メッス観光ルート

メッス Metz

【街の説明】

メッスはセーユ川とモゼール川に挟まれた街です。歴史的に19世紀後半から20世紀前半にかけてドイツに占領されていた歴史があり、街の外れにはドイツ門がその名残として残っています。教会も数多く点在しており、シャガールやジャン・コクトーが手掛けたステンドグラスを見ることができます。駅の反対側にはポンピドゥーセンターの別館もあります。

【オススメ度】

 ★★★★☆

【所要時間】

 6時間半~7時間半(企画展の見学数による)

【費用】

 12~17€(企画展の見学数による)

【疲れやすさ】

 ★★★★☆

【観光ルート】



【スタート】

①メッス駅

Gare de Metz

★ルート 所要時間:10分

駅前広場左前方の通りを進む⇒最初のロータリー右手に塔が見えてきます


②カムーフル塔(外観のみ)

Tour Camoufle

所要時間:5分 費用:0€

1437年に建てられた中世の塔です。

かつては7㎞にも及ぶ城壁と繋がっていましたがこの部分だけが現存しています。

これだけ古い塔が今なお残されているのは珍しいです。

★ルート 所要時間:5分

道を引き返しロータリーを直進⇒右手に門が見えてきます


③セルペノワーズ門

Porte Serpenoise

所要時間:5分 費用:0€

13世紀に城壁とともに作られた門で街の入口の役割をしています。

15世紀の侵略の際に一度破壊されてしまい、現存しているのは19世紀に建て直したものです。

★ルート 所要時間:数分

門をくぐったらすぐ左折⇒坂を上る⇒左手に建物が見えてきます


④政府宮殿(外観のみ)

Palais du Gouverneur

所要時間:5分 費用:0€

20世紀初頭にギヨーム2世のために建てられた邸宅です。

ドイツ軍の支配時の影響によりドイツの建築様式が取り入れられています。

軍事施設でもあるため見学はできません。

★ルート 所要時間:5分

道なりに進む⇒右手に小さな礼拝堂が見える⇒その先左手の小道を通る⇒教会が見えてきます


⑤サン・ピエール教会

Église Saint-Pierre-aux-Nonnains

所要時間:15分 費用:0€

開館時間:週末の14~18時(6~9月は月曜日以外)
休館日:平日

ロマネスク様式を取り入れた赤レンガで組まれた教会です。

内部では市場などのイベントを開催しているときもあります。

★ルート 所要時間:5分

引き続き通りを進む⇒庭園に着きます


⑥メッス遊歩道

Esplanade de Metz

所要時間:15分 費用:0€

メッス中心街手前にある遊歩道です。

色とりどりの花が咲いており、散歩すると気持ちが良いです。

端まで行くとモゼール川を眺めることができます。

★ルート 所要時間:10分

庭園を出て左折⇒そのまま正面の通りから中心街に入る⇒大聖堂のある広場に出る⇒大聖堂右隣りにある観光案内所に行きます


⑦観光案内所

所要時間:5分 費用:0€

ここで地図などを手に入れましょう。

⑧メッス大聖堂

Cathédrale de Metz

所要時間:30分 費用:0€(地下礼拝堂、宝物庫は4€)

開館時間:8~18時 休館日:なし

サンテティエンヌ大聖堂とも呼ばれるこの大聖堂は16世紀に完成しました。

ゴシック様式が取り入れられた黄土色の外壁と緑色の屋根が特徴的ですが、内部ではヨーロッパ最大級の規模を誇るステンドグラスを見ることができます。

祭壇背後の礼拝堂にあるステンドグラスはシャガールが手掛けたもので、様々な色合いの中に聖職者が描かれている様は幻想的です。


★ルート 所要時間:15分

大聖堂を出て右折⇒広場を左折⇒すぐ右折⇒川に出たら左折⇒最初の橋を渡る(フォトスポット)⇒橋を渡ったら右折⇒最初の交差点を右折⇒橋を渡る⇒右手に教会が見えてきます


⑨ヌフ教会(外観のみ)

Temple Neuf

所要時間:15分 費用:0€

モゼール川に浮かぶ小島にある教会です。

ネオロマネスク建築が取り入れられていますが、その背景には④同様にギヨーム2世の取り計らいで行われたドイツ様式の影響が見られます。

近くで見ると扉などの装飾が他ではあまり見ない模様や色合いをしています。

★ルート 所要時間:数分

教会正面の広場左手にオペラ座があります


⑩メッス・オペラ座(外観のみ)

