バチカン観光ルート

バチカン Vatican

【街の説明】

ローマ内にある世界最小の国。カトリックの総本山でサン・ピエトロ大聖堂とその前の広場が有名である。国と言っても国籍を持っているのは聖職者のみで、職員はイタリア、特にローマに住んでいる。軍事力は持たず、警備は永世中立国であるスイス傭兵が担当している。ここではバチカン市国と近くにあるサンタンジェロ城を観光するルートを紹介する。

【オススメ度】

 ★★★★★

【所要時間】

 7時間半

【費用】

 39€

【疲れやすさ】

 ★★★★★

【観光ルート】



【スタート】

①地下鉄:シプロ駅

Cipro

★地上に出て少し進んだ先のロータリーを右に曲がると道の先に城壁が見えるのでそこに向かう。車道の突き当りからアパートの間の歩道を進み、階段を上ると城壁の前まで着くので左に壁沿いに進むと入口が見えてくる。徒歩10分。



②バチカン美術館

Musei Vaticani

所要時間:4時間 費用:17€(③と共通券)

開館時間:8時半~18時半 休館日:日曜日、祝日

サン・ピエトロ大聖堂に隣接する世界最大規模の美術館。

実際には大小含めて20以上の美術館・博物館から構成されているためすべてじっくり見学しようとすると相当時間がかかる。

起源は16世紀にサンタ・マリア・マジョーレ大聖堂の近くのブドウ畑で彫刻作品「ラオコーン」を発見したことでユリウス2世が美術館を作ることを決めた。

この「ラオコーン」はバチカン美術館の見どころの一つで、「八角形の中庭」に展示されている。

他にもピナコテカ(絵画館)にはレオナルドダヴィンチやラファエロの作品が展示されている。

「地図の間」には16世紀に描かれたイタリア各地の地図が廊下の壁に展示されており、天井の装飾も豪華。

「ラファエロの間」は4つの部屋から構成されており、ラファエロとその弟子たちで壁や天井に直接描かれた作品を見ることができ、「アテネの学堂」など歴史の教科書に載っている作品を見ることができる。

駆け足ですべての展示を見ても何時間もかかるため予め見たいところをピックアップしておくのもオススメ。

また、以下のサイトでチケットを購入しておくとスムーズに入場できる。

地図のギャラリー

【チケット購入サイト】
https://tickets.museivaticani.va/home


★順路に沿って進むと礼拝堂に入る。



③システィーナ礼拝堂

Cappella Sistina

所要時間:20分 費用:バチカン美術館に含まれている

開館時間:8時半~18時半 休館日:日曜日、祝日

15世紀に作られた世界的に有名な礼拝堂。

元々あった礼拝堂を立て替える際にミケランジェロやボッティチェリなどのルネサンスを代表する芸術家たちが内装の絵画を担当した。

特に有名なのがミケランジェロの「最後の審判」であるが、天井や壁一面に描かれた作品群に圧倒される。

内部での撮影は禁止されているが、腰を掛けるところがあるのでじっくり見まわった後は座って改めて鑑賞するのがオススメ。

★順路に従うとサン・ピエトロ大聖堂へと続くが、ここで大聖堂のクーポラ(ドーム状の天井)に行く道と分かれている。



④サン・ピエトロ大聖堂

Basilica di San Pietro

所要時間:40分 費用:0€(クーポラは別途料金以下記載)

開館時間:7~19時(10~3月末は18時半まで)

使徒ペトロを祀るカトリック総本山の教会で世界最大級の大きさを誇る。

元はコンスタンティヌス帝の命によって4世紀に建てられたが、16世紀にユリウス2世によって現在の形に建て直された。

内部には11の礼拝堂と45の祭壇があり、総本山なだけあって床から天井に至るまで豪華な造りが施されており、どこを見ても芸術品のような光景になっている。

特に有名なのが出入口付近にあるミケランジェロの「ピエタ像」である。

別途料金を払えばクーポラ内部及び外に登ることができる。

クーポラ内部では天井画をより近くで見ることができたり、上から大聖堂内部を見ることができる。

また、壁に頬を近づけて声を出すと声が反射して反対側にいる人にまで聞こえるようになっている。

外に出ると鍵型になっている広場を一望できる。

【料金】
階段(551段):8€
エレベーター+階段(320段):10€

【開館時間】
7時半~18時(10~3月末は17時まで)


★大聖堂から外に出る。



⑤サン・ピエトロ広場

Piazza San Pietro

所要時間:20分 費用:0€

サン・ピエトロ大聖堂の前にある鍵型の広場。

372本の柱が4列になって広場を囲むように建てられており、その上には140体の聖人像が立っている。

中央にはオベリスクがあり、その左右に噴水が置かれている。

広場の地面には「ベルニーニ・ポイント」と呼ばれる白い丸いパネルが2か所あり、その上に立つと4列になった柱がすべて重なって見える。

大聖堂の入口付近では制服を着たスイス傭兵を見ることができる。

ベルニーニ・ポイントから見た広場


★広場から出て道を真っ直ぐ進む。左手にはところどころバチカンとサンタンジェロ城を結ぶ秘密の通路を見ることができる。振り返ると道の先にサン・ピエトロ大聖堂が綺麗に見える。引き続き進むとやがて城が正面に見えてくるが城に近づかずに右手に見えてくる橋を渡る。徒歩15分。



⑥サンタンジェロ橋

Ponte Sant’Angelo

所要時間:5分 費用:0€

134年に作られた橋で両端に合計10体の彫刻が立っている。

ここからサンタンジェロ城を見るととても美しい。

★城の反対側に回って中に入る。徒歩5分。



⑦サンタンジェロ城

Castel Sant’Angelo

所要時間:1時間 費用:12€

開館時間:9~19時半(1時間半毎に時間が区切られ、各時間上限220名まで)

休館日:なし

「聖なる天使の城」という意味の大天使ミカエルの銅像を頂上に添える城。

元々はハドリアヌス帝が自身の墓として建設を始めたのがきっかけで、その後要塞、牢獄、避難所として使われてきた。

そのため城と言っても強固な外見で内装も豪華絢爛なものではない。

博物館として展示品もあるが、一番のポイントは城から街を一望できることであり、特にサン・ピエトロ大聖堂を見ることができるのがポイント。

先ほどの秘密の通路はこの城へと通じている。

★城を出てひたすら直進する。噴水のある広場に出ても直進するとやがて左右並木道の通りに出るので右に曲がると地下鉄駅が見えてくる。徒歩15分。



【ゴール】

⑧地下鉄:レパント

Lepanto

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA