オワン観光ルート

オワン Oingt

【村の説明】

ワインで有名なボジョレー地方にある小さな村。「フランスで最も美しい村」に登録されている村の一つ。この地方で取れる黄金の石を使用した家が並ぶため、中世の雰囲気が残りつつも景色は特別な雰囲気を感じる。村の中央にある塔に上れば広大なボジョレーの自然を眺めることができる。毎年クリスマスシーズンには200を超えるクレッシュ(キリスト誕生の様子を表現したミニチュア)を村の至る所で見ることができる。

【オススメ度】

 ★★★☆☆

【所要時間】

 2時間

【費用】

 1.50€

【疲れやすさ】

 ★★☆☆☆

【観光ルート】



【スタート】

①駐車場

村へのアクセスは基本的にとなる。駐車場は村の正門から伸びる分かれ道の先に右手にある。

★村の正門から入りたいところだが、その前に左手に進むとワインショップが見えてくる。このお店ではボジョレーワインが安く買える。このお店のさらに奥に進むと左手に見えてくる。徒歩5分。



②観光案内所/機械仕掛けの楽器博物館

Musée De La Musique Mécanique

所要時間:30分 費用:0€

開館時間:金~日曜日の15~19時 休館日:月~木曜日

観光案内所と併設されている博物館。

手動で動かすと演奏が始まる巨大な楽器がたくさん展示されている。

仕組みはオルゴールと同じだが、オルガンやシンバルなど様々な楽器が動くため音色豊かな音楽を聴くことができる。

スタッフに頼めば実際に自分で動かしてみることもできる。

★道を引き返して村の正門を進む。最初の分かれ道は左に進む。そのまま緩やかな坂道を上りながら真っすぐ進むと視界が開けた場所に出る。右手を見ると市庁舎の駐車場があるので市庁舎の隣まで進むと細い歩行者用の通りがある。道なりに景色を楽しみながら進むと小さな広場に着くので右に進むと塔の足元まで行くことができる。徒歩10分。

クリスマスシーズンに見られるクレッシュ



③オワンタワー

Tour d’Oingt

所要時間:20分 費用:1.50€

開館時間:15~19時(4~10月の土日祝のみ、7~8月は毎日)
休館日:上記以外、雨風強い日も休館

1183年に建てられた高さ18mの塔。かつては要塞の見張り台であったが現在は展望台として利用されている。

内部にはこの村の歴史や文化を紹介する資料が展示されている。

★塔を出て教会へと進むが、教会の左手の道から回り道をすると景色がよく見える。



④オワン教会

Église d’Oingt

所要時間:15分 費用:0€

開館時間:10~18時 費用:0€

村の他の建物同様に黄金の石を使って建てられた教会。

元々9世紀に建てられた別の教会があったがより大きな教会にするためこの場所に19世紀末に移した。

ステンドグラスは鮮やかな色が使われ、二つの小さな礼拝堂では聖母マリア像を見ることができる。

教会の裏手の芝生エリアにもマリア像が建てられている。

★教会の階段を下りた先の道を少し進み左に曲がると階段があるので下って行く。その後右に曲がると元来た道の合流する。帰りの下り坂で右手にトンネルのような入口があるので進む。徒歩5分。



⑤裏道

所要時間:10分 費用:0€

表通りとは異なりひっそりとした通り。

中世のオシャレな雰囲気が残っており写真を撮るのにはいい場所。

道なりに進めば元来た道に戻れる。

★正門まで戻って村を出る。



【ゴール】

駐車場

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA