詞が

・pouvoir
・savoir
・oser(オゼーフ):あえて~する
・cesser(セッセーフ):~するのをやめる

です。

これ4つの動詞でneだけが使われていた場合はpasがないだけの否定文だと思ってもらえばいいです。

Je n’ose téléphoner à lui.
(私はあえて彼に電話しない。)

Tu ne cesses de parler.
(あなたは話を止めない→あなたは話し続ける。)



Je ne peux arrêter de manger.ジュ・ヌ・プ・アヘッテーフ・ドゥ・モンジェーフと読みます。

【Je crois que si j’ajoute la pomme encore, le curry sera le meilleur.】

意味:私はもしさらにリンゴを入れたら、カレーは最高になると思います。

「よい」のbonの比較級、最上級はmeilleur(メイユー)です。

今回は「最高」なので最上級を使っています。

最上級なので他のものと同様に対応する名詞の数と性別に対応してleはlaやlesに変わります。


加えてこのmeilleurも名詞の数と性別に対応して変わります。

例えば

La meilleure photo
Les meilleurs amis
Les meilleures photos

のように変わります。

Je crois que si j’ajoute la pomme encore, le curry sera le meilleur.ジュ・クワ・ク・シ・ジャジュットゥ・ラ・ポム・オンコーフ、ル・キュヒー・スハ・ル・メイユーと読みます。

【Le miel et la pomme sont les ingrédients secrets pour le curry au Japon.】

意味:蜂蜜とリンゴは日本ではカレーの隠し味です。

「材料」un ingrédient(アン・ナングヘディオン)です。

ちなみに「調味料」les assaisonnements(レ・ザセイゾヌモン)です。

「秘密の」secret(セクへ)を使います。

Le miel et la pomme sont les ingrédients secrets pour le curry au Japon.ル・ミエル・エ・ラ・ポム・ソン・レ・ザングヘディオン・セクへ・プーフ・ル・キュヒー・オ・ジャポンと読みます。

【Je pense que la qualité de ton curry est aussi que celle au Japon.】

意味:あなたのカレーのクオリティは日本のそれを同じくらいだと私は思います。

ここでは比較の中でも「同じ」が使われています。

同じものとする場合はaussi que(オシ・ク)を使います。

ただし数が同じくらいという場合はautant que(オトン・ク)を使います。

J’ai des chocolats autant que toi.
(私はあなたと同じくらいチョコレートを持っている。)



まったく同じものと言うときは定冠詞 + même + 名詞 + queを使います。

J’ai le même sac que toi.
(私はあなたと同じカバンを持っています。)



「同様に」と並列する場合はet以外にもainsi que(アンシ・ク)も使えます。

J’ai donné un cadeau à Tom ainsi qu’à Paul.
(私はポールと同様にトムにもプレゼントを渡した。)

J’ai fait la cuisine ainsi que tu m’as dit.
(私はあなたが言ったことと同様に料理した。→ あなたが言ったとおりに料理した。)



何かを比較するとき同じ単語を繰り返すことが度々起こります。

今回の文では「あなたのカレーのクオリティと日本のカレーのクオリティは同じくらいです」と二回も「カレーのクオリティ」と言うのは手間です。

そこで使われるのが指示代名詞です。

指示代名詞とは「これ、それ、あれ」と意味があり、これを使うことで

「あなたのカレーのクオリティは日本のそれと同じくらいです」とスッキリした形になります。

この指示代名詞は元の名詞の性別と数に応じて以下のように変わります。

 単数複数
男性名詞Celui(スリュイ)Ceux(ス)
女性名詞Celle(セル)Celles(セル)

実はこれはCe+lui、Ce+elleのようにCeと強勢形が引っ付いただけのものです。

今回はla qualité de curryと女性名詞なのでCelleが代名詞として使われています。

これ以外にもこの指示代名詞にはさまざまな使い道があり、

①Ceux qui「~する人」という英語のThose whoと同じ役割を果たします。

Ceux qui a plus de 50 ans peuvent effectuer la vaccination.
(50歳以上の人はワクチン接種を行える。)

