リヨン観光ルート

リヨン Lyon

【街の説明】

リヨンはフランス中部に位置するフランス第三の都市です。ソーヌ川とローヌ川に囲まれたこの街の旧市街はユネスコ世界遺産に登録されています。また、美食の街としても知られており「ブション」と呼ばれるリヨン特有のレストランもあります。毎年12月8日前後には「光の祭典」として街中でプロジェクションマッピングなど光を使ったスペクタクルを楽しむことができます。

【オススメ度】

 ★★★★★

【所要時間】

 9時間

【費用】

 22€

【疲れやすさ】

 ★★★★☆

【観光ルート】



【スタート】

①ベルクール広場 

Place Bellcour

所要時間:10分 費用:0€

観光案内所があるリヨンで一番大きな広場です。

広場の南西端には星の王子様の銅像があります。

電車でリヨンに来る場合はパール・デュー駅(Part-Dieu)で降りることとなります。

この駅からベルクール広場へは

①地下鉄B線(青色)に乗ってシャルペンヌ駅(Charpennes)(終点)でA線(ピンク色)に乗ってベルクール駅(Bellecour)下車

②地下鉄B線(青色)に乗ってサックス・ガンベッタ駅(Saxe-Gambetta)でD線(緑色)に乗ってベルクール駅(Bellecour)下車

の2通りで行くことができます。

地下鉄路線図:
https://www.tcl.fr/sites/default/files/2020-08/Plan_Lignes_Fortes_grand_format_092020.pdf

※リンク先が見つからない場合は以下のページより一番上の「Lignes fortes」をクリックしてください。
https://www.tcl.fr/plans-du-reseau


★ルート 所要時間:15分

地下鉄ベルクール駅D線に乗る⇒1駅次のヴュー・リヨン駅(Vieux Lyon)で下車⇒赤いケーブルカー(Funiculaire)に乗り換え⇒終点フルヴィエール駅(Fourvière)下車⇒地上に出ると目の前に大聖堂があります


②ノートルダム大聖堂

Basilique Notre Dame de Fourvière

所要時間:40分 費用:0€

開館時間:8~19時 休館日:なし

フルヴィエールの丘の上に建てられた大聖堂です。

かつて聖母マリアがペストからこの街を救ったことから、礼拝堂の屋根の上に黄金のマリア像が飾られています。

また、丘の上からはリヨンの街を一望できます。



内装は個人的にお気に入りでこちらで紹介しています。


★ルート 所要時間:5分

地下鉄の階段まで戻り左折⇒古代劇場が見えてきます


③ガロ・ロマン古代劇場 

Théâtre Gallo Romain

所要時間:20分 費用:0€

古代ローマ帝国時代の屋外劇場です。

隣接して当時の資料館であるガロ・ロマン文明博物館があります。

ご興味がございましたらお立ち寄りください。

ガロ・ロマン文明博物館
所要時間:1時間 費用:7€(企画展がなければ4€)
開館時間:11~18時(土日は10時から) 
休館日:月曜日、1/1、5/1、12/25


★ルート 所要時間:15分

古代劇場を出て右折⇒左手に見えてくるミニーム・テアートル・ホマン駅(Minimes Théâtres Romains)からケーブルカーに乗車⇒終点ヴュー・リヨン駅(Vieux Lyon)で下車⇒駅を出て左折⇒教会が見えてきます


