フランシュ・コンテ地方の名物



スイスと接しているジュラ山脈にあるフランシュ・コンテ地方はブザンソンを中心とした山間の地域です。

その自然を生かした名物にはどのようなものがあるのか見てみましょう。



【黄色ワイン(Vin jaune)】

フランスの中でも特異なワインがこの黄色ワインです。

サヴァニャンというブドウの品種を使っており、最低6年間は熟成させる必要があるものです。

【鶏肉の黄色ワイン風味(Poulet au vin jaune)】

黄色ワインを使った料理の中でも多いのが鶏肉と一緒に煮込んだ料理です。

隣接するブルゴーニュ地方には名産のワインを使った料理が多く、その影響を受けて似たような料理を黄色ワインで作ることもあります。

写真の料理はブルゴーニュ地方名物のコック・オ・ヴァンを黄色ワインで煮込んだものです。

鶏肉にフルーティな香りと微かなワインの酸味を感じることができる一品です。

【コンテ・チーズ(Comté)】

この地方の名前になっているほど有名なチーズです。

一つ作るのに500ℓもの牛乳を使うためとても大きいサイズで売られている。

一般的にデザート前に食べることが多いが、料理にも使われることもあります。

コンテをソースにした鶏肉料理

【モン・ドール(Mont d’or)】

黄金の山と名付けられた名産のチーズ。

冬にしか販売されない期間限定のチーズで温めてチーズフォンデュにしていただきます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA