大西洋岸地方の名物

ボルドーを中心とした大西洋に面した地方は南まで行くとピレネー山脈にあたります。

この付近はバスク文化が今なお残っている地方で文化や食べ物にもその特徴を見ることができます。


ポートワイン(Porto)

ボルドーを始めとしたこの一帯のワインはポートワインとして日本でも有名です。

カベルネ、ソーヴィニヨン、メルロがこの地方のブドウの品種です。

主なワイン畑はボルドーの北部と東部を中心に広がっています。

カヌレ(Cannulé)

ボルドーの名物お菓子です。

クグロフのような形でありながら手のひらサイズでとても小さいもので、全国のパン屋さんでも見かけることができます。

外はキャラメルに覆われてカリカリとしており、中の生地はもちもちとしています。

ボルドーには有名専門店もあり、お土産の定番でもあります。

ガルビュール(Garbure)

キャベツやハム、チーズなどを入れたピレネー付近にあるベアルンの伝統料理のスープです。

さっぱりとした味わいです。

バスク文化(Pays Basque)

バイヨンヌを中心としたスペイン、ピレネー山脈にほど近いこの一帯はバスク文化が色濃く残るエリアです。

建物は城壁に赤や緑に窓枠が特徴的で、独自のスポーツや民族衣装などがあります。

シンボルは風車のようなマークです。

生ハム(Jambon cru)

バイヨンヌの生ハムはこのバスク地方の名物の一つです。

サラダと一緒に食べたり、食前酒のおつまみとしても親しまれています。

アショア(Axoa)

バスク地方の定番料理です。

ひき肉や野菜をトマトと一緒に煮込んだ料理です。

トマトの味が十分染み渡っていながらさっぱりとした味です。

ピプラード(Piperade)

ハムを甘辛に焼いてオムレツの上に乗せたバスク料理の一つ。

個人的には甘辛のベーコンエッグを食べているような気分でした。

ハムが名産ということで使われている料理のようです。

バスク風鶏肉(Poulet Basquaise)

野菜をトマトで煮込んだ料理を鶏肉にかけた料理です。

バスク風タルト(Tarte Basquaise)

他のバスク料理同様にトマトを使った料理。

タルトにトマトソースを煮込んで焼いたもので、ピザのような味がします。

ガトーバスク(Gâteau Basque)

この地方の名物菓子の一つで、アーモンド入りにクッキー生地にダークチェリーを入れて焼いたものです。

外はサクサクで中からはダークチェリーの甘くて酸味が程よく口いっぱいに広がります。

バスク風マカロン(Macaron Basquais)

日本で見かけるようなクリームを挟んだオシャレなイメージとは異なるシンプルなマカロンです。

もともとはこのようなものだったが今の形に進化したと考えられます。

そのため生地そのものの味を楽しむものであり、アーモンドの風味が広がる一品です。

マミア(Mamia)

この地方で生産されているフレッシュチーズです。

ヨーグルトのように固まっているため蜂蜜をかけてデザートとしていただきます。

チョコレート

スペインからフランスにチョコレート及びカカオが入ってきたのはバイヨンヌだと言われています。

そのためバイヨンヌにはチョコレートのお店がいくつもあります。

中でもカズナーヴCazenaveというショコラティエにあるムースショコラはこの町でも有名な一品です。

リネン(Linge basque)

この地方の建物同様に白地に赤や緑の模様が入ったのが特徴のリネンです。

バスクのシンボルマークもあしらえており、可愛くてお土産や自分用にも適しています。


大西洋岸地方の情報はこちらをチェック!!


フランスの情報はこちら!!


コメント