④サン・ジャン大教会 

Cathédrale Saint-Jean-Baptiste

所要時間:20分 費用:0€

開館時間:8~19時 休館日:なし

旧市街入口にある教会です。

ここでヘンリー4世とイタリア王妃が結婚式を挙げました。

★ルート 所要時間:5分

教会を出て右折⇒旧市街に入る⇒左手に博物館が見えてきます


⑤映画・ミニチュア博物館 

Musée Miniature et Cinéma

所要時間:1時間半 費用:7€

開館時間:10~18時半(土日は~19:00) 休館日:1/1、12/25

「ハリーポッター」の杖や「チャーリーとチョコレート工場」のチョコなど映画の小道具などが展示されている博物館です。

リヨンは映画が誕生した町として有名であることからこのような博物館があります。

映画「パルファム」の各シーンを再現したセットも展示されています。

後半ではシルバニアのようなミニチュアのインテリアが展示されています。


★ルート 所要時間:数分

博物館を出て左折⇒数軒隣の54と書かれた金のプレートがある扉を開けて進みます


⑥トラブール

Traboule

所要時間:10分 費用:0€

トラブールとはリヨン特有の細い抜け道のことを言い、この旧市街にもいくつもこのような抜け道があります。

元は絹織り職人が使っていましたが、第二次世界大戦ではレジスタンスが逃走用に使用していました。

★ルート 所要時間:5分

引き続き通りを進む⇒最初の交差点を左折⇒突き当りを右折⇒左手に博物館が見えてきます


⑦ガダーニュ博物館 

Musées Gadagne

所要時間:1時間半 費用:8€

開館時間:11~18時半 休館日:月、火曜日

旧市街の中にある伝統的な建物の博物館です。

リヨンの民俗資料館とリヨン発祥の人形劇「ギニョル」資料館の2部構成になっています。

★ルート 所要時間:10分

博物館を出て左折⇒突き当りを右折⇒広場を左折⇒最初の交差点を右折⇒橋の手前を左折⇒歩行者専用の橋を渡る⇒渡った先正面にある建物の裏側の壁を見に行きます


⑧リヨンのだまし絵 

Fresque des Lyonnais

所要時間:5分 費用:0€

建物の壁に描かれた巨大な絵画で「星の王子さま」などのリヨンに所縁のある人物が描かれています。

リヨンにはこのようなだまし絵が町のいろいろなところにあります。

川側ではないので、回り込まないと見つけられないので注意が必要です。

★ルート 所要時間:5分

川に戻り左折⇒橋がある交差点を左折⇒広場に着きます


⑨テロー広場

Place des Terreaux

所要時間:5分 費用:0€

市庁舎(写真右)、美術館に囲まれた広場で多くのイベント会場にも利用されています。

広場にある噴水はバルトルディ噴水と呼ばれるもので、4頭の馬はフランスの4大河川を表現しています。

かつてボルドーが注文したものの資金不足で買えなかったところリヨンが代わりに買い取ったという経緯があります。

★噴水の向かいにある美術館に入ります


⑩リヨン美術館 

Musée des Beaux-Arts de Lyon​​​​​​​

所要時間:3時間 費用:7€

開館時間:10~18時 休館日:火曜日、祝日

リヨン最大の美術館で、古代文明から現代アートまで幅広く取り揃えています。

全部見るのにかなり時間がかかるので、時間に余裕をもって訪れるのがオススメです。

⑪市庁舎(外観のみ) 

Hôtel de Ville de Lyon​​​​​​​

所要時間:5分 費用:0€

リヨンの政治を取りまとめる中枢の建物です。

通常は中に入れませんが、イベント時は見学可能です。

★ルート 所要時間:数分

市庁舎のわき道を通る⇒オペラ座が見えてきます


⑫オペラ座(外観のみ) 

Opéra de Lyon​​​​​​​

所要時間:5分 費用:0€

市庁舎の裏手にある近代的な建物で、オペラや演劇を鑑賞することができます。

入口と屋上にはレストランがあります。

★ルート 所要時間:10分

オペラ座前の車道を進む⇒歩行者専用道路に入る手前で右折⇒交差点を2つ超えた先左手に歩行者専用道路があるので進みます


⑬メルシエール通り 

Rue Mercière

リヨンのレストラン街の一つです。

石畳の道で、歩くだけでも楽しいです。

★通りを抜け切ると広場に出ます


⑭ジャコバン広場 

Place des Jacobins​​​​​​​

所要時間:5分 費用:0€

中央に大きな噴水の像がある広場で、⑬の通りを抜けた先にあります。

★ルート 所要時間:数分

広場右斜め奥の通りを進む⇒劇場に着きます


⑮クレスタン劇場(外観のみ) 

Théâtre de Célestins

所要時間:5分 費用:0€

⑭の広場にほど近い劇場です。

建物前の広場は憩いの場になっています。

★ルート 所要時間:5分

劇場正面の通りを進む⇒最初の交差点を右折⇒ベルクール広場に戻ります



【ゴール】

ベルクール広場 


ホテルを取るならどこ?

リヨンでホテルを予約するなら玄関口であるPart-Dieu駅周辺かルート⑨~のテロー広場からベルクール広場の間の半島エリアがオススメです。

旧市街はレストランが多いですが石畳で観光客も多いのでキャリーケースを運びながらの移動は大変です。

レストラン街は⑬メルシエール通りなど半島エリアにもあります。

【ホテル予約はこちら】

エクスペディア

Hotels.com

【電車・バス検索予約はこちら】

Omio:ヨーロッパ交通予約サイト



リヨン周辺のエリア情報はこちらをチェック!!


旅行のお役立ち情報はこちらをチェック!!


コメント