Opéra-Théâtre de Metz Métropole

所要時間:10分 費用:0€

広場に面した所に立つオペラ座です。

1752年に建てられ、今なお使われるオペラ座の中ではフランス最古と言われています。

★ルート 所要時間:5分

広場から橋を渡る⇒すぐ左折⇒最初の交差点を右折⇒観光案内所横を左折⇒坂を上る⇒右手に黄土色の博物館が見えてきます


⑪クール・ドール博物館

Musée de La Cour d’Or

所要時間:1時間 費用:5€

開館時間:9~12時半/13時45分~17時
休館日:火曜日、祝日

大聖堂同様に黄土色の外壁をした博物館です。

先史時代から紹介され、彫刻が特に多いです。

建物自体も特徴的で地下構造や木造建築の天井画なども見ることができます。

★ルート 所要時間:5分

博物館横の通りを進む⇒突き当りを右折⇒教会が見えてきます


⑫サン・セゴレーヌ教会

Église Sainte-Ségolène

所要時間:15分 費用:0€

開館時間:8~18時 休館日:なし

13世紀に建てられた二つの尖塔が特徴的なゴシック様式の教会です。

明るい色見の外観とは異なり、内装は灯りがステンドグラスによるものなので薄暗いです。

祭壇にあるステンドグラスの灯りによってバージンロードが赤く染まります。

★ルート 所要時間:20分

教会を出て正面の通りを進む⇒3つ目の交差点を左折⇒道なりに直進⇒左手に教会が見えてきます


⑬長老派教会

Presbytère Catholique de Saint Eucaire

所要時間:15分 費用:0€

開館時間:9~12時半/14~18時 休館日:日曜日

ロマネスク様式とゴシック様式が取り入れられた教会です。

青屋根と黄色の壁が映える外観とは異なり内装は灰色の石造りとなっています。

横幅が広く、祭壇側の壁一面にステンドグラスが張られています。

教会には聖ブレイズの聖遺物が残されており、かつて魚の骨でのどを詰まらせた少年を救ったことから2月3日にブリオッシュを捧げてのどの健康を祈る行事が行われます。

★ルート 所要時間:5分

引き続き通りを進む⇒大通りに出る⇒正面に要塞が見えてきます


⑭ドイツ門

Porte des Allemands

所要時間:15分 費用:0€

開館時間:14~17時(5~9月は19時まで) 休館日:なし

セーユ川にかかる要塞様式のメッスの中世を象徴する門です。

かつてはここから城壁が伸びて壁内への出入り口として使われていました。

★ルート 所要時間:5分

門から大通りを左折⇒最初の右の道に入る⇒突き当りを左折⇒左手に教会が見えてきます


⑮サン・マキスマン教会

Église Saint-Maximin de Metz

所要時間:20分 費用:0€

開館時間:9~19時 休館日:なし

建設に3世紀以上を費やしたためロマネスク、ゴシック、バロック様式が混ざっている教会です。

一番の見どころは1960年にジョン・コクトーが手掛けたステンドグラスです。

爽やかな青に幻想的な雰囲気を感じることができます。

★ルート 所要時間:10分

引き続き通りを進む⇒最初の右の道に入る⇒大通りを横断⇒突き当りを左折⇒通りに出たら右折⇒右手に教会が見えてきます


⑯サン・マルタン教会

Église Saint-Martin

所要時間:15分 費用:0€

開館時間:9~18時半 休館日:なし

豪華な装飾が施された青屋根の高い鐘楼が特徴的な教会です。

内部にはモノトーンのチェック柄のバージンロードと彩り鮮やかなステンドグラスがコントラストとなっています。

通常ステンドグラスで再現されている聖書の内容が彫刻で再現されているのも特徴的です。

★ルート 所要時間:15分

道を引き返し右カーブを進む⇒分かれ道を左⇒ひたすら直進⇒線路の下を通った後左手にモダンな建物の美術館が見えてきます


⑰ポンピドゥーセンター・メッス

Centre Pompidou-Metz

所要時間:30分×見学する企画展の数(最大90分)
費用:見学数一つ:7€ 二つ:10€ 三つ:12€

開館時間:10~18時(金~日は19時まで)
休館日:火曜日、5/1

中心地とは真逆の位置にあるパリにあるポンピドゥーセンターの別館です。

常設展はなく、いくつもの企画展から構成されるので見学する数によって値段も時間も変わってきます。

日本人建築家の坂茂が建築にも携わりました。

上階の展示室からは街を展望できます。

★ルート 所要時間:5分

美術館を出て右折⇒最初の交差点を左折⇒駅に戻ります



【ゴール】

メッス駅



メッス周辺のエリア情報はこちらをチェック!!


旅行のお役立ち情報はこちらをチェック!!


コメント