「実施する」effectuer(エフェクチュエーフ)

「ワクチン接種」la vaccination(ラ・ヴァクシナシオン)

複数の同じものを比べるときに-ciと-làを後に付ければ比べることもできます。

J’ai goûté deux baguettes. J’adore celle-ci plutôt que celle-là.
(私は二つのバゲットを味見しました。私はあちらよりもむしろこちらが好きです。)

「試食する」goûter(グテーフ)

「バゲット」une baguette(ユヌ・バゲット)

「BよりむしろA」A plutôt que B(ピュルトット・ク)

二つ代名詞の候補があるときなどにも区別するときに役立ちます。

J’ai présenté Tom à Marie. Celui est Français et celle est Italienne.
(私はマリーにトムを紹介しました。トムはフランス人でマリーはイタリア人です。)



Je pense que la qualité de ton curry est aussi que celle au Japon.ジュ・ポンス・ク・ラ・クアリテ・ドゥ・トン・キュヒー・エ・オシ・ク・セル・オ・ジャポンと読みます。

【N’importe où je peux manger le meilleur curry au Japon.】

意味:日本一のカレーを食べられるところならどこでも。

N’importe + 疑問詞(ナンポフト)もしくはpeu importe + 疑問詞「なんでもいい」という意味になります。

加える疑問詞によって以下のように変わります。

「どこでも」:n’importe où / peu importe où
「いつでも」:n’importe quand / peu importe quand
「誰でも」:n’importe qui / peu importe qui
「なんでも」:n’importe quoi / peu importe quoi
「何歳でも」:n’importe quel âge

など

ただし、「なんでも」のn’importe quoiは単体で使うと「ありえない!」と不機嫌なときに使う言葉になってしまうので気を付けましょう。

N’importe où je peux manger le meilleur curry au Japon.ナンポフト・ウ・ジュ・プ・モン・ジェー・ル・メイユー・キュヒー・オ・ジャポンと読みます。

【C’est plus grand que je ne pensais.】

意味:思っていた以上に広かったです。

ここで最後のneの単体での使用例が出てきました。

それは比較級の文でqueの後が文になっているときです。

ここでは「思っていた以上に」という文に付いています。

しかしこれには否定の意味はなく虚辞のneの使い方の一つと言えます。

そのため訳す分には無視しても差し支えありません

C’est plus grand que je ne pensais.セ・プル・ゴーン・ク・ジュ・ヌ・ポンセイと読みます。

おさらい

私「Tu as fait du curry mieux qu’avant. Comment tu as fait ?
(チュ・ア・フェ・デュ・キュヒー・カヴォン。コモン・チュ・ア・フェ?)」

友達「C’est vrai ? Je craignais que tu n’en détestes.
(セ・ヴヘイ?ジュ・クヘイニェ・ク・チュ・モン・デテストゥ)

En fait, j’ai ajouté du miel au lieu du chocolat.
(オン・フェ、ジェイ・アジュテ・デュ・ミエル・オ・リュー・ドゥ・ショコラ)」

私「Ah, oui. Tu as mis le chocolat la dernière fois. C’était le pire curry dans ma vie.
(ア、ウィ。チュ・ア・ミ・ル・ショコラ・ラ・デフニエーフ・フォワ。セテ・ル・ピーフ・キュヒー・ドン・マ・ヴィ)」

友達「Tais-toi ! Mais je suis contente que ça te plaise.
(テ・トワ!メ・ジュ・シュイ・コントント・ク・サ・トゥ・プレイズ)」

私「Oui, je ne peux arrêter de manger. Je peux manger encore ?
(ウィ、ジュ・ヌ・プ・アヘッテーフ・ドゥ・モンジェーフ。ジュ・プ・モンジェーフ・オンコーフ?)」

友達「Bien sûr. Je crois que si j’ajoute la pomme encore, le curry sera le meilleur.
(ビヤン・シュー。ジュ・クワ・ク・シ・ジャジュットゥ・ラ・ポム・オンコーフ、ル・キュヒー・スハ・ル・メイユー)」

私「Tu as raison. Le miel et la pomme sont les ingrédients secrets pour le curry au Japon.
(チュ・ア・ヘゾン。ル・ミエル・エ・ラ・ポム・ソン・レ・ザングヘディオン・セクへ・プーフ・ル・キュヒー・オ・ジャポン)」

友達「Ah bon ? Je veux manger du curry japonais un jour.
(ア・ボン?ジュ・ヴ・モンジェーフ・ドゥ・キュヒー・ジャポネ・アン・ジューフ)」

私「Je pense que la qualité de ton curry est aussi que celle au Japon.
(ジュ・ポンス・ク・ラ・クアリテ・ドゥ・トン・キュヒー・エ・オシ・ク・セル・オ・ジャポン)」

友達「Merci beaucoup. Quand on va au Japon, tu me présentes le curry, s’il te plaît.
(メフシー・ボク。コン・トン・ヴァ・オ・ジャポン、チュ・ム・プヘゾントゥ・ル・キュヒー、シル・トゥ・プレ)」

私「D’accord. Quelle ville tu veux visiter au Japon ?
(ダコー。ケル・ヴィーユ・チュ・ヴ・ヴィシッテーフ・オ・ジャポン?)」

友達「N’importe où je peux manger le meilleur curry au Japon.
(ナンポフト・ウ・ジュ・プ・モン・ジェー・ル・メイユー・キュヒー・オ・ジャポン)」

私「C’est difficile d’en décider un. Mais Ishikawa et Hokkaido sont connus du curry.
(セ・ディフィシル・ドン・デシデーフ・アン。メ・イシカワ・エ・オッカイドー・ソン・コニュ・デュ・キュヒー)」

友達「J’ai déjà visité Hokkaido. C’est plus grand que je ne pensais.
(ジェイ・デジャ・ヴィシッテ・オッカイドー。セ・プル・ゴーン・ク・ジュ・ヌ・ポンセイ)」



比較級・最上級

Bien
比較級:mieux
最上級:le mieux

Bon
比較級:meilleur
最上級:le meilleur(e)(s) ⇔ le pire

同等
同じくらい:A aussi que B
同じくらいの量:A autant que B



代名動詞の命令形

例:Tu te tais.
肯定文:Tais-toi !(代名詞と動詞の順番を入れ替え、代名詞を強勢形にしてハイフンでつなぐ)
否定文:Ne te tais pas !(入れ替えは発生せずNe pasで代名詞と動詞を挟む)



neの単独使用

①neの省略:pouvoir、savoir、oser、cesserの4つの動詞のみpasを省略できる
②虚辞のne(不安を含む接続詞)

・craindre que
・avoir peur que(アヴォワーフ・ピューフ・ク):~を心配する
・redouter que(フドゥッテーフ・ク):~を恐れる
・éviter que(エヴィテーフ・ク):~を避ける
・empêcher que(オンペッシェーフ・ク):~を避ける
・Avant que(アヴォン・ク)~する前に
・à moins que(ア・モワン・ク):~しない限り
③虚辞のne(比較文の比較対象が文の場合使用)



指示代名詞(元の名詞の性別と数に応じて変化するもの)

 単数複数
男性名詞Celui(スリュイ)Ceux(ス)
女性名詞Celle(セル)Celles(セル)

【使い方】
①同等のものを比べるとき
②代名詞の候補が複数ある場合
③Ceux quiなど「~の人」と不特定数の対象者を示すとき



「なんでもいい」

N’importe + 疑問詞(ナンポフト)もしくはpeu importe + 疑問詞

「どこでも」:n’importe où / peu importe où
「いつでも」:n’importe quand / peu importe quand
「誰でも」:n’importe qui / peu importe qui
「なんでも」:n’importe quoi / peu importe quoi
「何歳でも」:n’importe quel âge

など


「同じもの」:定冠詞 + même + 名詞 + que
「~と同様に」:ainsi que


「~の代わりに」:au lieu de名詞もしくはà la place de 名詞



動詞craindreの活用

現在形

Je           crains                   クハン
Tu          crains                   クハン
Il            craint                   クハン
Elle        craint                   クハン
Nous     craignons             クヘイニョン
Vous      craignez               クヘイニェ
Ils          craignent             クヘイニュ
Elles      craignent             クヘイニュ



半過去形

Je           craignais              クヘイニェ
Tu          craignais              クヘイニェ
Il            craignait              クヘイニェ
Elle        craignait              クヘイニェ
Nous     craignions            クヘイニオン
Vous      craigniez              クヘイニエ
Ils          craignaient           クヘイニェ
Elles      craignaient           クヘイニェ



単純未来形

Je           craindrai              クハンドヘイ
Tu          craindras              クハンドハ
Il            craindra               クハンドハ
Elle        craindra               クハンドハ
Nous     craindrons           クハンドホン
Vous      craindrez             クハンドヘ
Ils          craindront            クハンドホン
Elles      craindront            クハンドホン



条件法現在形

Je           craindrais             クハンドヘイ
Tu          craindrais             クハンドヘイ
Il            craindrait             クハンドヘイ
Elle        craindrait             クハンドヘイ
Nous     craindrions          クハンドヒオン
Vous      craindriez            クハンドヒエ
Ils          craindraient         クハンドヘイ
Elles      craindraient         クハンドヘイ



接続法現在形

Je           craigne                 クヘイニュ
Tu          craignes               クヘイニュ
Il            craigne                 クヘイニュ
Elle        craigne                 クヘイニュ
Nous     craignions            クヘイニオン
Vous      craigniez              クヘイニエ
Ils          craignent             クヘイニュ
Elles      craignent             クヘイニュ



過去分詞

avoir craint                      クハン



動詞mettreの活用

現在形

Je           mets                     メ
Tu          mets                     メ
Il            met                      メ
Elle        met                      メ
Nous     mettons               メットン
Vous      mettez                 メッテ
Ils          mettent                メットゥ
Elles      mettent                メットゥ



半過去形

Je           mettais                 メッテイ
Tu          mettais                 メッテイ
Il            mettait                 メッテイ
Elle        mettait                 メッテイ
Nous     mettions              メッチオン
Vous      mettiez                メッチエ
Ils          mettaient             メッテイ
Elles      mettaient             メッテイ



単純未来形

Je           mettrai                 メットヘイ
Tu          mettras                メットハ
Il            mettra                  メットハ
Elle        mettra                  メットハ
Nous     mettrons              メットホン
Vous      mettrez                メットヘ
Ils          mettront              メットホン
Elles      mettront              メットホン



条件法現在形

Je           mettrais               メットヘイ
Tu          mettrais               メットヘイ
Il            mettrait               メットヘイ
Elle        mettrait               メットヘイ
Nous     mettrions             メットヒオン
Vous      mettriez               メットヒエ
Ils          mettraient            メットヘイ
Elles      mettraient            メットヘイ



接続法現在形

Je           mette                   メットゥ
Tu          mettes                  メットゥ
Il            mette                   メットゥ
Elle        mette                   メットゥ
Nous     mettions              メッチオン
Vous      mettiez                メッチエ
Ils          mettent                メットゥ
Elles      mettent                メットゥ



過去分詞

avoir mis                         ミ



まとめ

今回はかつていないほどのボリュームになってしまいました。

それだけ内容盛りだくさんです。

代名動詞や比較など一度だけでは伝えきれなかったものにまだ解説していない小ネタを入れた結果これだけの長文になってしまいました。

それだけよく使うものだということなのでしっかりおさらいして使いこなせるようになりましょう。

それでは(^^)/~~~

今回学んだこと

比較・最上級
代名動詞の命令形
neの単体使用
指示代名詞
「なんでもいい」

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA